Skip to main content
MENU

MX702910A 導入効果

ネットワークテスト環境を1台のPC上で実現

MX702910A

省スペース・コスト削減

1台のPCで試験用のネットワーク環境を構築することができるため、機材調達コストと設置スペース、さらには消費電力量も大幅に削減できます。

最大100台までの仮想ノードを稼動させることができ、またそれぞれの仮想ノードでは、複数の仮想タスクを実現することができます。仮想ノードごとに個別のIPアドレス・MACアドレスを付与できるため、現実に即した試験環境を構築できます。

また、機材の減少は消費電力削減にもつながります。例えば、ノートPC 24台を要する試験環境を1カ月間運用した場合、消費電力量は約1500kWh/月(当社試算)。MX702910Aによって1台に集約すればおよそ1/24に削減できます。

複雑な試験環境を集約、設定・操作も簡易化

複雑な試験環境を集約、設定・操作も簡易化

  • 多数の機器をPC 1台に集約
  • 機材・設置スペースを大幅削減
  • 複雑なケーブル配線も不要、誤配線・断線などの障害も解消
  • 多数の機器の操作を一元化、さらに自動化も可能

試験環境構築の負担を軽減

機器の配置やケーブル接続などの煩雑な作業が不要となり、短時間で容易に試験環境を構築できます。また、構成情報を保存できるため、機器構成の変更や再構成などにも手間取りません。

GUIを使用して擬似ネットワークの構成を作成できます。DHCPサーバやDNSキャッシュサーバなどのサーバ機能を標準搭載しており、簡単なマウス操作でそれらを試験環境に配置することができます。

DHCP・DNSなどのサーバ環境設定の煩わしさを解消

DHCP・DNSなどのサーバ環境設定の煩わしさを解消

  • 機器ごとに異なる操作・設定方法の煩わしさを解消
  • 設定情報を一元化
  • 高度な知識・スキルも不要
  • 実機や既存環境との共存も可能

特殊な状態を意図的に実現

実機では発生させることが難しい異常・準正常状態も、MX702910A ネットワークエミュレータを使用すれば思い通りに発生させることができます。

通信シーケンスを記述したシナリオを作成し、これを実行することによって、さまざまな通信シーケンスを実現できます。仮想ノードごと、あるいは仮想タスクごとに個別のテストシナリオを作成し、同時並行で実行することもできます。

機器間の連携動作やタイミングのバラツキで現象の再現性が低い

機器間の連携動作やタイミングのバラツキで現象の再現性が低い

  • 平易なテキストベースのスクリプト記述でシナリオ作成が可能、カスタマイズや再利用も容易
  • 複数のシナリオの混在実行が可能
  • 複数のシナリオの同期実行により、微妙なタイミングの再現確度もアップ

対向機器の不足を解消

対向機器が高価、希少、巨大、あるいは開発途上などの理由により、必用な時期に必用な台数を準備できないこともあると思います。このような状況でも、MX702910A ネットワークエミュレータが威力を発揮します。

独自仕様のプロトコルもメッセージやシーケンスを定義することで実現可能です。汎用機器から特殊仕様の機器まで、さまざまなネット機器の代役を果たすことができます。

対象機器もまだ同時並行で開発中だが、早期に試験を実施しておきたい

対象機器もまだ同時並行で開発中だが、早期に試験を実施しておきたい

  • プロトコル仕様さえ明らかであれば擬似環境の構築も容易
  • ユーザが独自に定義したプロトコルの試験も可能
Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.