Skip to main content
MENU

校正証明書の発行

お客さまがご依頼された電子計測器の標準校正に使用した計測器一覧表及び校正結果が含まれる校正証明書を1部標準添付し、ご要求によりトレーサビリティ体系図 総合も無料にて添付いたします。(注)

注:標準校正のご依頼の場合のみを対象とします。ご用命に当たっては、Web引取りサービスWe-MeC依頼の記事欄に「無償トレーサビリティ体系図 添付」と記入いただくか、アンリツの担当営業、あるいはサービス依頼についてに記載の窓口へご連絡ください。

各校正メニューと添付書類について

標準の作業内容及び添付書類 校正メニュー
標準校正 指定校正 修理前後データ付校正 JCSS校正 A2LA校正 登録検査等較正/電気通信事業法に基づく較正
標準添付書類 作業報告書(1部)
校正ラベル(貼付)
校正証明書(1部)*3 *3 *3
オプション書類 トレーサビリティ体系図 総合 選択*2 選択*2 選択*2
個別トレーサビリティチャート(1部:10,000円) 選択*1 選択*1 選択*1
トレーサビリティチャート(1部:5,000円 登録検査等較正用) 選択
校正証明書 追加(1部:1,000円) 選択 選択 選択 選択 選択 選択

*1:校正証明書には、使用計測器一覧表及び校正結果が含まれます。なお、個別トレーサビリティチャートを別料金で申し受けます。
*2:“トレーサビリティ体系図 総合”は、ダウンロードできます。また、ご要求により添付いたします。また、標準校正の中で調整を実施します一部の製品については、使用計測器一覧表及び調整前後のデータを一体化した校正結果(成績書)が含まれます。
*3:JCSSまたはA2LA認定シンボルとILAC MRAマークの付きの校正証明書が添付されます。

注意事項

  • 校正証明書または試験証明書は、5年間保管(登録検査等較正は6年間保管)いたします。
  • 校正証明書または試験証明書の再発行(1部 5,000円)について、2018年4月から無償による再発行サービスを提供しています。
    • 無償による再発行サービスは、同一の校正証明書の発行となります。
    • 校正証明書または試験証明書は、今後、5年間保管(登録検査等較正は6年間保管)いたしますが、過去発行の証明書について一部再発行できないものもありますこと、ご了承願います。
    • 他社で実施した校正証明書の再発行は、実績料金を申し受けます。
  • 下記トレーサビリティチャートにつきましては、別料金で申し受けます。
    • 個別トレーサビリティチャート:1部 10,000円
    • 登録検査等較正用トレーサビリティチャート:1部 5,000円

    個別トレーサビリティチャート(有料)

    製品の校正に直結した主な計測器・標準器を記載する証明書で、お客さまがご依頼された計測器から国家標準までのトレーサビリティを示す計測器・標準器一覧表およびトレーサビリティチャート(校正体系遷移図)をご提供いたします。(追加料金1部 10,000円)この校正証明書は、お客さまのご要求により校正時から12ヶ月以内に限り発行いたします。

    ※試験証明書の発行機種では、個別トレーサビリティチャートの提供ができません。

    参考

校正と試験の区分(解説)

当社では、「校正証明書」と「試験証明書」を区別しております。

JIS Z 8103:2000「計測用語」によれば、校正とは- 計器又は測定系の示す値、若しくは実量器又は標準物質の表す値と、標準によって実現される値との間の関係を確定する一連の作業と記述されています。この主旨に沿って測定結果が数値で記載されているものを「校正証明書」として、測定値の記載が無く特性や性能の評価のみのものを「試験証明書」として発行しています。「試験証明書」の発行機種では、個別トレーサビリティチャートを発行いたしかねます。

詳しくは、サービス依頼についてにある窓口へご連絡下さい。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.