Skip to main content
MENU

社会要請への対応

社会要請への対応

アンリツはグローバルな社会の要請に対して、事業を通じて積極的に対応していくことを重視しています。

国連グローバル・コンパクトへの賛同

2006 年3 月、アンリツは「国連グローバル・コンパクト(GC)」の掲げる10 原則に賛同し、参加を表明しました。この原則をグループ全体のCSR 活動と結びつけて推進しています。

Global Compact Network Japan
Global Compact

 

グローバル・コンパクト(GC)の原則と関連記事の対照表

アンリツが、2016年度に実施したCSR活動を国連グローバル・コンパクトが掲げる10原則に照らして整理すると、以下のようになります。なお、2007年に行ったアンリツのGCへの報告は、「Notable COP(特筆すべき活動報告)」に選定されました。

グローバル・コンパクト10原則 2016年度の主な取り組み 該当ページ
共通 グローバル・コンパクト10原則全体
  • グローバル・コンパクトの精神を反映した企業行動憲章をグループ活動の基本としています。
  • アンリツグループ行動規範をグローバルに展開しています。
  • 階層別教育をはじめとする社内教育・啓発、社内外のヘルプラインによる倫理法令違反の防止などにより働きやすい職場環境を目指しています。

グループ企業行動憲章

グループ行動規範

コンプライアンスの定着

人権 原則1~2 企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。
  • グローバルの各職場における労働安全衛生を確保する活動を実施しました。
  • 「CSR調達ガイドライン」に人権保護を明記するとともに、取引先さまへ人権侵害に加担しないように依頼しています。
  • 社員に対し倫理アンケートを通してハラスメントの実態を調査するとともに、問題を解決のため外部のヘルプラインが利用されています。

労働安全衛生

サプライチェーンマネジメント

コンプライアンスの定着

労働 原則3~6 企業は、組合結成の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持し、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、児童労働の実効的な廃止を支持し、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。
  • 英国現代奴隷法に対応するステートメントを公開しました。
  • ライフワークバランス(両立支援)を図るため、社員の要請に基づき労働環境の整備に努めています。
  • 企業行動憲章、行動規範の浸透をグローバルに継続しています。
  • 取引先さまに対して強制労働や児童労働へ加担しないように依頼を継続しています。
  • 採用のボーダレス化を進めています。

人権の尊重と多様性の推進

グループ企業行動憲章

グループ行動規範

サプライチェーンマネジメント

環境 原則7~9 企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。
  • エコファクトリーおよびエコオフィスの活動を推進しました。
  • 環境会計を継続的に実施しました。
  • 環境経営についてコミットしました。
  • エコマインドの活動を推進しました。
  • 地球温暖化防止の取り組みを推進しました。
  • 環境配慮型製品の開発を促進しました。

エコオフィス、エコファクトリー

環境会計

エコマネジメント、エコマインド

エコプロダクツ開発

腐敗防止 原則10 企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。
  • グループ贈収賄防止方針を補足して具体的な手続きに落とし込んだ規程を策定し、グローバルに運用しました。
  • ケーススタディ発行により、社員への啓発を継続しています。
  • 取引先さまへ「CSR調達ガイドライン」を周知し、腐敗防止を推進しています。

コンプライアンスの定着

サプライチェーンマネジメント


以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。