Skip to main content
MENU

リスクマネジメントの推進

リスクマネジメントの推進

方針

アンリツグループは、リスクを「組織の収益や社会的信用など企業価値に影響を与える不確実な事象(リスクは必ずしも会社のマイナス要因となるだけではなく、適切に管理すればプラス要因ともなり得る事象)」ととらえています。リスクを適切に管理することは、経営上極めて重要な課題であると認識しており、アンリツグループとしてのリスク管理体制を整備しています。また、企業価値を維持、増大し、企業の社会的責任を果たし、アンリツグループの持続的発展を図るため、経営者はもとより、全社員がリスク感性を向上させ、全員参加により、リスクマネジメントを推進する取り組みに注力しています。

リスクマネジメント方針

アンリツグループは、経営に影響を及ぼすリスクを適切に管理することにより、企業価値を維持・増大し、企業の社会的責任を果たし、アンリツグループの持続的発展を図る。

  1. 経営者はもとより、全従業員がリスク感性を向上させ、全員参加によりリスクマネジメントを推進する。
  2. 経営者・全従業員は、アンリツグループ企業行動憲章、アンリツグループ行動規範および法令の遵守を統制基盤としてリスクマネジメントを推進する。
  3. 新規事業進出、商品開発戦略など経営上の戦略的意思決定および業務プロセスに係わるリスクをコントロールし、利益を生み出し、損失を抑制する。
  4. 緊急事態の発生を可能な限り事前に予測し、その未然防止を図る。また万一緊急事態が発生した場合に損失を最小化し、抑制し、自律的な回復が可能になる状態にまで危機的な状況から速やかに脱却させ、その後の再発を防止する。

2017年度の取り組み

  • アンリツグループのリスクマネジメント
    • グローバルリスクに関する強化活動の取り組み
  • 情報セキュリティ
    • 従業員のインターネットアクセスの制限強化
    • 受信メールの迷惑メール対策ツールの高機能化
    • グローバル情報セキュリティ教育の実施
    • EMEA地域のネットワークモニタリング事業におけるISO27001の認証取得
    • コラム(IT投資の重点項目)
  • 事業継続マネジメント(BCM)
    • 製造拠点におけるBCM
    • 安定供給へのインフラ整備、免震装置を配備したグローバル本社棟
    • 情報システムの備え

下記のリンク先から詳細(PDF)をご覧いただけます。

PDFダウンロード

体制

アンリツグループは、グループCEOのリスクマネジメント統括のもと、主要リスクを1. 経営の意思決定と業務の執行に係るビジネスリスク、2. 法令違反リスク、3. 環境リスク、4. 製品・サービスの品質リスク、5. 輸出入管理リスク、6. 情報セキュリティリスク、7. 災害リスクであると認識し、リスクごとにリスク管理責任者(執行役員)を明確にしています。各リスク管理責任者は、当該リスクに関する関係部門の責任者およびグループ会社管理責任者で構成する委員会を主管し、当該リスクマネジメントにかかわるグループ会社全体を統括するとともに、リスクマネジメントの対策、計画、実施状況および年間を通したマネジメントサイクルの結果を、適時に経営戦略会議に報告します。また、リスクマネジメント推進部門は、規則、ガイドラインの制定、教育研修などを主管し、事業の継続発展を確保するための、リスク管理レベルの向上に必要な体制を整備しています。

なお、各リスク管理責任者は、当該分野に関し、海外グループ会社の活動を支援します。他、アメリカ地域の統括会社で、ビジネスリスクをマネジメントするタスクフォースごとに、独自に活動を実施しています。また、コンプライアンスリスクに関しては、各地域の統括会社のコンプライアンス責任者がリスクアセスメントを実施し、年度毎の計画を立てて活動しています。

リスクマネジメント推進体制図
リスクマネジメント推進体制図

リスクカテゴリーと委員会
リスクカテゴリーと委員会

事業継続マネジメント

事業継続マネジメント(BCM*1)基本方針

アンリツでは、災害・緊急時の被害最小化と事業活動の早期回復を図り、円滑な事業活動を継続することを目的として、各部門がBCP*2を作成しています。2017年度は、2016年度に発生した熊本地震級の地震を想定したDRP*3/BCPを検討しました。グループ会社を交えたヒアリングを実施し、今後の進め方を継続して検討してまいります。

  • *1. BCM (Business Continuity Management):事業継続計画(BCP)策定や維持・更新、事業継続を実現するための予算・資源の確保、事前対策の実施、取り組みを浸透させるための教育・訓練の実施、点検、継続的な改善などを行う平常時からのマネジメント
  • *2. BCP (Business Continuity Plan):事業継続計画。緊急事態発生に伴い事業活動が中断した場合に、事業活動上重要な機能を速やかに展開できるようにするための事前の行動計画
  • *3. DRP (Disaster Recovery Plan):災害復旧計画

災害対策

災害対策基本方針

アンリツグループは、経営に重大な影響を及ぼす災害への防災体制を構築し、万一災害・事故等が発生した場合に、従業員と地域住民等のステークホルダーの安全を第一に図り、被害を最小限に抑止し、事業活動の早期回復を図ることにより、企業の社会的責任を果たし、アンリツグループの永続的発展を図る。

情報セキュリティ

情報セキュリティ管理

方針

アンリツグループは事業活動を行ううえで、顧客、株主・投資家、取引先、従業員などすべての関係者の情報を適切に保護することが社会的責務であり、また、情報資産がアンリツグループおよびすべての関係者にとって重要な財産であると認識しています。アンリツグループでは情報セキュリティ管理体制を構築し、セキュリティの維持・向上への取り組みを継続的に実施します。

情報管理基本方針

アンリツグループ(以下「アンリツ」といいます。)は、誠と和と意欲をもって、“オリジナル&ハイレベル”な商品とサービスを提供する事業活動を行ううえで、顧客,株主・投資家,取引先,従業員などすべての関係者の情報を適切に保護することが社会的責務であり,また情報資産がアンリツおよびすべての関係者にとって重要な財産であると認識しています。アンリツは,ここに情報管理基本方針を定め、情報資産を適切に取扱い,その保護に万全を尽くすことを宣言します。

  1. 情報資産,情報管理に関する法令その他社会的規範を遵守します。
  2. 情報管理体制を構築し,情報資産の適切な管理に努めます。
  3. 情報管理の具体的な手続・ルールを示す社内諸規程を整備・実施します。
  4. 情報管理を周知徹底させるため,役員・従業員等に対し,必要な教育・啓発を行います。
  5. 情報資産を保護するために,適切な人的・組織的・物理的・技術的施策を講じます。
  6. 情報資産の保護に関する不測の事態に対し,被害を最小限にとどめるよう迅速に対応します。
  7. 以上の情報管理活動を定期的,継続的に見直し,改善に努めます。

管理体制(情報セキュリティ管理)

情報セキュリティの管理体制は、各事業部門およびグループ会社の担当執行役員からなる情報管理委員会と、その下部組織となるセキュリティ分科会で構成されます。セキュリティ分科会では、国内のグループ会社の代表者から構成される情報セキュリティ分科会と、海外の地域統括責任者からなるグローバルセキュリティ分科会があり、各分科会のメンバーは所属組織のセキュリティ責任者として、セキュリティの維持・向上に努めます。

情報管理委員会はグループ全体の情報管理に関する施策や投資などの方針策定を行い、セキュリティ分科会は、ポリシーの制定や施策の実行、従業員教育、インシデント発生時の対策と情報共有などの活動を行っています。

情報セキュリティ管理体制

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。