Skip to main content

人財育成

人財育成

方針

技術力をコア・コンピタンス(強み)とするアンリツグループにとって、技術革新をリードし、企業価値の源泉となる多様な人財の採用と育成は経営の基本です。国内アンリツグループでは、この考えの下、新卒、中途採用ともに、技術職、事務職を問わず、全ての職種で性別、ジェンダー、国籍や性別などにこだわらない採用を行っています。また、人財育成においては、多様な社員の自発的成長を支援するために、教育研修体系の整備と公平かつ透明性ある運用を継続的に進めています。

取り組み

取り組みの詳細は下記PDFからご覧いただけます。

PDFダウンロード

体制

アンリツ(株)の人事総務総括執行役員の下、人事総務部門および国内アンリツグループの人事部門が、採用計画や教育研修体系を企画し、事業を通じてグローバル社会の発展に貢献する人財育成を行っています。

採用活動では、アンリツ(株)の人事総務統括執行役員を委員長とする採用委員会が、採用方針や実施計画を審議しています。委員である事業部門の役員および幹部職との議論を通じて、求められる人財の継続的な量的・質的確保に取り組んでいます。

人財育成では、各部門の担当役員と人事総務部が意見交換会を実施し、教育研修体系の改善・整備を図っています。

また、成果創出・スキルアップに対するモチベーション向上を目的として、業績への貢献や個々人の取り組み、資格取得などに対する表彰制度を設けています。