Skip to main content

コンプライアンスの定着

コンプライアンスの定着

方針

アンリツグループで働くすべての人は、企業の社会的責任を深く自覚し、あらゆる企業活動の場面において関係法令を遵守し、社会的要請に適応した行動をとらなければなりません。アンリツグループが倫理的な企業集団であり続けることを目的に、日常の業務遂行においてとるべき行動の指針として「アンリツグループ行動規範」を定めています。

取り組み

  • コンプライアンスの定着・向上
  • 贈収賄防止に向けた取り組み
  • 贈収賄違反の状況
  • 個人情報保護への取り組み
  • 営業活動に関する公正な取り引きの推進
  • ソーシャルメディアポリシーの策定
  • 税務コンプライアンス
  • 政治献金の透明性
  • 社会経済分野の法規制の違反
  • ヘルプライン(通報・相談窓口)
  • ハラスメント防止教育、講演会の実施(国内アンリツグループ)
  • ケーススタディシート(事例集)による啓発

下記のリンク先から詳細(PDF)をご覧いただけます。

PDFダウンロード

体制

国内アンリツグループのコンプライアンスの推進は、経営戦略会議の議長であるグループCEOが率先垂範しています。そして、経営戦略会議の下に、コンプライアンス担当執行役員を委員長とした企業倫理推進委員会を置き、国内アンリツグループ各社の社員がメンバーとして参加し、コンプライアンス推進活動を統括しています。企業倫理推進委員会では、アンリツグループの企業倫理に関する基本方針の制定、行動規範の改定、企業倫理アンケート(企業内倫理モニタリング)の計画とその分析や課題の改善、その他倫理法令遵守に関する推進活動の計画などを審議または実施しています。そして、アンリツグループ内の倫理法令遵守の状況を年1回、取締役会へ報告しています。

また、企業倫理推進委員会およびその事務局である法務部は、法令対応の関連委員会とともに、海外アンリツグループ各社に対し、各国・各地域の法令・文化・慣習などを踏まえた倫理法令遵守を促し、必要な支援を行っています。さらに、海外アンリツグループ各社のコンプライアンス責任者と連携して、グローバルな推進体制を構築しています。なお、コンプライアンス推進体制が適正に機能しているかを内部監査部門が監査し、必要に応じて、提言・改善要請を行っています。

コンプライアンス推進体制図
コンプライアンス推進体制図

医療機関等との関係の透明性に関する取り組み

(この内容はサステナビリティレポート2020に掲載されておりません)

透明性に関する指針

当社では、日本医療機器業産業連合会が定める「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」、及び医療機器業公正取引協議会が定める「医療機器業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約」に準じ、当社の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を策定し、これらに従って情報公開を行うことにより、医療機関等との関係における当社の企業活動の透明性を確保してまいります。

詳細はこちらをご覧ください

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.