Skip to main content
MENU

株式の保有状況

有価証券報告書提出日(2019年6月26日)現在

投資株式の区分の基準及び考え方

当社は、保有する当社以外の他の法人等の株式につき、専ら株式の価値の変動及び剰余金の配当に着眼し、これらから得られる利益の最大化のみを追求することを目的に株式を取得した事情がある場合、保有の意義の検証を通じて現に当該目的のみに拠って保有を継続している銘柄の株式であるか否かをもって、純投資目的である投資株式への該当性の有無を判断し、純投資目的以外の目的である投資株式との区分としております。なお、当事業年度末日及び本報告書提出日現在、当社は、保有目的が純投資目的である投資株式を有しておりません。

保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

a. 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容

当社は、中長期的な企業価値向上に資する目的で、事業戦略、営業政策等を総合的に勘案し、主に取引先を中心に政策的に上場株式を保有する場合があります。この場合において、政策的に保有している上場株式については、保有先の経営状況をモニタリングするとともに、毎年保有継続の意義及び合理性を検証し、保有の必要性が希薄となるなど、継続して保有する意義が認められない場合、株価や市場動向等を勘案し、適宜売却等の処分の検討を行うこととします。保有の適否の検証の内容、並びに売却等の処分を実施した場合における当該処分の内容その他の政策保有株式に関する事項については、毎年及び随時取締役会に報告を行います。

なお、当社は、ESGの観点及び経済合理性に則った取引を推進し、いかなる顧客、取引先等に対しても、当社株式の保有を当社グループとの取引の条件とすることはありません。また、現に当社株式を保有している取引先に対しては、当社株式を保有し続けることを取引継続の条件とすることはありません。

当社では、上場株式の政策保有について、重要な事業戦略を遂行する上で必要なものに限り保有することとし、その縮減に努めています。当社の方針に則って、政策保有に係る個別銘柄について、保有継続の意義、並びに一定期間における時価変動及び受取配当金の累計を考慮した収益と当社の目標とする資本コストとの見合い等を通じた合理性を検証した結果、保有する銘柄については、保有先との関係の維持・強化に資することが確認されており、一方で保有継続の意義が希薄している銘柄については、当事業年度内に売却を実行しました。

議決権行使にあたっては、当社の保有目的、保有先の業績、経営方針、ガバナンスなどを勘案したうえで、中長期的な視点での企業価値向上に資するか否か、Total Shareholders Return(TSR)等をふまえ、総合的に賛否を判断します。

b. 銘柄数及び貸借対照表計上額

銘柄数(銘柄) 貸借対照表計上額の合計額(百万円)
非上場株式 15 53
非上場株式以外の株式 3 92

(当事業年度において株式数が増加した銘柄)

銘柄数(銘柄) 株式数の増加に係る取得価額の合計額(百万円) 株式数の増加の理由
非上場株式以外の株式 1 1 当社グループの業務遂行上、当該会社との関係を維持又は強化することを目的として取引先持株会に加入しております。

(当事業年度において株式数が減少した銘柄)

銘柄数(銘柄) 株式数の減少に係る売却価額の合計額(百万円)
非上場株式以外の株式 6 1,179

c. 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

特定投資株式

銘柄 当事業年度 前事業年度 保有目的、定量的な保有効果及び株式数が増加した理由 当社の株式の保有の有無
株式数(株) 株式数(株)
貸借対照表計上額(百万円) 貸借対照表計上額(百万円)
日本電計(株) 32,356 31,461 当社グループの業務遂行上、当該会社との関係を維持又は強化することを目的として取引先持株会に加入しております。
50 58
(株)三井住友フィナンシャルグループ 10,780 10,780 (注2)
41 48
三井住友トラスト・ホールディングス㈱ 63 63 (注2)
0 0
KDDI(株) 186,000 (注2)
505
(株)協和エクシオ 120,350 (注2)
342
日本電気(株) 92,563 (注2)
276
(株)村田製作所 445 (注2)
6
(株)大和証券グループ本社 363 (注2)
0
ヒロセ電機(株) 61 (注2)
0

(注1)「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

(注2)当社グループの業務遂行上、当該会社との関係を維持又は強化することを目的として保有しております。

みなし保有株式

銘柄 当事業年度 前事業年度 保有目的、定量的な保有効果及び株式数が増加した理由 当社の株式の保有の有無
株式数(株) 株式数(株)
貸借対照表計上額(百万円) 貸借対照表計上額(百万円)
三井住友トラスト・ホールディングス(株) 120,000 120,000 (注2)
477 516
(株)三井住友フィナンシャルグループ 40,000 40,000 (注2)
155 178
日本電信電話(株) 204,000 (注2)
999
(株)大和証券グループ本社 219,000 (注2)
148
日本電気(株) 90,000 (注2)
269
ヒロセ電機(株) 23,520 (注2)
343
(株)村田製作所 5,000 (注2)
72

(注1)「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

(注2)銘柄に記載の会社の株式を退職給付信託に拠出しており、信託財産として保有する当該会社の株式に係る議決権行使の指図者としての権限を有しております。

保有目的が純投資目的である投資株式

該当事項はありません。

株式の政策保有及び政策保有株式に係る議決権行使に関する基本方針

当社は、当社の中長期的な企業価値向上に資する目的で、事業戦略、営業政策等を総合的に勘案し、主に取引先を中心に政策的に上場株式を保有する場合があります。この場合において、政策的に保有している上場株式については、保有継続の意義及び合理性を検証し、定期的に取締役会に報告を行います。政策保有株式に係る議決権行使にあたっては、政策保有株式の保有先の経営方針やガバナンスなどを勘案したうえで、中長期的な視点での企業価値向上もふまえ、総合的に賛否を判断します。

Confirm your country below to see local events, contact information and special offers.