Skip to main content
MENU

WiMAX

Worldwide Interoperability for Microwave Access (WiMAX)ディジタル通信技術は、IEEE-802.16無線インターフェース規格によって定義された無線通信方法に基づいています。
ワイヤレスのメトロポリタンエリアネットワークを意図しており、固定交信局ではセル半径7 -12km、移動局ではセル半径1-3kmに広帯域無線アクセスを提供できます。
概要

現在、WiMAXは2-11ギガヘルツ周波数帯域で1.25~20MHzとQAM(16QAMまたは64QAM)またはQPSK変調のチャンネル帯域幅を使用し、最大75Mbpsのデータ転送速度をサポートしています。
WiMAXは、当初からキャリヤーグレードサービスで計画されていました。
IEEE802.16が、部分的に同じIEEE規格に基づいているヨーロッパ(ETSI)の規格HIPERMAN(High Performance Radio Metropolitan Area Network)であるのと類似しています。
WiMAXはメタルケーブルや光ファイバといった有線通信の代替として、また1xEV-DOやHSPAおよびLTEなどの高速無線通信方式のひとつとして期待されています。


IEEE802.16規格は、2-66ギガヘルツ周波数帯域を扱いますが、Non-Line-of-Sight(NLOS:見通し外接続無線によるラストマイル接続)を確実にサポートしているのは6ギガヘルツよりも低い周波数だけです。
WiMAXは無免許および免許されたスペクトルにおいて多くの帯域をサポートしますが、現在は主に、2.5ギガヘルツと3.5ギガヘルツが免許、5.8ギガヘルツが無免許で使用できます。


802.16無線インターフェース規格は、固定、nomadic、ポータブル、そしてモバイルのアクセス(表1)をサポートします。
異なるタイプのアクセスに対する要求を満たすために、WiMAXの2つのバージョンが定義されました。
固定およびモバイルWiMAXは、高スループットのブロードバンド無線サービスを低価格で実現する技術です。

規格

現行のIEEE Std 802.16e-2005規格は、固定システムのみを対象としたIEEE Std802.16-2004(802.16d)に続いて、2005年12月に承認されました。802.16eは移動体の規格が加わっています。
IEEE 802.16e-2005('802.16e'または'モバイルWiMAX'と呼ばれることが多い)はSOFDMA(Scalable Orthogonal Frequency Division Multiple Access)技術により、固定WiMAX規格で定義された変調方式を改善し、固定無線やモバイルNLOS(Non Line Of Sight)の可能性を拡げます。

NLOSを使用することで、固定WiMAXに対し、以下を含む多くの機能が強化されています。

  • アンテナダイバーシティ技術とHARQ(Hybrid Automatic Repeat Request)の使用による受信範囲の改善
  • 屋内の侵入を改良するサブチャンネル化の使用
  • Turbo Codingなどのコーディング技術の使用によるセキュリティとパフォーマンスの強化
  • Adaptive Antenna Systems(AAS)とMultiple Input Multiple Output(MIMO)技術の使用による受信範囲の改善

固定WiMAXは展開の低価格性と先進のパフォーマンスにより、開発途上地域において有線の代替手段としてオペレータに人気があります。また、現在利用可能な製品であることも利点となっています。
また、固定WiMAXは、携帯電話、WiFiやその他の技術の無線基地局のバックホウル(逆送)への可能性もあります。

表1

定義 デバイス 位置/速度 802.16-2004 802.16e
固定アクセス 屋内外のCPEs 単一/静止 Yes Yes
遊牧民的なアクセス 屋内CPE、PCMCIAまたはミニカード 複数/静止 Yes Yes
移植性 ラップトップPCMCIAかミニカード 複数/歩行速度 No Yes
簡単な移動性 ラップトップPCMCIAまたはミニカード、PDAまたはスマートフォン 複数/低速度の車両 No Yes
完全移動性 ラップトップPCMCIAまたはミニカード、PDAまたはスマートフォン 複数/高速度の車両 No Yes

WiBro - 韓国で開発中の広帯域無線インターネット技術。“ポータブルインターネット”と呼ばれ、韓国の政府は2002年2月に、2.3GHz帯でスペクトル100MHを割り当てました。
WiBroはデータスループット30-50 MbpsのQuality of Service (QoS)を提供します。
1-5kmをカバーする基地局は、Wi-Fiネットワークのような局所的なホットスポットよりも広範囲に及ぶことを期待されています。
韓国のTechnology Associationは2004年後半にWiBro Phase1を規格化しました。
'WiBroは2006年中頃には、いくつかの韓国の企業がWiBroネットワークの初公開を始めています。
WiBroは現在、802.16eに組み入れられています。

Products

MA24105A

通過型ピークパワーセンサ

MA24106A USB Power Sensors

MA24106A

USB パワーセンサ

Microwave USB Power Sensor MA24108A

MA24108A

マイクロ波 USB パワーセンサ

Microwave USB Power Sensor MA24118A

MA24118A

マイクロ波 USB パワーセンサ

MA2411B

パルスセンサ

Microwave USB Power Sensor MA24126A

MA24126A

マイクロ波 USB パワーセンサ

MA244xD シリーズ

高確度ダイオードセンサ

MA247xD シリーズ

標準ダイオードセンサ

MA248xD シリーズ

ユニバーサルセンサ

Universal Power Sensors (Average) MA248xD Series

MA249xA シリーズ

広帯域センサ

ML2437A

パワーメータ

ML2438A

パワーメータ

ML2487B

ワイドバンド・ピークパワーメータ

ML2488B

ワイドバンド・ピークパワーメータ

ML2495A

高速ピークパワーメータ

ML2496A

高速ピークパワーメータ

High Accuracy Power Sensor (Average) PSN50

PSN50

高確度パワーセンサ

Spectrum Master Handheld Spectrum Analyzer MS2712E

MS2712E

スペクトラムマスタ

Spectrum Master Handheld Spectrum Analyzer MS2713E

MS2713E

スペクトラムマスタ

MS2720T

スペクトラムマスタ

Cell Master MT8213E

MT8213E

セルマスタ

MT8220T

基地局マスタ (BTSマスタ)

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。