Skip to main content
MENU

OTN、SDH/SONET、PDH/DSn

イーサネット通信を行う場合、データを一旦Optical Transport Network(OTN)と呼ばれる通信規格の中にマッピング(収容)して伝送し、伝送先でデマッピングしてイーサネットに戻し、データ提供することが一般的になっています。これは、OTNを使うことに下記のようなメリットがあるからです。

  • 伝送中のエラーを訂正する機能(FEC:Forward Error Correcting:前方誤り訂正)により信頼性が高いネットワークを構築可能
  • OTNのスイッチング機能により、高い信頼性を保ったままでデータを伝送先まで送信可能
  • SDH、SONET、PDH、DSnなどの従来からの規格や、これから標準化される未知のデータもマッピングできる柔軟性

アンリツは、OTNのFEC機能をITU-T規格に則り検証できるテスタベンダです。また、これまでのSDH/SONET、PDH/DSnの検証も強力にサポートします。
概要

最新のトランスポートソリューションには、OTNがあり、初めは、海底およびコアネットワークのために定義されました。これは、Generic Forward Error Correction(GFEC)により、長距離におけるTDM回線のトランスポートを行います。最近、この規格は、大幅に強化されて、コアネットワーク以外もサポートし、現在では、事業者の多くが、メトロネットワークおよびアクセスネットワークでのOTNの利点を活用しています。OTNが最善のトランスポートソリューションと見なされるのは、障害マネジメント、パフォーマンスモニタリング、および保護メカニズムを低いエントリーコストで、さらに、SDH/SONET、PDH/DSn、ギガビットイーサネット、ファイバチャネルネットワークを使用した現行インフラのサポートと共に提供しているためです。

ITU-Tで定義されるSynchronous Digital Hierarchy(SDH)、およびANSIで定義されるSynchronous Optical NETwork(SONET)は、高ビットレートの光伝送用に設計されました。これは、低レベルから高レベルまでのダイレクトマッピングによる簡素な多重化/多重分離を提供します。また、単一のユニバーサル階層ですべてのPDHタイプを伝送できるため、PDHとの互換性があります。SDH/SONETは、ネットワーク全体で原子時計と同期化され、さらに、バックアップラインによるトラフィック保護機能を提供できます。

Plesiochronous Digital Hierarchy(PDH)は、音声やデータを伝送するために設計された第一世代のディジタル伝送システムです。これは、アナログ伝送からディジタル伝送への移行を代表したものであり、幅広く導入されたものの、現在では他のテクノロジに置き換えられつつあります。

Products

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。