Skip to main content
MENU

干渉波の探索

Interference Hunting Technologies

干渉波探索では、干渉源を突き止めて特定することが必要ですが、これは必ずしもたやすい仕事ではありません。適正なツールを持っているだけでなく、問題を正確に特定できることが干渉波探索においては不可欠です。奇妙に思えるかもしれませんが、干渉の問題を解決する最初のステップは、実際に干渉が存在することを確認することです。通信システムの動作に障害が有るが、原因が外部信号ではないというケースも、ときにはあります。

干渉とは?

干渉とは、違法送信、ロックが外れてドリフトしている無線信号、ケーブルテレビの伝送路からの漏洩ノイズ、電動工具や電子レンジが発するEMI、近隣の高出力ラジオ、近くの建物や丘陵からのマルチパスなど不要信号によって受信機の働きが妨害されることです。違法信号による干渉、偶発的信号による干渉は、いずれもモバイルサービスプロバイダ、セキュリティサービス業者、そして政府の規制当局者にとっては重大な問題です。干渉はネットワークの性能を低下させ、重要な通信を中断させます。

検出できる干渉源の種類

  • 違法送信電波
  • ロックが外れてドリフトしている無線信号
  • 低レベル無線信号
  • 狭帯域/広帯域信号
  • 損傷したRFケーブル、またはノイズを漏洩させるRFケーブル
  • 変調波
  • パルス信号(レーダなど)
  • LTEアップリンクチャネルに隠れている信号
  • 「海賊版」テレビ/ラジオ放送局、違法稼働の携帯電話中継機器

Products

インターフェアレンス・ハンター MA2700A

MA2700A

インターフェアレンス・ハンター

MS27101A Interference Hunter

MS27101A

リモートスペクトラムモニタ
ハーフラックサイズ 1ポート

Remote Spectrum Monitor MS27102A

MS27102A

リモートスペクトラムモニタ
防水タイプ

MS27103A 12-24 Port Remote Spectrum Monitor

MS27103A

リモートスペクトラムモニタ
多ポート(12ポート/最大24ポート)

MX280007A

モバイル・インターフェアレンス・ハンター™

MS2720T

スペクトラムマスタ

MS2711E

スペクトラムマスタ

Spectrum Master Handheld Spectrum Analyzer MS2712E

MS2712E

スペクトラムマスタ

Spectrum Master Handheld Spectrum Analyzer MS2713E

MS2713E

スペクトラムマスタ

MT8220T

基地局マスタ (BTSマスタ)

Cell Master MT8212E

MT8212E

セルマスタ

Cell Master MT8213E

MT8213E

セルマスタ

S412E

LMRマスタ

Site Master S332E

S332E

サイトマスタ

Site Master Cable & Antenna Analyzer + Spectrum Analyzer S362E

S362E

サイトマスタ

MS2036C

VNA マスタ

MS2037C

Handheld Vector Network Analyzer
5 kHz - 15 GHz VNA frequency
9 kHz - 15 GHz SPA frequency

MS2038C

VNA マスタ

MS2034B

MS2034B

VNA マスタ

VNA マスタ MS2035B

MS2035B

VNA マスタ

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。