Skip to main content
MENU

テクノロジーで探す

アンリツは100年以上にわたり、最先端の技術開発を行ってきました。
動通信市場においては、いち早く第3世代(3G)携帯電話測定ソリューションの提供を開始し、3G試験のリーダーとしての地位を確立しています。
W-CDMA/HSPA用の製品開発も他社に先駆けて取り組み、現在、この技術に対する幅広いニーズに応えるだけではなく、LTEやNext Generation Networks(NGN)の実現という業界の要求に対するソリューションの開発においても、アンリツは最先端にいます。

基地局試験

基地局における RF 試験は、設置環境において重要な測定になります。コンポーネントの障害、不適切な設置や保守、経年変化によるケーブル、アンテナ系の反射特性や送信機、受信機の RF 特性、干渉波の発生によりパフォーマンスが低下する可能性があります。その結果、許容範囲を超えるダウンタイムがネットワークに発生し、それに伴う品質低下、それを修復するための長時間の改善作業が発生します。

詳細を読む

Bluetooth

Bluetooth の無線技術は、日頃使用している多くの電子機器同士の通信をシンプルかつワイヤレスで接続することができるため、人々のさまざまな生活環境を変えています。

アンリツが提供する先端の計測技術は、光、RF/マイクロ波、無線、およびデータ通信/テレコミュニケーション向けの試験・測定ソリューションや、電気部品、光学部品向けの専用ソリューションに組み込まれています。

Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、アンリツはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

Bluetooth-Logo

詳細を読む

イーサネット

イーサネットは、インターネットで最も多く使われている通信規格です。スマートフォンの普及によるモバイル通信のデータ量増加と、高速化要求などにより、イーサネットの通信速度は、当初の10 Mbpsから100 Mbps、1 Gbps、10 Gbpsに高速化し、特にデータが集中する都市間や都市内通信、データセンタでは、40 Gbpsや100 Gbpsも実用化されています。さらに、高速な400 Gbpsについても論議が進んでいます。
高速化したイーサネットネットワークのより安定した通信実現のために、アンリツのイーサネットテスタは、新しい装置の研究・開発や製造、通信網開通やトラブルシューティングを強力にサポートしています。

詳細を読む

ファイバチャネル

ファイバチャネルは、金融機関やデータセンタなどで求められる、高速な大容量データ通信の効率化に特化した通信規格です。
近年、クラウドといわれる、データをデータセンタに保存してネットワーク経由でアクセスするサービスが盛んになっています。それに伴い、ファイバチャネルのテスト需要が増してきています。アンリツは、その要求に応え、ファイバチャネルテスト機能を提供しています。

詳細を読む

干渉波の探索

干渉波探索では、干渉源を突き止めて特定することが必要ですが、これは必ずしもたやすい仕事ではありません。適正なツールを持っているだけでなく、問題を正確に特定できることが干渉波探索においては不可欠です。奇妙に思えるかもしれませんが、干渉の問題を解決する最初のステップは、実際に干渉が存在することを確認することです。通信システムの動作に障害が有るが、原因が外部信号ではないというケースも、ときにはあります。

詳細を読む

LTE

アンリツは、LTE試験機器の総合的な製品を提供し、お客様のLTE機器、およびネットワークの性能と品質を確かなものにします。シグナリングテスタ MD8430Aは、初のトータルなLTE-Advanced基地局シミュレータです。フェージングシミュレータ MF6900Aと組み合わせることにより、LTE-Advancedの評価に不可欠な、再現性のあるフェージング環境を提供します。シグナルアナライザは、信号解析と信号発生機能を備えたワンボックスプラットフォームにより、LTEのアップリンクおよびダウンリンクのトータルな解析機能を提供します。 また、ベクトル信号発生器は、LTE IQproducer(ソフトウェア)によって提供されるグラフィカルなインタフェースを用いて、LTEに適合した再現性のある信号を容易に作成、出力できます。

TDD/FDDアクセス
LTE規格は、同一規格内でTime Domain Duplex(TDD)とFrequency Domain Duplex(FDD)の双方の使用をサポートしており、また、エアインタフェース特性も同一です。

MIMO
Multiple Input Multiple Out(MIMO)は、信号処理を含むアンテナ技術で、無線リンクにおける容量(空間多重化)またはSN比(送信ダイバーシチ)の向上が可能です。

詳細を読む

OTDR

OTDR(Optical Time Domain Reflectometer)は、光ファイバの伝送損失や距離測定、断線箇所の検出、あるいは融着接続やメカニカルスプライス、コネクタ接続などの接続損失や反射量(反射減衰量、リターンロス)を評価する測定器です。OTDRは、光パルス試験器やロケータとも呼ばれ、光ファイバの敷設工事や保守工事のときに使用されます。

詳細を読む

OTN、SDH/SONET、PDH/DSn

イーサネット通信を行う場合、データを一旦Optical Transport Network(OTN)と呼ばれる通信規格の中にマッピング(収容)して伝送し、伝送先でデマッピングしてイーサネットに戻し、データ提供することが一般的になっています。これは、OTNを使うことに下記のようなメリットがあるからです。

  • 伝送中のエラーを訂正する機能(FEC:Forward Error Correcting:前方誤り訂正)により信頼性が高いネットワークを構築可能
  • OTNのスイッチング機能により、高い信頼性を保ったままでデータを伝送先まで送信可能
  • SDH、SONET、PDH、DSnなどの従来からの規格や、これから標準化される未知のデータもマッピングできる柔軟性

アンリツは、OTNのFEC機能をITU-T規格に則り検証できるテスタベンダです。また、これまでのSDH/SONET、PDH/DSnの検証も強力にサポートします。

詳細を読む

SyncE

イーサネットは、伝送装置をより簡単にするために、データの送信側と受信側のタイミングを合わせない非同期の通信規格です。ところが、モバイル通信の普及により、無線基地局の間を行き来するスマートフォンの通信が途切れることなく受け渡されるためには、基地局間でのデータのタイミングを合わせる同期が必要になります。非同期のイーサネットに同期の機能を追加するための規格がSyncE(Synchronous Ethernet:同期イーサネット)で、ITU-Tで規定されています。また、タイミングだけでなく、時刻を合わせるための規格として、IEEE1588 v2という規格も採用されています。
アンリツのイーサネットテスタは、通常のイーサネットに加え、基地局で使われるSyncE/IEEE1588v2の機能検証、開通、トラブルシュートをサポートします。

詳細を読む

TD-SCDMA

TD-SCDMAは、中国が独自に開発した技術で、第3世代携帯電話方式であるIMT-2000規格の一つです。
同一周波数で上りと下りを時分割で切り替える時分割複信(TDD)技術と符号分割多重(CDMA)技術を組み合わせた通信方式です。

詳細を読む

W-CDMA/HSPA/HSPA Evolution

HSPAを大幅に改善した3GPPのRelease 7は、HSPA Evolutionと呼ばれます。

これは、MIMOと多値変調を使用することで、より高速なデータ転送スピード、バッテリー寿命の改善や遅延時間の短縮を実現します。

詳細を読む

WiMAX

Worldwide Interoperability for Microwave Access (WiMAX)ディジタル通信技術は、IEEE-802.16無線インターフェース規格によって定義された無線通信方法に基づいています。
ワイヤレスのメトロポリタンエリアネットワークを意図しており、固定交信局ではセル半径7 -12km、移動局ではセル半径1-3kmに広帯域無線アクセスを提供できます。

詳細を読む

WLAN

外出先で電子メールを読んだり、インターネットを閲覧したりできることは、既に日常生活の一部として当たり前になっています。また、スマートフォンやタブレット端末に無線LAN技術が内蔵されたことにより、外出先や自宅でのデータアクセス手段が増えています。

無線LAN技術を用いている製品を使用しているユーザにとって、無線LAN技術は円滑かつシームレスに接続および通信することを期待されています。 アンリツの測定器は、このようなニーズに応える無線LANデバイスの開発および製造に貢献しています。

詳細を読む

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。