Skip to main content
MENU
MX280001A Vision Software

リモートスペクトラムモニタ Vision™ ソフトウェア

MX280001A
この製品は製造中止となっております。
Overview
  • 複数のリモートスペクトラムモニタを制御
  • スペクトラムの変化を記録して、異常な信号発生時の傾向を識別
  • しきい値の設定、アラームの生成、電子メール警告
  • 目的の信号を検索可能なデータベース
  • 自動レポート生成
  • 干渉信号の発生場所推定
  • 無線通信ネットワークにおけるRF信号の状況を表示

Vision™は、Windowsオペレーティングシステム(Windows 7または8)を使用するPC/ラップトップで動作するソフトウェアアプリケーションです。必要に応じてアンリツのリモートスペクトラムモニタ(MS27102AおよびMS27103A)で使用して、干渉信号を識別および探索できます。Visionは、目的の信号の監視および発生場所の推測を行う2つのコンポーネントで構成されています。

  1. ビジョンモニタ(オプション400)
  2. ビジョンロケート(オプション401)

ビジョンモニタ

ビジョンモニタは、遠隔でスペクトラム動作を監視するためのユーザーインターフェイスです。測定データは、スペクトラムトレースデータ、スペクトログラム、表、プロットなど、さまざま形式で提供されます。リアルタイムのスペクトラム測定には、複数のモニタが配置されているネットワーク内の任意の場所からアクセスできます。

ビジョンモニタは、完全に自動化されています。測定値はキャプチャされ、定期的にデータベースにアップロードされて、さらに処理を受けます。必要性とストレージ容量に応じて、ユーザーはスペクトラムの履歴を、数ヵ月または数年にわたって保存できます。通常、1,000台のリモートスペクトラムモニタを使用して、各機器が15分ごとにスペクトラムデータをアップロードする場合、30日間のスペクトラムデータを保存するには、約1 TBのストレージ容量が必要です。

すべてのスペクトラム測定データベースは検索可能で、ユーザーは、調査したい信号の波形パターンを短時間で見つけることができます。スペクトラムデータの履歴は、干渉波の原因を立証するために使用できる場合もあります。ビジョンモニタで提供されるその他の機能は、以下のとおりです。

  • フィールドなどに配置されたすべてのリモートスペクトラムモニタの管理機能
  • 異常を示す場合のしきい値およびトレースマスクの設定
  • 日単位または週単位でのスペクトラムの変化をレポート
  • GoogleMaps™またはOpenStreetMap™を使用してリモートスペクトラムモニタの位置を可視化する機能
  • 各スペクトラムモニタの制御機能
  • 異常が発生した位置をマップ上に示すアラームレポート
  • 電子メール警告

ビジョンロケート

干渉信号または疑わしい信号が識別されると、ジオロケーションアルゴリズムが適用されて、信号のおおよその位置が特定されます。ビジョンロケートには、干渉信号源の位置を示す機能があります。これによってユーザーは信号源の位置を絞り込むことができるため、その正確な位置を見つける時間と手間が最小限で済みます。GoogleMaps™またはOpenStreenMap™を使用して、干渉の推定位置が表示されます。

過去に干渉が発生している場合は、履歴データを使用して、目的の信号の推定位置を示すこともできます。電波監視ネットワーク内の任意のスペクトラムモニタが検出する異常に対して、検索を行うことができます。目的の信号の位置を正確に三角測量するためには、3つ以上のリモートスペクトラムモニタが必要です。干渉信号の位置を推定するには、POA(Power of Arrival)アルゴリズムが使用されます。

アプリケーション
  • 携帯電話事業者による、基地局でのスペクトラムの監視
  • 無免許のAM/FM放送の検出
  • 重要施設や場所の電波監視(政府施設、原子力発電所…)
  • 空港の電波監視(多くの場合、通信周波数がFM帯域に隣接)
  • 鉄道制御用無線システム:通信で使用している周波数の監視
  • ケーブルテレビ:電波漏洩や外部干渉波からのの影響監視
  • 周波数政策を実施する政府規制当局
ライブラリ
ビデオ
WTP2016-RSM.mp4

無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューション
このビデオでは、無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューションについて紹介します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。