Skip to main content
MENU
コヒーレントOTDR (C-OTDR) MW90010A

コヒーレントOTDR

MW90010A
この製品は製造中止となっております。
概要
  • 測定距離 12,000 kmまで
  • アウトオブサービス測定時、ダミー光不要
  • 優れたGUIとインタフェース
  • 波長確度±0.2 nmの波長可変光源を搭載
コヒーレントOTDR MW90010Aは、最大12,000 kmまでの超長距離光海底ケーブルの障害検出を10 mの測定分解能で実現したOTDRです。
コヒーレント検波技術により、光海底ケーブルの破断点、ケーブル損失、曲げ損失、ファイバ長などを波形データとして取得でき、詳細な評価が行えます。測定時間やダイナミックレンジなどの基本性能も優れ、光増幅器の中継間隔が80 km以上の光海底ケーブルにおいて高精度に測定できます。
また、波長確度±0.2 nmの波長可変光源を搭載しており、1535.03 nm~1565.08 nmの範囲で波長設定が可能で、DWDM海底ケーブルシステムに対応できます。

仕様

項目 規格
 被測定ファイバ  ITU-T G.653(DSF)
 光コネクタ  FC、SC、DIN、HSM-10/A、ST(リプレイサブル、PCタイプ)
 波長範囲(Probe光)  1535.03 nm~1565.08 nm
 波長確度(Probe光)  ±0.2 nm(20~30℃)
 ウォーミングアップ時間  30分(20~30℃)
 パルス幅  3、10、30、60、100 μs
 光出力パワー  0~+13 dBm、0.5 dB ステップ
 ダイナミックレンジ(S/N=1) 17 dB以上
   測定条件(パルス幅: 10 μs、アベレージ回数: 216
   距離レンジ: 1000 km、Smoothing: On、信号: -57 dBm @ Pin)
 デッドゾーン  0.5 km (パルス幅: 3μs)
 距離レンジ  100 km、500 km~12,000 km(500 kmステップ)
 測定時間  15分(距離レンジ: 1000 km、アベレージ回数: 216
 寸法・質量  320(W)×177(H)×451(D)、17 kg以下
ライブラリ
画像
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。