Skip to main content
MENU
MW8208A

PIM マスタ

MW8208A
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MW82119A
概要

850MHz 移動体周波数帯 PIM マスタ MW8208A

  • 特許取得の PIM 位置検出 (Distance to PIM、DTP)
    PIM 発生位置をピンポイントで特定
  • RF パワー: 2 x 40W の高出力
  • 送信帯域: 869MHz~894MHz
  • IMD 帯域: 824MHz~849MHz
  • IMD 次数: 3 次、5 次、または 7 次 (ユーザ選択可能)

測定項目:
  • PIM
  • ノイズフロア
  • PIM 位置検出 (Distance-to-PIM、DTP)


アンリツハンドヘルドスペクトラムアナライザで制御

  • PIM アナライザを使用して PIM 結果を表示
  • 相対 PIM レベルを音で確認
  • リミットラインの設定
  • 試験設定の保存および呼出
  • GPS オプション 0031 による PIM 測定の GPS タグ付け


レポート作成

  • アンリツ次世代ラインスィープツール (ソフトウェアツール) が利用可能

アンリツは、850MHz 携帯電話周波数帯域用の第一世代高性能 PIM テストソリューション MW8208A を発表。 アンリツは、受信機が基地局の受動相互変調歪み (PIM) とも呼ばれる複数の送信周波数の相互変調からの妨害を受けているか検証するための PIM マスタを開発しました。

PIM マスタの優れた機能は、特許取得の技術 PIM 位置検出 (Distance to PIM、 DTP) です。 わずか数秒で PIM 位置検出が次の問題を発生している位置を見つけることができます。

  • 汚れたコネクタ
  • 腐食したコネクタ
  • 過度のトルクで締め付けられたコネクタ
  • わずかに歪んだコネクタ
  • アンテナシステムの外で発生した PIM

PIM は、パワーに影響され そして今日タワーへはかつて無いほどの電力が掛かっています。PIM マスタは、 2 x 40W の RF 出力によって PIM を引き出し 20W では発見できないような PIM でもより視覚的に発見できます。

PIM を速やかに発見しなければならないときに、アンリツの PIM マスタは、40W の電力と特許取得の PIM 位置検出機能によって優れたソリューションを提供します。

アプリケーション

PIM は相互変調の歪みの現れです。通常、線形として考えられるフィルター、結合器、サージ保護装置、ケーブル、コネクタ、アンテナなどのパッシブコンポーネントにおいて高電力の RF 信号の影響によってこれらのデバイスからスプリアスが発生することがあります。

PIM は、緩みやさびた状態に近いコネクタなど非パッシブの状態になったデバイスにおいて 2 つ以上の強い RF 信号が混同されることにより発生する不要な信号です。 PIM は「ダイオード効果」「さびたボルト効果」とも呼ばれています。

次の兆候は PIM 問題である可能性があります。

  • 受信感度の悪化 (ノイズフロアの増加)
  • 受信における様々なアラーム
  • 送信マスクでのスペクトル増加
  • 通話中の切断 や 着信不良が頻繁に起こる
  • セルサイトのカバー範囲縮小
  • 近隣のセルサイト所有者からの妨害に関する苦情
Images

PIM Master with Site Master

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。