Skip to main content
MENU
WLAN テストセット MT8860C

WLAN テストセット

MT8860C
この製品は製造中止となっております。
概要
  • 802.11a/b/g/n送信機と受信機の測定用総合テストセット
  • "ネットワーク" モード - 標準 WLAN プロトコルを使って被試験装置への接続を確立してからテストします
  • 内蔵 DHCP サーバを使った被試験装置 IP 設定の自動設定
  • パケットループバック機能により被試験送信機の測定を簡素化
  • 受信機のパケットエラー率 (PER) 校正用の内蔵リファレンス無線
  • "ダイレクト"モード - 半導体サプライヤからのテストモードソフトウェアのサポートによる WLAN デバイスのテスト
  • ユーザ定義 WLAN パケットの伝送
  • 内蔵送信機アナライザ
  • テストシステム設計時間の短縮
  • パワーバーストプロファイル、スペクトルマスク、CCDF を含む高速送信機測定
  • コンスタレーションダイアグラムによるエラーベクトル振幅 (EVM) 測定
  • LANLook ソフトウェアによる測定器の設定と結果の表示
  • CombiTest ソフトウェアによる製造テスト

アンリツ MT8860C は、IEEE 802.11 規格準拠の WLAN 機器テスト用ネットワークおよびダイレクトモードを持つ唯一の WLAN テストセットです。

MT8860C は、802.11 WLAN 機器のテスト専用の一体型総合テストセットです。 製造テストと設計検証の両方に適した高速測定ソリューションを提供します。


MT8860C は、一般的にパワーメータ、スペクトラムアナライザ、Gold Radio、外付けアッテネータを必要とする既存のテストシステムを置き換えます。 その結果、製造工程に短時間で組み込め、全 WLAN チップセット用の汎用ソリューションを提供し、メンテナンスと校正が簡単なテスト装置となります。 MT8860C はまた、テストシステムのコストを削減し、製造処理能力を向上し、柔軟性に優れた WLAN テストを実現します。


MT8860C には、ネットワークとダイレクトの 2 種類の運用モードがあります。 "ネットワーク" モードは、標準 WLAN 信号を使用し、被試験装置の送信機と受信機の両方をテストできます。 "ダイレクト" モードでは、MT8860C は WLAN パケットを生成して送信することで被試験装置の受信機をテストし、内蔵送信機アナライザで被試験装置の送信機をテストします。 ダイレクトモードでは、被試験装置は半導体サプライヤ提供のテストモードソフトウェアユーティリティによって制御する必要があります。 ユーザインタフェースは、付属の LANLook ソフトウェアパッケージから実装します。 LANLook は、標準 PC で実行し、通常の Windows®ベースのインタフェースを使用して、測定値の設定と結果を数値とグラフ形式でわかりやすく表示します。 LANLook は GPIB インタフェースを介して MT8860C と通信します。

ライブラリ
ビデオ
「CombiTest」 と WLAN テスター「MT8860C」によるスマートフォン テスト

「CombiTest」 と 「WLAN テストセット MT8860C」によるスマートフォンテスト
「CombiTest」 と WLAN テスター「MT8860C」によるスマートフォンテストの紹介です。

WLAN テスタ MT8860CによるIEEE802.11a/b/g/nテスト

IEEE 802.11a/b/g/n テスト
IEEE 802.11a/b/g/n テスト

T-M-Introduction-J-v2

アンリツ電子計測器ソリューション(An Eye on the World)
アンリツの電子計測器 ソリューションビジネスをご紹介します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。