Skip to main content
MENU
ネットワークマスタ フレックス MT1100A

ネットワークマスタ フレックス

MT1100A
この製品は製造中止となっております。
概要

  • オールインワンのトランスポートテスタ   
    — 1.5 Mbpsから100 Gbpsまでサポート
    • OTN伝送機器、ネットワークの研究・開発、製造、開通・保守
    • キャリアクラスイーサネット伝送機器の製造、開通・保守
    • モバイルバックホールネットワークの開通・保守
    • モバイルフロントホールネットワークの開通・保守
    • 強力なSAN(Storage Area Networking)試験
    • SDH/SONET、PDH/DSnネットワークの迅速で容易な試験
  • 4ポート同時測定。100G x 4により400 Gbpsまでのイーサネットクライアント試験が可能
  • 使いやすく分かりやすいGUIメニュー
  • WLAN*/Bluetooth*/LANとの接続
  • 試験結果をPDF、CSV、XMLでレポート生成
  • リモートGUI操作(VNC、 専用GUI制御ソフト)およびリモートコマンド操作(スクリプト)
  • 持ち運びが容易な小型・軽量設計
  • 用途に合わせて構成を変更できるモジュール型プラットフォーム

2015年度 グッドデザイン賞 受賞製品

*:米国、カナダ、日本、全EU加盟国を含む、認定を受けた国・地域で利用可能

新たな時代を切り拓くトランスポートテスタ
       MT1100A

今日の通信ネットワークは、モバイル通信データの急増により広帯域化が求められ、コア・メトロネットワークには100 GbpsのイーサネットやOTNの実装が急速に進んでいます。これら高ビットレートのネットワークでは、伝送されるデータ容量とクライアント数の多さから、特に高い信頼性が必要とされています。
ネットワークマスタ フレックス MT1100Aは、用途に合わせた3種類のモジュールのうち、2つのモジュールを同時に実装、動作でき、1.5 Mbpsから100 Gbpsの通信ネットワークや伝送装置の研究・開発、製造、開通・保守での伝送試験を1台でサポートします。

 

All-in-one  オールインワンのトランスポートテスタ

MT1100Aは、100 Gbpsを4ポートの構成にすることにより、研究・開発が進められている400 Gbpsネットワークのクライアント信号として使用できます。OTN、イーサネット、CPRI/OBSAI、SDH/SONET、PDH/DSn、ファイバチャネルにも対応しています。

 

100G  4 ports  最高400 Gbps対応(100G x 4) 

MT1100Aは、40 Gbpsまたは100 Gbpsを最大4ポート実装して、独立して同時に試験できます。各ポートには、CFP、CFP2、CFP4(要CFP2/CFP4コンバータ)、CXP、QSFP+モジュールなどのコネクタが用意されており、これらから1種類を選択して使用できます。また、エクステンダの使用により、CAUI、 XLAUIの電気信号を取り出すことが可能です。これにより、40 Gbps/100 Gbps対応のさまざまなWDM、スイッチ、光トランシーバの開発、製造に1台で対応できます。また、100G × 4をクライアント信号として使用することにより、最新の400 Gbpsネットワークの研究・開発をサポートします。

 

OTN flex mapping  OTNフレキシブルマッピング

最新のネットワークでは、柔軟で効率的なマッピングと強力なFEC(Forward Error Correcting:前方誤り訂正)機能を持ったOTNでデータ伝送されることが増えてきています。それに伴い、開発、製造、開通・保守の現場では、より実運用に近い試験のために、テスタにも柔軟なマッピング対応が求められます。
MT1100Aは、OTU1からOTU4まで、マルチステージやODUflexを含む豊富なマッピングをサポートしています。また、イーサネット、CPRI、SDH/SONETのようなクライアント信号を定義し、マッピングを通して試験することもできるため、実運用をシミュレートした試験ができます。

 

本製品には、Linuxが含まれています。お客様には、これらのソフトウェアのソースコードを入手、改変、および再配布する権利があります。
ソースコードのご要求は、ページ上部にある「お問い合わせ」からご依頼ください。なお、ソースコードの内容などについてのご質問には、お答えできませんので、あらかじめご了承ください。

アプリケーション

400 Gbpsネットワークの研究・開発支援

MT1100Aは、さまざまな100G x 4のクライアント信号を送受信することができ、400 Gbpsネットワーク、伝送装置の研究・開発を強力に支援します。

特長

  • クラス初の100 Gbpsを4ポート実装、独立して同時に動作
  • CFP、CFP2、CFP4(要CFP2/CFP4アダプタ)、QSFP28(要CFP2/QSFP28アダプタ)、CXP、QSFP+モジュールなどの光トランシーバインタフェース
  • エクステンダの使用により、CAUI、 XLAUIの電気信号を取り出すことが可能
  • 各ポートは、40 GigE/100 GigE、OTU4/OTU3/OTU3e1/OTU3e2のインタフェースに対応
  • イーサネット フレームキャプチャによるクライアント信号の詳細解析
  • 100GBASE-SR4、100GBASE-ER4-liteでFEC信号の生成・測定が可能
  • OTNでは、マルチステージ、ODUflexを含む、さまざまなマッピングを実装
  • ITU-T O.182準拠 ポアソンエラー挿入によるFECパフォーマンステスト
  • 4ポートのテスト結果を1画面に同時に表示

* 推奨モジュール:MU110012A/MU110013A x 2

 

100 Gbps伝送装置の製造効率の向上

MT1100Aは、伝送装置の検証用トランスポートテスト機能を1台に4ポートまで実装でき、SCPIリモートコマンドを使用した自動テストにより、伝送機器の検証作業を効率化します。また、ポート単価を抑えることができ、設備投資の効率化にも貢献します。

特長

  • モジュールの組み合わせにより、1.5 Mbpsから100 GbpsまでのOTN、イーサネット、CPRI/OBSAI、
    SDH/SONET、PDH/DSn、ファイバチャネルに対応
  • RFC 2544テストによる伝送機器のパフォーマンス試験
  • CFP、CFP2、CFP4(要CFP2/CFP4アダプタ)、QSFP28(要CFP2/QSFP28アダプタ)、CXP、QSFP+モジュールなどの光トランシーバインタフェース
  • 光トランシーバのMDIO解析
  • CFP、CFP2のVOD、プリエンファシス、Rx イコライザ設定
  • エクステンダの使用により、CAUI、 XLAUIの電気信号を取り出すことが可能
  • しきい値設定、合否結果のカラー表示
  • VNCまたはSCPIリモートコマンドを使用した自動繰り返しテスト(イーサネット、WLAN、GPIB)
  • 専用GUI制御ソフトを使用した複数ユーザによる各ポート独自操作
  • イベントログ

* 推奨モジュール:MU110012A/MU110013A x 2(40 Gbps/100 Gpbs、4ポートの場合)

 

回線の開通テスト時間を短縮

MT1100Aは、100 Gbpsまでのトランスポートテストを1台でサポートします。OTN、SyncE(ITU-T G.826x)、PTP(IEEE 1588 v2)、 ITU-T Y.1564、RFC6349、CPRI/OBSAIなどの要求にも対応しています。2ポートを同時に使用することにより、複数回線のテストが一度におこなえ、テスト時間を大幅に削減できます。

特長

  • 100 Gbpsまでの回線開通用トランスポートテストを1台でサポート
  • 12.1インチ 大画面タッチパネル、バッテリ動作
  • 遠隔地にあるMT1100Aのイーサネットリフレクタを動作させ、フレームをループバック可能
  • 遠隔地の2台のMaster/Slave動作で、Master側からの操作により片方向レイテンシテストを実現
  • GPSを搭載し、SyncE、IEEE 1588 v2、片方向レイテンシテストの時刻同期が可能
  • CPRI/OBSAIテストによるモバイルフロントホール開通サポート
  • RFC6349、 iPerfテストを使用したTCPスループット試験による、エンドユーザ方でのパフォーマンス確認
  • VNCによる遠隔地からの操作で、オペレーションセンターの技術者が現場作業者を支援
  • 専用GUI制御ソフトを使用したMT1100A起動、操作、ファイル操作、ファームウェア更新で、
    遠隔地にMT1100Aを置いたままでフルコントロール
  • 2ポート使用で複数回線を同時にテストでき、テスト時間を半減
  • イベントログ
  • VIPによる光ファイバ端面試験

* 推奨モジュール:MU110011A

 

迅速なトラブルシューティング

MT1100Aは、優れたトラブルシューティング機能とともに、2ポート構成において双方向モニタリングすることにより、実回線での現象を素早く捉えることができます。

特長

  • 1.5 Mbpsから100 Gbpsまでの2ポート構成が可能で、双方向モニタリングや機器の挟み込み試験に対応
  • IPチャネル統計(10 Gbpsまで)によるトップトーカ、ネットワーク攻撃、エラーフレームを素早くキャッチ
  • イーサネットフレームをキャプチャ、Wiresharkで解析
  • スルー試験でのライブ回線をモニタリング
  • RFC6349、iPerfテストを使用したTCPスループット試験による、エンドユーザ方でのパフォーマンス確認
  • バッテリ動作により、トラブルシューティングを素早く開始
  • VNCによる遠隔地からの操作、長期間に渡るモニタリング
  • 専用GUI制御ソフトを使用したMT1100A起動、操作、ファイル操作、ファームウェア更新で、
    遠隔地にMT1100Aを置いたままでフルコントロール

* 推奨モジュール:MU110010A + MU110012A/MU110013A(1.5 Mbps~100 Gbps、2ポートの場合)

ライブラリ
画像
ビデオ
beyond 100Gの最新技術動向

Beyond 100Gの最新技術動向
FOE2015 アンリツブース内セミナーで実施した「Beyond 100Gと呼ばれる、100ギガを超える400ギガの伝送技術の最新技術動向」のご紹介です。

ネットワークマスタシリーズ MT1000A MT1100A

ネットワークマスタシリーズ MT1000A/MT1100A


MT1100A ネットワークマスタ フレックス,MT1000A ネットワークマスタ プロは、さまざまな通信規格に対応したトランスポートテスタです。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。