Skip to main content
MENU
MS8911B no image

デジタル放送フィールドアナライザ

MS8911B
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MS2712E , MS2713E
概要
  • デジタル放送信号の送信特性評価に必要な機能を集約
  • 重さ約3kg、バッテリー駆動でフィールド測定に最適
  • ISDB-TおよびDVB-T/Hをサポート
  • SFN電測ソフトで約±1000usの遅延プロファイル測定が可能

デジタル放送フィールドアナライザ MS8911B は、小型・軽量・バッテリー動作が可能で現場への持ち運びが容易な高性能アナライザです。ハンドヘルド技術と地上デジタル放送信号解析技術を融合し、現場で必要とされる測定項目や操作性などを追求しており詳細な調査が簡単に行えます。                 
MS8911B-030 ISDB-T解析ソフトウェアとの組み合わせで地上デジタル放送の各種信号解析を可能にし、高性能スペクトラムアナライザ機能搭載によりアナログ周波数変換による混信や障害調査も行えます。また、電界強度測定など主要な点検項目に対する登録点検用測定器として使用できます。

 

対応規格: 国内地上デジタルテレビジョン放送方式(ISDB-T)、DVB-T/H

■ISDB-T 解析ソフトウェア MS8911B-030
地上デジタル放送の各種信号解析を行うことができます。
本製品は、日本放送協会様と株式会社NHKアイテック様との共同開発品です。
(地上デジタルテレビジョン放送方式(ISDB-T)アナライザとして使用する場合、ISDB-T解析ソフトウェアMS8911B-030が必要です。)

 

■DVB-T/H 解析ソフトウェア MS8911B-050
ヨーロッパを中心に各国で運用されているDVB-T方式およびDVB-H方式の地上デジタル放送の各種信号解析が可能です。
(地上デジタルテレビジョン放送方式(DVB-T/H)アナライザとして使用する場合、DVB-T/H解析ソフトウェアMS8911B-050が必要です。)

 

■ISDB-T SFN電測ソフトウェア MS8911A-032/MS8911B-032
SFN環境下において、希望する到来波のみの電界強度、信号レベルの測定、長時間(±1008μs)の遅延波の解析が行えます。
本製品は、日本放送協会様と株式会社NHKアイテック様、財団法人NHKエンジニアリングサービス様との共同開発品です。

 

■DVB-T/H SFN電測ソフトウェア MS8911B-052
SFN環境下において希望する到来波のみの電界強度、信号レベルの測定、長時間(±896μs)の遅延波の解析が行えます
本製品は、日本放送協会様と株式会社NHKアイテック様、財団法人NHKエンジニアリングサービス様との共同開発品です。

 

■DVB-T/H BERユニット MS8911B-057
DVB-T/H BERユニット MS8911B-057を用いることでBER測定が行えます。

ソリューション
ライブラリ
ビデオ
ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法

ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法
ハンドヘルド製品のファームウェア アップデート方法

関連製品
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。