Skip to main content
MENU
ベクトルネットワークアナライザ MS46322A

ベクトルネットワークアナライザ

MS46322A
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MS46322B
概要
  • RFおよびマイクロ波デバイスの試験に最適
  • 高速な掃引速度と広いダイナミックレンジ
  • 優れた補正後の方向性
  • タイムゲート付きタイムドメインオプションで簡単で高速な障害域検査
  • LANインターフェースによるリモート制御
  • 標準リムーバブル・ハードディスクは防衛や研究ユーザーにさらなるセキュリティを提供
  • ShockLine™ ファミリ共通のGUIおよびSCPIインターフェース
  • モニタ、キーボードおよびマウスを容易にUSBポートに接続
  • ラックスペースの効率的な使用に小型の2Uサイズ

MS46322Aシリーズは1 MHzから4/8/14/20/30/43.5 GHzまでの周波数範囲を備えたエコノミベクトルネットワークアナライザです。登録商標されたShockLine™のオンチップVNA技術をベースにしており、簡素化されたVNA内部のアーキテクチャにより高周波数帯においてコストの削減と測定の精度と再現性の改善を実現しました。

MS46322Aシリーズはコンパクトな2U筐体サイズに設計された2ポートVNAです。200 µ秒/点の測定速度と43.5 GHzまで100 dBを超えるダイナミックレンジにより、さまざまなパッシブデバイス試験用途で威力を発揮します。小さいサイズでリモート制御ができるため、テストシステムのラックに簡単に搭載できます。MS46322AシリーズはSCPIコマンドプログラムに互換があり、多くのプログラミング環境でソフトウェアドライバのサポートができます。MS46322Aは生産ラインの環境でリモート制御を行う場合にはLANを使用します。MS46322Aは外部にタッチスクリーンを有したモニタ、キーボードおよびマウス(別売)を使用することで、グラフィカルなユーザインターフェイスで操作ができ、生産ラインにおけるパッシブデバイスの手動測定ができます。また自動試験の環境でのソフトウェアの開発やトラブルシューティングも簡単に行えます。

ライブラリ
ビデオ
MWE2016-ShockLine

パッシブデバイス測定に適したShockLine VNAの紹介
マイクロウェーブ展2016 アンリツブース内セミナーで実施した「パッシブデバイス測定に適したShockLine VNAの紹介」のご紹介です。

関連製品
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。