Skip to main content
MENU
1ポートUSBベクトルネットワークアナライザ MS46121A

1ポートUSBベクトルネットワークアナライザ

MS46121A
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MS46121B
概要
  • 150 kHzから6 GHzの周波数オプションを備えた1ポートVNA
  • 1台のPCで複数のMS46121Aを制御することで並列測定によりスループットの向上
  • 非常にコンパクトなパッケージでDUTへの直接接続が可能
  • 対向(双方向)または多ポート(一方向)構成の伝送振幅測定
  • 内部に測定データが保存されないため高機密性
  • 標準のタイムゲート付きバンドパス・タイムドメイン機能で簡単で高速な障害位置検査
  • ShockLine™ファミリー共通のGUIはモデル間の切り換えコストを低減

MS46121Aは40 MHz~6 GHzと150 kHz~6 GHzの2つの周波数オプションを選択できるPC制御の1ポートUSBベクトルネットワークアナライザのシリーズです。MS46121Aは非常に小型で直接被測定物と接続でき、低コストで省スペースなソリューションで1ポート測定に性能と精度を提供します。

MS46122Aシリーズは、製造、エンジニアリング、教育でのRFおよびマイクロ波のアプリケーションを目的としています。2つのMS46122Aオプションは、パッシブデバイス・テストアプリケーションに適しており100 µ秒/点の測定速度と±0.5 dB(-6 dB 代表値)の測定精度を持っています。

非常にコンパクトなVNAは、ユーザーが供給するPCからUSB経由で制御されます。最大16の独立したVNA MS46121Aを同じコンピュータでShockLineソフトウェアから並列して操作できます。従来のVNA1台とスイッチを使用したテストソリューションに比べてスループットを向上させ、1ポート•デバイスの真の並列マルチサイト・テストを可能にします。オプション21の追加により、複数のMS46121A VNAの間の伝送測定(振幅のみ)ができるようになります。MS46121Aシリーズは、ユーザーデータの記憶装置がなく機密データの削除が不要です。低コスト、小形サイズ、優れた性能、および並列動作の組み合わせは、マルチサイト・テストが望まれるパッシブ1ポートデバイスのテストアプリケーションにMS46121AシリーズVNAは最適です。

ライブラリ
ビデオ
MWE2016-ShockLine

パッシブデバイス測定に適したShockLine VNAの紹介
マイクロウェーブ展2016 アンリツブース内セミナーで実施した「パッシブデバイス測定に適したShockLine VNAの紹介」のご紹介です。

関連製品
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。