Skip to main content
MENU
MS2719B

マイクロ波スペクトラムアナライザ

MS2719B
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MS2723C , MS2721B , MS2724C
概要
  • 最大 4GHz のプリアンプ標準搭載
  • 軽量: 5.7kg (代表値)
  • クラス最高の表示平均ノイズレベル: <-159dBm (1GHz、分解能帯域幅 1Hz での代表値)
  • クイックズームイン、ズームアウト表示 (1-2-5 シーケンス)
  • 分解能帯域幅 (RBW): 1Hz~3MHz (1-3 シーケンス)
  • ビデオ帯域幅 (VBW): 1Hz~3MHz (1-3 シーケンス)
  • 入力アッテネータの自動または手動制御
  • 専用のスマート測定
  • データセキュリティ機能 (オプション)
  • ゼロスパン操作時、時間対パワー表示に 5個のマーカ設定
  • 高速リモート I/O と高速測定
  • 最新で高度なリミットラインの作成機能: 合格 / 不合格チャート
  • トレースアベレージング
  • ノーマル、Maxホールド、Minホールド、ユーザがアベレージングを設定可能
    (65,000以上のトレースアベレージング)

マイクロ波スペクトラム解析のためのパワフルかつ手頃な価格のソリューション

マイクロ波スペクトラムアナライザ MS2719B は、マイクロ波コンポーネント、サブシステム、システムのベンチテストのための手頃な価格のソリューションとして設計されています。 先進的かつ経済的なスペクトル解析ツールを必要とするエンジニアと技術者のために設計された MS2719B は、テストコストの削減によって、従来のエコノミークラスの定義を一新します。 生産ライン用と同じく、R&D テストベンチの用途としても使えます。

上限周波数20GHzによって、MS2719Bは、航空宇宙、マイクロ波システムなど多くのアプリケーションのスペクトラム測定を経済的に行えます。これは、Xバンドのレンジでの仕様を含む高度な技術を含みます。ユーザは、広範なマイクロ波システム、レーダ、衛星、地上波コミュニケーションなどの信号パフォーマンスを測定できます。

65dBレンジのステップアッテネータや20W入力耐性が作業中の不意なダメージによる不安を取り除きます。オプションの高精度パワーメータとの接続機能は、±0.16dBの精度を持つPSN50 6GHzセンサーをサポートします。

MS2719B スペクトラムアナライザは、1GHz@10kHz オフセットで -102dBc/Hz (代表値)の低位相雑音、1GHz で分解能帯域幅 (RBW) 1Hz において -159dBm (代表値)というクラス最高級の表示平均ノイズレベル、1Hz~3MHzの分解能帯域幅 (RBW)、1Hz~3MHzのビデオ帯域幅 (VBW) を持っています。

アプリケーション

その優れた性能と先進の機能、価値で、MS2719B は製造用、R&D用、および汎用アプリケーションのマイクロ波コンポーネント、サブシステム、システムの測定を簡素化します。15種類のワイヤレス測定機能のオプションがあります。通常の用途には以下が含まれています。

  • 特に高性能が必要とされる製造やR&Dでのマイクロ波コンポーネントのテスト
  • ATE や航空宇宙用のRFテスト
  • 大学研究室が必要とする手頃な価格のスペクトル解析ツール
  • 汎用エコノミースペクトル解析
  • AM&FM アナログ放送の測定と IBOC(デジタルラジオ) 方式の試験
  • オプションのワイヤレステスト:
    • コンポーネントやサブシステムのテスト、特に Node-B 送信機 (オプションの事前作成テストソフトウェア)用に 6種類の異なる無線システムフォーマット
    • 研究室や生産ラインにおける送信機のスペクトル解析: 占有帯域幅、チャネルパワー、隣接チャネルパワー比、変調
    • 受信信号解析: 帯域内干渉と帯域外スプリアス信号の位置と同一確認、およびスペクトルマスク
    • 3G 携帯電話の基地局信号の第5高調波測定

     

  • オプションの位相雑音測定ソフトウェアは、対数の周波数軸でSSB位相雑音対周波数オフセットを表示できます。マーカ機能は、複合ノイズを秒、度、Hz で表示します。 
オプション

オプションおよび位相雑音のソフトウェア:

  • オプション 007 のデータセキュリティー機能は、ユーザが内部のファイル格納場所に測定セットアップ情報を保存するのを防ぎます。セットアップと測定情報は、外部コンパクトフラッシュメモリモジュール、または外付けUSBのメモリデバイスだけに保存することがでます。
  • オプション 17 は、GPIB インタフェーイスを追加します。
  • オプション 19 は、アンリツ PSN50 高確度パワーメータセンサのサポートを追加します。
  • オプション 89 IF Outputは、ゼロスパン設定において中心周波数37.8MHzでBNC(f)コネクタから出力します。

位相雑音測定ソフトウェア、部品 No.2300-517 は、イーサネットインタフェースを介して MS2719B を制御するため、外部 PC(別売り)上で動作します。 このソフトウェアは複数の位相雑音トレースを選択できるマーカでソースジッタの測定を秒、度、Hz で表示可能です。

 

ワイヤレステストオプション

MS2719B スペクトラムアナライザは、スペクトラムアナライザ機能のみならず エンジニアや専門技術者が、コンポーネントやサブアセンブリなどワイヤレスシステムの送信機にとって極めて重要なRFと変調の品質を正確に測定するため信頼できる計測ツールです。これらのソフトウェアのテストプログラムは、テストルーチンが 事前に作成されており、ワイヤレス業界の規格に対して信号の性能をテストすることができます。
モバイルWiMAX (802.16) の最新のワイヤレス技術から一般的なGSMまで、ワイヤレスシステムの特定の性能テストに利用できる 15種類の機能試験のオプション、およびその他 6つのシステムフォーマットがあります。 各ワイヤレス規格毎に、RF信号の性能評価と変調性能評価の2つのオプションがあります。 どのシステム方式でも、様々な試験が可能で、テスト機能が実行され画面に結果が出ます。

  無線プロトコル   RF 測定*1   復調測定*1
  GSM/GPRS/EDGE   オプション 40   オプション 41
  CDMA   オプション 42   オプション 43
  W-CDMA   オプション 44   オプション 45
  W-CDMA/HSDPA   オプション 44   オプション 65*2
  EVDO   オプション 62   オプション 63
  固定WiMAX   オプション 46   オプション 47
  TD-SCDMA   オプション 60   オプション 61
  モバイル WiMAX   オプション 66   オプション 67

            *1: RF および復調器オプションは単独の変調を測定し、オプション 009 が必要です。
            *2: オプション 65 はオプション 45 を含みます。

 

コンパクトフラッシュメモリモジュールと USBフラッシュドライブを使用すると、トレースとセットアップを数多く保存することができます。 測定はコンパクトフラッシュモジュールに直接保存することができます。 例えば、512MB モジュールには、スペクトラムアナライザの測定を 20,000 以上も保存できます。 イーサネット 10/100 Base-T 接続を使用するリモートプログラミングは、SCPI プログラミングを使って行えます。
イーサネット接続を使えば、製品に同梱されているアンリツのリモートアクセスソフトウェアを使用して、リモートで計測器を操作できるという柔軟性があります。 イーサネットまたは USB接続を使用して、測定結果とセットアップをアップロード、ダウンロードすることができます。
MS2719B には、ユーザーズガイド、マスタソフトウェアツールと USB ドライバを含む CD-ROM、USB A-mini B ケーブル、イーサネットケーブル、USBフラッシュドライブ、コンパクトフラッシュドライブ、N型オス-SMAメスアダプタ、N型オス-BNCメスアダプタが同梱されています。
すべてのMS2719B は、部品や修理に 1 年間の保証付きです。

 

包括的なワイヤレステストのオプション

  • W-CDMA/HSDPA からモバイルWiMAX や TD-SCDMA に対応したテストが可能
  • 業界規格に対するオプションテスト: RFおよび変調解析
  • 測定および算出されたデータのパラメータを表示
  • リミット機能により、合格/不合格判別が容易。製造試験を最適速度で制御
ライブラリ
関連製品
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。