Skip to main content
MENU
Spectrum Monitor OEM Board MS27100A

スペクトラムモニタモジュール

MS27100A
この製品は製造中止となっております。
Overview
  • 9 kHz~6 GHz
  • 掃引速度は最大24 GHz/s
  • Webサーバ機能により、Webブラウザ経由で測定を表示、制御、実施
  • ウォッチドッグタイマにより、遠隔地に配置したモニタの長期間の安定動作を保証
  • 低スプリアスレベルでの正確な信号検出
  • FFT帯域幅20 MHz

MS27100Aは、違法、または無認可の干渉信号の特定とその排除を容易にします。継続的なスペクトラム監視により、問題の信号が発生したとき、リアルタイムで確認できます。問題となる信号の動作パターンを調べることもできるため、問題の特定や干渉信号の探索などの効果的な方法を提供することができます。

MS27100Aは、干渉信号の発見だけでなく、スペクトラムの占有を確認する場合にも使用されます。電波の規制当局および運用者などが、さまざまな周波数帯域のスペクトラムを確認することはよくあります。これらの監視によって、スペクトラムを最適化して最大限利用できるようにするのに必要な情報を得ることができます。コグニティブ無線技術によって、電波資源を他の用途に振り向けたり、他の信号と多重化したりすることができます。

スペクトラム監視は、政府による規制の遵守を強制するためにも使用できます。警察、消防、航空管制、救急などの活動では、障害やひずみのない通信が不可欠です。スペクトラム監視の結果、スペクトラムに関する法規制の遵守が強制されるケースはよくあります。

MS27100Aは小形なので、狭い場所でラックに収納して使用するのに適しています。MS27100AはIF出力(140MHz)もサポートしており、ユーザはこれをさらなる処理のために使用できます。

アプリケーション
  • 違法または無免許のAM/FM/セルラ放送の検出
  • 取り扱いに注意を要する場所の監視(国境、原子力発電所など…)
  • 空港の監視(多くの場合、通信周波数がFM帯域に隣接)
  • 刑務所/拘置所における違法放送の監視
  • PTC(Positive Train Control):列車用の明確な通信チャネルの保証
  • ケーブルテレビ:外部環境への漏出とケーブルシステムへの漏出の軽減
  • スペクトラム規制を実施する政府機関
オプション

ソフトウェアオプション

オプション Description
MS27100A-0400 ビジョンモニタ
MS27100A-0401 ビジョンロケート(要オプション 400)
はじめに

リモートスペクトラムモニタをイーサネットネットワークへ接続

MS27100Aとの通信は、標準装備のギガビットイーサネットポート経由で行われます。DHCPを使用してIPアドレスを動的に取得するか、静的IPアドレスを設定するかを選択できます。出荷時には静的アドレス10.0.0.2がデフォルト設定されています。ひとたびデスクトップ/ノートPCに接続が行われれば、リモートスペクトラムモニタに内蔵されたウェブサーバ機能によってIPタイプを変更できます。

DHCPの使用に備え、アンリツは、ネットワークに接続されているすべてのスペクトラムモニタを照会するイーサネットディスカバリプログラムを提供しています。イーサネットディスカバリプログラムは、アンリツのWebサイトにあります。

ユーザによっては、スペクトラムモニタのホスト名をその動的IPアドレスにする、ドメインネームサーバ(DNS)の使用が好まれます。DNSサーバには、ホスト名を作成する機能があります。たとえば、「mymonitor1.org」や「spectrum1.net」などのホスト名を作成できます。無料で利用できるDNSサービスがいくつかあります。このようなサービスの中で、アンリツはwww.no-ip.comを使用しています。ユーザは、アカウントを作成し、機器のホスト名を選択する必要があります。

ライブラリ
ビデオ
WTP2016-RSM.mp4

無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューション
このビデオでは、無線モニタリングの市場動向と、アンリツの電波監視ソリューションについて紹介します。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。