Skip to main content
MENU
MP1026B

ビットマスタ

MP1026B
この製品は製造中止となっております。
概要

インターネットの急速な普及により、高速次世代ネットワーク、特に OC-192/STM-64 SONET/SDH、10G ファイバチャネル、物理層での 10G Ethernet の導入が加速されています。 導入加速の緊迫した状況下で、設計エンジニア、製造エンジニア、フィールドエンジニアは毎日アイパターン測定を使用して設計の微調整、検証、トラブルシューティングを実施しています。 厄介なことに、新しい高速ネットワークを導入するには、現場のトラブルシューティングに光時間ドメイン反射計 (OTDR)、光パワーメータ (OPM)、光スペクトルアナライザ (OSA)、ビットエラーレートテスタ (BERT) より高度なツールが必要になることがあります。

アイパターン測定は通常、汎用サンプリングオシロスコープで実施されますが、これは高価で複雑であるため、多くの場合は共有リソースになります。 このため、生産性の向上を目指す一方、エンジニアはこの共有リソースにアクセスできるまでの待ち時間を浪費することになります。 それよりも、日常の用途に特化され、性能や機能に妥協のない、’手頃な価格の測定器をエンジニア各自が所有できるようにする方が賢明です。 各エンジニア’のベンチ にアイパターンアナライザを 1 台ずつ用意する必要があります。

アンリツは、データレート 0.1 ~ 12.5 Gbp の範囲でアイパターン測定を、バッテリ式の頑丈なハンドヘルド計器で提供するビットマスタ MP1026B アイパターンアナライザを開発しました。 コンパクトなサイズに高い性能を凝縮したビットマスタには、設計、製造、フィールドエンジニアがこの画期的な新製品を検討する理由が 2 つあります。 第一に、ビットマスタは通常、汎用サンプリングスコープの半額です。 第二に、ビットマスタは、エンジニアが各自のネットワーク装置やネットワーク環境でいつでもどこでも自由にアイパターン測定を実施して生産性を向上できる実用的な計器です。

  • それぞれが 10 Gbps の試験をサポートする 25 GHz 帯域幅の 2 つの電気チャネル入力
  • アイパターンとパルスパターンの測定表示が送信機の性能を検証
  • 自動マスクマージン機能が製造品質の監視ツールを提供
  • ユーザ定義のヒストグラムウィンドウ
  • 低ジッタ、代表値 0。85 ps(代表値、実効値)
  • 低電気雑音 1 mV(代表値、実効値)
  • 最大サンプルレート 100 k 回/秒
  • [チャネル]2 チャネルの上書き
  • 4 つの X-Y マーカ
  • データ転送用 USB/Ethernet
  • 内部メモリに 1000 個の設定を保存
  • データストレージと転送用のメモリカードスロット
  • 高解像度 8。4 対角線 (21.3 cm) 昼光可視の TFT カラー表示装置
  • 使用言語:英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、中国語
  • 重量 9 ポンド (4 kg)
  • 小型サイズ 12 x 8 x 3 インチ (315 x 211 x 78 mm)
オプション

 オプション

 説明

 オプション注文番号

オプション 2

内部クロック回復ユニット (CRU) オプション

MP1026B-002

オプション 3

光インターフェースオプション

MP1026B-003

オプション 7

セキュアデータ 操作 オプション

MP1026B-007

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。