Skip to main content
MENU

高速ピークパワーメータ

ML2495A
この製品は製造中止となっております。
概要
  • 8nsの立ち上がり時間 (MA2411B パルスセンサ使用時、代表値) 
  • ビデオ帯域幅 最大 65MHz
  • 最小表示時間 50ns
  • 設定可能な時間分解能 1ns
  • 10MHz PRF トリガ
  • 外部ビデオ接続
  • シングルまたはデュアルディスプレイ
  • 移動体やレーダーのプリセット
  • 複数のゲートとマーカでピークパワー測定
  • 高度なマーカ機能
  • 高確度の CW モード
  • コントロールインターフェース


高分解能ワイドバンドパワーメータとレーダー、3G、4G無線アプリケーション用センサ
ML2495A 高速ピークパワーメータは、OFDMのような複雑で新しい変調技術をベースとした次世代システムや、レーダー、3Gおよび3.9Gのワイヤレスシステムを高分解能で測定するために設計されました。これらは広帯域幅とパルスの立ち上りエッジ測定において最高の解像度を持っています。高度なサンプリングシステムと測定機能の組み合わせにより、送信機のパワーエンベロープを精密かつ正確に測定します。高品質のCW測定と広帯域センサの両方を持つことによって多目的使用に柔軟に対応できる機器となりました。

PowerMax™は、ML248xB(ファームウェアバージョン2.30またはそれ以降)とML249xA パワーメータシリーズ (ファームウェア 2.20.001以上)で使用できる無料グラフィカルユーザーインターフェースソフトウェアです。これによって測定画面の可視性を向上し、操作性を向上します。このソフトウエアは、Windows 7、XPまたは2000が稼働する標準的な PC上で実行し、イーサネットインターフェース(10/100BaseT)を介してパワーメータと通信します。ダイナミック(自動)またはスタティックなIP割り当てを使用して、PCまたはローカル / ワイドエリアネットワークから直接リモート制御が可能となっています。

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。