Skip to main content
MENU

ワイドバンド・ピークパワーメータ

ML2488B
この製品は製造中止となっております。
概要
  • 周波数レンジ 100MHz~65GHz
  • 立ち上がり時間 <18ns
  • Bluetooth®、IEEE 802.11 WLAN、WiMAX、TD-SCDMAなどの正確なパワー測定
  • 高速GPIB 及び イーサネットリモート制御
  • ピーク、平均、クレスト測定
  • 統計処理、CCDF、CDF、PDF内蔵
  • 無料のPCアプリケーションソフト


無線ネットワークの設計や設置において、パワー制御、ピークパワー、タイミングは、重要な要素です。ML2488B ワイドバンドピークパワーメータは、無線通信、携帯電話、航空宇宙アプリケーションなどで正確なピークパワー測定を実施できます。 機能性能の向上によって、通信やレーダーシステムの正確で精密なテストが容易に実行できるようになりました。ML2487Bはシングルセンサ入力、ML2488Bはデュアルセンサ入力をサポートしています。

64Ms/sの高速サンプリングレートで、802.11a/b/gなどのシステムで広帯域幅で正確なピークパワーを検出し、従来のパワーメータのように手動で補正値を入力する必要性がなくなりました。ML2488Bのデュアルチャネルセンサ入力と結果表示によって、 WLANとBluetooth®の複合デバイス測定などのワイヤレス技術を使うデバイスの同時モニタリングを可能にしました。

PowerMax™は、ML248xB(ファームウェアバージョン2.30またはそれ以降)とML249xA パワーメータシリーズ(ファームウェア 2.20.001以上)で使用できる無料グラフィカルユーザーインターフェースソフトウェアです。これによって測定画面の可視性を向上し、操作性を向上します。このソフトウエアは、Windows 7、XPまたは2000が稼働する標準的なPC上で実行し、イーサネットインターフェース(10/100BaseT)を介してパワーメータと通信します。ダイナミック(自動)またはスタティックなIP割り当てを使用して、PCまたはローカル / ワイドエリアネットワークから直接リモート制御が可能となっています。


*:Bluetoothのワードマークとロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有しており、ライセンスに基づきアンリツが使用しています。 それ以外の商標、トレードネームは各所有者に帰属します。

規格

カラーディスプレイ: このクラスのパワーメータとしては初めて、高解像度のカラーディスプレイに測定結果を表示します。ユーザーは、結果をグラフか数値リードアウトのどちらで表示するかを選択することができます。

デュアルまたはシングル入力: ML2487Bはシングルセンサ入力、ML2488Bはデュアルセンサ入力です。ML2488Bは、AとBの2系統測定やアンプやリターンロスの測定アプリケーションに便利な レシオ測定(A/B)が可能です。

デュアルチャネルディスプレイ: ML2480Bシリーズは、デュアルチャネルディスプレイを使用して2 つの測定設定を表示することができます。

ゲート機能: ML2480Bシリーズは、複数のゲート機能を持ち、レーダー、信号内の特定位置における電力、通信システムなどの複数パルスを持つシステムの特定時間のパワー、キャプチャ、ディスプレイ、測定を可能にします。それぞれのゲートのパワーの測定において、リードアウトまたはグラフプロファイルを選択することができます。TDDアプリケーションの繰り返しパターン(GSM、GPRS、TD-SCDMAなど)に8ゲート設定することができます 。

テストリミット: ML2480Bシリーズは、CWモード用の簡単な合格 / 不合格を判別するリミットとパルステストなどのための複雑なプロファイル用リミットの2種類のテストが有ります。

保存と呼び出し: 測定器設定を20まで保存可能です。

プリセット: 主要ワイヤレスシステムのセットアップを内蔵しているので、ユーザーは迅速かつ容易にパワーメータを設定することができます。

セキュアモード: パワーメータの周波数設定情報を非表示にします。

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。