Skip to main content
MENU

デジタル放送信号発生器

MG8940A
この製品は製造中止となっております。
概要
  • ISDB-Tに準拠した試験信号を高精度に出力
  • ISDB-T伝送路符号化処理に必要な機能を集約
  • 高性能MER 42dB以上
  • 内部PNパターン発生器(PN9, PN15, PN23)を内蔵
[受注生産品]
デジタル放送信号発生器MG8940Aは、デジタル放送用機器(STB/IRD)や、関連デバイスの開発・製造用途に適した基準信号を出力します。250kHz〜3GHzの広範囲にわたり、周波数特性, ひずみ特性, SSB位相雑音特性に優れた信号を発生し、IF帯からRF帯までの各種試験に適しています。 

MG8940Aに内蔵されたMU894010A ISDB-T伝送路符号化ユニットは、国内地上波デジタルテレビジョン放送方式(ISDB-T)の規格に準拠したOFDM変調信号を出力します。さらに新たなデジタル加算方式採用により、CN比の確度・安定度を向上させた雑音付加機能(CNコントローラ: オプション)を追加して、高確度で再現性の高い干渉雑音試験ができます。また外部TS入力(オプション)機能を使用して、外部機器からMPEG 2多重化トランスポートストリームを入力し、デジタル放送コンテンツ(画像・音声)のリアルタイム評価を行えます。
MG8940Aは、デバイス評価から放送用機器の完成品検査まで、さまざまな試験・検査での基準信号源として使用できます。

対応規格: 国内地上波デジタルテレビジョン放送方式(ISDB-T)

 

  周波数範囲  250kHz~3GHz
  出力レベル範囲  -143~+3dBm (設定可能範囲:-143~+7dBm)
  基準発振器エージングレート  ≦5×10-9/day
  SSB位相雑音(CW)  <-112dBc/Hz(20kHzオフセット)
  ≦-90dBc/Hz(1kHzオフセット)

 

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。