Skip to main content
MENU
Wi-SUN PHYテストシステム ME7050A

Wi-SUN PHYテストシステム

ME7050A
この製品は製造中止となっております。
概要
Wi-SUN PHYテストシステム ME7050Aは、シグナルアナライザ MS2830A、ベクトル信号発生器 MG3710A、およびRFインタフェースユニット CN7303AをPCから制御して、シナリオで記述した試験項目を実行し、試験結果、合否判定の表示、ファイルへのデータ出力などを自動化します。
  • 自動測定機能
    Wi-SUN(IEEE802.15.4g)PHY Conformance Testソフトウェア MX705011Aにて、試験内容、手順を記述したスクリプトファイル(試験手順シナリオ)を使用して、複雑な測定制御を自動化し、簡易な試験操作を実現します。

  • 出力データ機能
    試験実行の測定結果をHTML形式、およびCSV形式のファイルに出力します。
    全試験項目の測定データ、波形データを報告書として出力できます。報告書には、試験実行結果として合否判定を出力します。

  • お客様のご要望に応じた試験環境を構築
    試験項目をスクリプトで記述できるため、試験項目の追加やDUT制御を含めた製造向けソリューションのシステムとすることができます。また、920 MHz帯試験環境のベースとして導入していただき、必要に応じて機能を追加、提案もできます。

  • 最少構成システム
    送受信試験の切り替えは手動となりますが、RF I/F ユニットを使用せずに、測定器とアプリケーションソフトウェアとの組み合わせで評価ができます。

  • 参照規格
    Wi-SUN Alliance:
       IEEE 802.15.4g PHY Conformance Test Suite Specification
          Section Test Items
          8.1 Transmitter Test
              8.1.1 Modulation Quality
              8.1.2 Transmitter Frequency Offset
              8.1.3 Transmitter Adjacent Channel Power Ratio
          8.2 Receiver Tests
              8.2.1 Receiver Sensitivity Test
              8.2.2 Adjacent / Alternate Channel Rejection Ratio
          8.3 Frame Encoding Tests
              8.3.1 Packet Test
              8.3.2 Test Vectors
       PHY Conformance Test Procedures Specification

    TELEC T-245:
       1. 周波数の偏差
       2. 占有周波数帯幅
       3. スプリアス発射又は不要発射の強度
       4. 空中線電力の偏差
       5. 隣接チャネル漏洩電力
       6. 副次的に発する電波等の限度
       7. 送信時間制限装置
       8. キャリアセンス機能

  • 構成例
     ME7050A  Wi-SUN PHYテストシステム
         
     MS2830A  シグナルアナライザ
        MS2830A-041     6 GHzシグナルアナライザ
        MS2830A-002     高安定基準発振器
        MS2830A-006     解析帯域幅 10 MHz
        MX269017A     ベクトル変調解析ソフトウェア
        MA24106A     USBパワーメータ
       
     MG3710A  ベクトル信号発生器
        MG3710A-032     1st RF 100 kHz~2.7 GHz
        MG3710A-042     1st RFローパワー拡張
        MG3710A-045     1st RF ARBメモリ拡張 256 Mサンプル
        MG3710A-048     1st RFベースバンド信号加算
        MX370102A     TDMA IQproducer
        B0635A     ラックマウントキット(EIA)
       
     CN7303A  RFインターフェース ユニット
            —  制御PC
            —  収納ラック+作業卓
     CN7311A  ケーブル/応用部品セット(Wi-SUN PHY)
     MX705011A  Wi-SUN(IEEE802.15.4g)PHY Conformance Testソフトウェア*
            —  Microsoft Office 2010/2013(報告書作成ソフトウェア用)



    *: DUTの制御用I/Fを開示いただければ、CTの自動測定に必要なDUT制御を実装します。
         DUT制御は、個別受注対応します。

    注)開発中製品のため、仕様・形名・品名は変更になる場合があります。
  • Wi-SUN Allianceが策定したIEEE 802.15.4g PHY Conformance Test Suite Specificationに規定されたテストケースに沿った測定が可能
  • TELEC-T245(920 MHz帯テレメーター用、テレコントロール用およびデータ伝送用省電力電子機器の特性試験方法)に規定された技術基準適合証明に準拠した測定が可能
  • 測定項目ごとのパラメータ設定やモード選択がプリセットされており、簡単な設定・操作で評価可能
  • 測定項目を個別選択し、必要な試験のみを繰り返し行う性能確認のための追い込み試験が可能
仕様
項目 規格
周波数範囲 30 MHz ≦ f ≦ 5 GHz
最大入力レベル ANTENNA1、ANTENNA2: +20 dBm(100 mW)
入力/出力コネクタ ANTENNA1、ANTENNA2: N型-Jコネクタ、50Ω
SA: N型-Jコネクタ、50Ω
PM: N型-Jコネクタ、50Ω
SG1: N型-Jコネクタ、50Ω
SG2: N型-Jコネクタ、50Ω
挿入損失およびVSWR (1) アンテナ1 — シグナルアナライザ (30 MHz ≦ f ≦ 5 GHz)
挿入損失: ≦4.5 dB
VSWR(Input): 1.90 (nominal)

(2) アンテナ2 — シグナルアナライザ (30 MHz ≦ f ≦ 5 GHz)
挿入損失: ≦4.5 dB
VSWR(Input): 1.90 (nominal)

(3) アンテナ1 — パワーメータ (30 MHz ≦ f ≦ 3 GHz)
挿入損失 ≦4.5 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(4) アンテナ2 — パワーメータ (30 MHz ≦ f ≦ 3 GHz)
挿入損失 ≦4.5 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(5) 信号発生器1 — カプラ — アンテナ1 (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦20.0 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(6) 信号発生器1 — カプラ — アンテナ2 (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦20.0 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(7) 信号発生器2 — カプラ — アンテナ1 (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦20.0 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(8) 信号発生器2 — カプラ — アンテナ2 (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦20.0 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(9) アンテナ1 — カプラ — シグナルアナライザ (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦6.5 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)

(10) アンテナ2 — カプラ — シグナルアナライザ (30 MHz ≦ f ≦ 1 GHz)
挿入損失 ≦6.5 dB
VSWR(Input): 1.95 (nominal)
制御用インタフェース コネクタ: USB Bコネクタ
電源 AC 100 V~120 V、47 Hz~63 Hz、≦30 VA
寸法・質量 426(W)× 177(H)×451(D)mm (突起物は除く)
≦10 kg
動作温湿度範囲 +5~+45°C、≦95% (ただし結露しないこと)
保管温度範囲 -20~+60°C
ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。