Skip to main content
MENU

ユニバーサルセンサ

MA248xD シリーズ
この製品は製造中止となっております。
概要

MA248xD シリーズは、True-RMS検波で80dBのダイナミックレンジを持つセンサです。3G、3.9G、OFDMなどの変調信号やCW、マルチトーンなど様々な信号の平均電力測定が可能です。センサ内部は、3 つのダイオードで構成され、それぞれのセンサにわたって、二乗検波領域内で動作する構造になっています。その為、測定対象の通信システムや帯域幅に関係なく、True-RMS検波にて測定を行います。オプション 1(TDMA測定機能) は広いダイナミックレンジに渡り、1組のダイオードの直線性を校正するので、ユニバーサルセンサとして、機能します。

  • True-RMS 検波によって、様々な通信システムの平均電力測定が可能
  • 80dB のダイナミックレンジ
  • オプション 1 で高速かつ高精度な (1.8% の直線性) CW 波の平均電力測定が可能
  • 10MHz~18GHz の広帯域の周波数範囲 (センサによる)
  • 校正係数を EEPOM に保存
規格
 ユニバーサルセンサ
形名 MA2481D MA2482D MA2480/01
周波数範囲 10MHz~6GHz 10MHz~18GHz ユニバーサルパワーセンサに CW信号、TDMA信号、
及びパルスの高速測定のための高速CWモードが追加されます。
ダイナミックレンジ -60~+20dBm
SWR <1.17; 10~150MHz
<1.12; 0.15~2GHz
<1.22; 2~12.4GHz
<1.25; 12.4~18GHz
立ち上がり時間*1 <0.004ms (オプション 1の場合のみ)
センサ直線性 10MHz~6GHz、3%、-60~+20dBm
6GHz~18GHz、3%、-60~+20dBm
3.5%、0~+20dBm
(オプション 1 の場合 1.8% CW)
RF コネクタ*2 N (m)

*1:0.0dBm、室温
*2:MA24xx シリーズのセンサは、六角結合ナットを業界標準のトルクレンチでつけることにより、RF コネクタに接続可能です。

ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。