Skip to main content
MENU

通過型ピークパワーセンサ

MA24105A
この製品は製造中止となっております。
概要

アンリツ MA24105A 通過型ピークパワーセンサは、2mW~150W、350MHz~4GHz の正確な平均パワー測定を目的に設計されています。 センサーは 「デュアルパス」 アーキテクチャを使用し、すべての周波数およびダイナミックレンジに渡り True-RMS 測定を可能にします。ユーザーは、GSM/EDGE、CDMA/EV-DO、WCDMA/HSDPA、WiMAX、TD-SCDMA などの CW、マルチトーン、およびデジタル変調信号を測定することができます。 順方向測定では、ピークおよび PEP パワー、クレスト係数、CCDF、バースト信号の平均パワー測定を可能にする 4MHz 帯域幅チャネル比較器 / 積分器回路も含みます。 逆方向の他の検波回路は、逆電力、反射係数、リターンロス、SWR などの逆電力測定が可能です。 センサーの信号管理電気回路、ADC、電源装置を伴うマイクロコントローラによって小型パワーメータとして動作します。

PC での動作
パワーセンサは、USB により Microsoft Windows® 搭載の PC で使用できます。 データ表示、解析、センサ制御用の PowerXpert™ アプリケーション (バージョン 2.1 以上) も付属します。 このソフトウェアによって PC は従来のパワーメーターと同様に機能します。 このソフトウェアは、すばやく正確な測定を可能にするデータロギング、パワー対時間グラフ、オフセットテーブルなど、様々な機能を備えています。

  • 広帯域周波数範囲 (350MHz~4GHz)
  • LTE、WCDMA/HSDPA、CDMA/EV-DO、WiMAX、TD-SCDMA などのすべての主要な移動体通信
    および通信周波数帯域をカバー
  • 順方向・逆方向測定
  • 広ダイナミックレンジの通過型ピークパワーセンサ
  • True-RMS 測定 (~150W)
  • スタンドアロン、低コスト、PC などに接続してすぐに使用可能
  • 高クレストファクタ信号の測定に理想的
仕様
 周波数範囲  350MHz~4GHz
 ダイナミックレンジ  2mW~150W (+3~51.76dBm)
 入力リターンロス  >29.5dB (<3GHz)、>26.5dB(<4GHz)
 測定の不確実さ  <3.8%
 RF コネクタ  N (F)
ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。