Skip to main content
MENU

DL 3CC CA 4x4 MIMO 256QAM測定において、2台のMT8821Cで業界初のソリューションを開発

2016/11/02
すべてのCCバンドや信号帯域幅等の自由自在な設定と1.2 GbpsのPhysical Throughput測定に対応

ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821C

アンリツ株式会社(社長 橋本裕一)は、ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821Cの機能を強化。2台のMT8821Cを連動させることで、業界で初めてすべてのコンポーネントキャリア[※1](CC)のバンドや信号帯域幅等の構成を自由に設定可能なDL 3CC CA[※2] 4x4 MIMO[※3] 256QAM[※4]RF受信性能評価[※5]を実現しました。本ソフトウェアは、アンリツのWebサイトからダウンロードできます。


[開発の背景]

携帯端末を利用した動画などの大容量通信を利用するサービスの急増に伴い、LTEをさらに高速化したLTE-Advancedの採用が世界各国の通信事業者で進んでいます。

LTE-Advancedでの高速化のキーテクノロジーとして、主に複数のコンポーネントキャリアを束ねるキャリアアグリゲーション(CA)や、複数のアンテナを使用して通信を行うMIMOが挙げられます。特に、最近はさらなるネットワークの高速化のために、多くの通信事業者でCAでの4x4 MIMOの導入が計画されています。

そこで、アンリツはネットワークの高速化に貢献すべく、MT8821CでDL 3CC CA 4x4 MIMO 256QAM のRF受信特性試験に対応しました。


[製品概要]

MT8821Cは、LTE-Advanced端末のRF送受信試験機能と擬似基地局機能を搭載した一体型テスタで、端末を通信状態にしたときの送受信特性試験を行うことができます。また、MT8821Cが端末をシグナリングで制御できることから、チップセットの種類により制御を変えることなく測定を行うことができ、測定環境構築に要するコストを削減することができます。


[ MT8821Cについてもっと詳しく ]


[対象市場・用途]

対象市場

チップセットメーカー、携帯端末メーカー、通信事業者

用途

チップセットや携帯端末のハードウェア開発、通信事業者の端末受入れ試験


[※用語解説]

[※1]コンポーネントキャリア
キャリアアグリゲーション(CA)を構成するキャリアのこと。1つあたり、最大20 MHzの帯域幅を持つ。CAは、複数のコンポーネントキャリア(LTE信号)を同時に使用することで、広い帯域を確保し、通信速度を向上させる技術。

[※2]DL 3CC CA
基地局から端末への通信(DL)において、3つのコンポーネントキャリアを束ねる技術。

[※3]MIMO: Multiple Input Multiple Output
複数アンテナを使用して同時にデータを送受信し、通信レートを高速化する技術。4x4 MIMOは、送受信で各4本のアンテナを使用する。

[※4]256QAM
デジタル変調方式の一種。位相が直交する2つの波を16段階の振幅で合成することにより、16×16の256通りのシンボルを利用して一度に8ビットの情報を伝送できる。

[※5]RF受信性能評価
例えば、受信感度点付近の低いレベルのダウンリンク信号を受信できるかを評価するReference Sensitivity Levelなど、端末の受信性能を評価する試験。 LTEの場合、3GPP TS 36.521-1 7章で規定されている試験項目。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。