Skip to main content
MENU

ネットワークマスタ プロ MT1000A機能強化(CPRI RFモジュール)

2016/09/28
LTE張り出し基地局の敷設評価を1台で実現
CPRI RFモジュール を販売開始

MT1000A_MU100040A

アンリツ株式会社(社長 橋本裕一)は、通信ネットワーク用測定器 ネットワークマスタ プロ MT1000Aの機能を強化し、新たに「CPRI RFモジュール MU100040A」を開発。9月28日から販売を開始いたします。

モバイル通信の拡大に伴い、各オペレータは無線アンテナ部分と伝送装置部分を分離した構造の基地局(張り出し基地局)を積極的に採用しています。張り出し基地局は鉄塔の根本、もしくは局舎内に設置された無線機器制御装置(BBU: Base Band Unit)と、鉄塔上部に設置された無線アンテナ機器(RRH: Remote Radio Head)を光ファイバで接続し、その通信をCPRI(Common Public Radio Interface)プロトコル[※1]で通信しています。この張り出し基地局を採用することにより1つのBBUで複数のRRHを制御できるようになるため、容易に基地局の数を増やすことができるようになりました。

しかし、RRHは鉄塔上部や、通常人が出入りしないところに設置されるため、RRHのメンテナンスやトラブルシューティングを行う場合、高所などでの危険な現場作業をともなうため時間と労力がかかっていました。

今回開発したMU100040Aを使用することにより、地上にいながらBBUとRRH間で通信されるCPRIプロトコルのIQデータ[※2]を検証することができます。これにより、BBUからのダウンリンク信号[※3]の解析やRRHからのアップリンク信号[※4]のモニタリングや干渉解析が行えます。つまり、危険な現場作業からの解放という時間とコストの削減を実現します。

さらに既存の10Gマルチレートモジュール MU100010AやOTDRモジュールMU100020A/MU100021A/MU100022Aと同時搭載することにより、上記CPRI RF測定に加えイーサネットなどの伝送品質測定や光ファイバの破断確認が1台のMT1000Aで行えます。

アンリツは、MT1000A用CPRI RFモジュール MU100040Aの販売を開始することにより、モバイルネットワークの回線建設・保守作業の効率向上に貢献いたします。


[開発の背景]

SNSやインターネットビデオの普及により、スマートフォン、タブレットなどの通信容量が増大しており、モバイルフロントホール[※5]モバイルバックホール[※6]の強化が進んでいます。

これにともない、より多くのデータ通信を可能にしたいという要求や運用コストを削減したいというニーズが高まり、無線装置から無線アンテナを光ファイバで切り離すという技術が確立し、張り出し基地局の普及が加速しています。

張り出し基地局の採用により、ネットワークの柔軟性が実現できるとともに、無線装置が設置される局舎の電力消費量の削減や信号劣化の大きい電気ケーブルの必要性の低下など総合的な運用コストを削減できます。特にアメリカでは広大な地域を1つのアンテナでサポートする必要があり、無線アンテナを容易に増設できることはネットワークの拡大において重要な意味を持っています。

一方、無線アンテナは鉄塔やビルの屋上など危険な場所に設置されることから、現場技術者は、高所に測定装置を持ち込む必要があり、危険で困難な作業に直面しています。

今回開発したCPRI RFモジュール MU100040Aを使用することにより、無線装置から無線アンテナの状況を確認できるようになり、より安全に作業を行うことができます。

アンリツは、これまで伝送品質試験用測定器として、ネットワークマスタ プロ MT1000AとMT1000A用測定モジュールである10G マルチレートモジュール MU100010Aを提供しています。また、光ファイバの品質試験として、OTDRモジュール MU100020A/MU100021A/MU100022Aを提供しています。今回、MT1000AのラインアップにCPRI RFモジュール MU100040Aが加わることにより、モバイルネットワークからメトロネットワークまでの建設・保守時に必要とされる試験を1台で実現できます。


[製品概要]

ネットワークマスタ プロ MT1000AのCPRI RFモジュール MU100040Aは、張り出し基地局、特に無線アンテナ部分の建設・保守用モジュールです。オプションを選択することで、地上から光ファイバのCPRIリンク経由でRFベースのLTEを測定できるようになり、鉄塔に登るなどの作業を削減することができます。MU100040Aは2つのSFPポートを備えており、CPRIスペクトラム[※7]、CPRIスペクトログラム[※8]SFPモジュール[※9]の状態監視、CPRIレイヤのL2アラーム[※10]、光強度の測定が可能です。


[ この製品をもっと詳しく ]


[主な特長]

■CPRI無線装置のLTEスペクトラムの表示

LTEのBBUとRRH間のCPRIインターフェースをモニタリングし、双方から送信されるIQデータを検証します。このIQデータからLTEスペクトラムを表示し干渉波の確認ができます。また、長時間のデータをまとめて表示するスペクトログラムもサポートしています。さらに2ポートを同時に使用し、アップリンク、ダウンリンクの双方を同時に確認できます。

■CPRIレイヤの確認

MU100040Aで使用するSFPモジュールの情報を読み取ることにより、正しい光モジュールが使用されているかを確認することができます。また、実際に通信しているCPRIインターフェースのアラーム情報をリアルタイムに表示することができ、通信装置の物理的な異常を確認することができます。

■伝送評価モジュール、光障害解析モジュールとの組み合わせ

MT1000Aは複数の測定モジュールを組み合わせることができます。10GマルチレートモジュールMU100010AやOTDRモジュールMU100020A/MU100021A/MU100022Aと組み合わせることでより汎用性の高い測定器にすることができます。MT1000Aを複数台所有している場合でも、必要に応じて組み合わせを変更できるため、運用コストの削減につながります。

[対象市場・用途]

対象市場

モバイルオペレータおよび基地局設置工事請負業者、通信事業者、ネットワーク工事会社、通信設備保守会社、通信設備建設会社

用途

張り出し基地局の建設・保守


[※用語解説]

[※1]CPRI(Common Public Radio Interface)プロトコル
無線基地局の主要な内部インターフェースである無線制御部と無線部間インターフェースの規格。光モジュールが使用され、有線での通信を行う。

[※2]IQデータ
無線信号の振幅および移送をI信号、Q信号に分け情報の符号化を行う。

[※3]ダウンリンク信号
プロバイダやデータサーバなどのネットワークの中心側(コアネットワーク)からPCなどの末端側へ向かう方向の信号。

[※4]アップリンク信号
スマートフォンやパソコンなどのネットワーク末端側からネットワークの中心側(コアネットワーク)へ向かう方向の信号。

[※5]モバイルフロントホール
無線基地局とアンテナ装置間のネットワークのこと。

[※6]モバイルバックホール
無線基地局と最寄りの交換局を繋ぐ有線ネットワークのこと。

[※7]スペクトラム
電気信号の特性を周波数領域で捉える方法。スペクトラムというのは、信号が持つ成分を周波数毎に分解し、横軸を周波数、縦軸を振幅(レベル)の大きさとしてグラフに表したもの。

[※8]スペクトログラム
スペクトラムの時間変化をグラフにしたもの。縦軸に周波数、横軸に時間、色でレベルを表示する。

[※9]SFPモジュール
Small Form-factor Pluggableの略。電気信号を光信号へ変換する。光トランシーバとも呼称され光ファイバを使った通信が可能。上位互換のSFP+モジュールでは、通信速度を10 GbEにも対応。

[※10]L2アラーム
データリンク層のアラームのこと。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。