Skip to main content
MENU

ネットワークマスタシリーズ MT1000A/MT1100A機能強化

2016/05/16

ネットワーク開通試験を1アクションで実現 ネットワークの建設・保守を容易に

自動試験機能の追加 MT1000A/MT1100A
シナリオ編集環境キット MX100003A

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、通信ネットワーク用測定器 ネットワークマスタプロ MT1000A/ネットワークマスタフレックス MT1100Aの機能を強化、MT1000A/MT1100Aの自動試験機能を実装しました。あわせてシナリオ編集開発キット MX100003Aを開発、5月下旬より弊社Webサイトから無償でダウンロードできるようにいたします。

MT1000A/MT1100Aは、イーサネット[※1]をはじめOTN[※2]SDH/SONET[※3]ファイバチャネル[※4]CPRI/OBSAI[※5]などさまざまな通信ネットワークの開通で使用される測定を1台でサポートするトランスポートテスタです。

通信ネットワークの開通現場ではBER測定[※6]スループット測定[※7]、遅延測定などさまざまな測定が要求されます。MX100003Aは、これらの測定手順を編集しMT1000A/MT1100A専用の自動試験ファイルを作成できます。この試験ファイルを使用すると、開通現場で試験項目や設定手順を追うことなく、測定開始から合否判定、レポート作成までをボタン1つで実施できます。さらに、1日で何度も同じ試験を行う場合も、事前に試験回数を指定でき作業者の操作ミスや試験漏れを防ぎ、作業負荷の軽減を実現します。

アンリツは、MT1000A/MT1100Aと共にMX100003Aを提供することにより、通信ネットワークの開設現場の作業軽減を実現し、高速ネットワークの円滑な普及に貢献いたします。


[開発の背景]

通信ネットワークは、通信事業者の携帯電話基地局設置や、データセンタ建設のための光ファイバ敷設などさまざまに広がっています。また、コア、メトロ、アクセス、モバイルバックホール、モバイルフロントホールなどに分かれ、それぞれで固有のネットワーク技術が使われています。このため複雑化した通信ネットワークは、開通作業者に高度なスキルを要求する結果となりました。

アンリツは、通信ネットワークの開通作業を1台で試験できる測定器としてMT1000A、MT1100Aを販売しています。すでにご購入いただいたお客様のために、開通試験時に起こる具体的なミスを軽減する方法として、自動試験機能を開発いたしました。

また、自動試験機能で使用する試験ファイルは、MX100003Aで容易に作成できます。対象のMT1000A/MT1100Aに試験ファイルをコピーすることにより、自動試験環境が構築され、作業者の操作ミス、試験結果のレポート作成など、現場作業の手戻りを防ぐことができます。MX100003Aは無償でダウンロードすることができるためMT1000A/MT1100Aを所有するお客様は、すぐに自動試験環境を構築、試験できます。


[製品概要]

MT1000AおよびMT1100Aの自動試験モードは、ソフトウェアバージョンv5.03以降から使用できす。MX100003Aを使用して作成したシナリオをMT1000AまたはMT1100Aへコピーすることにより、1クリックで自動試験が実施できます。

MX100003Aは、MT1000AおよびMT1100Aで行う試験ファイルを作成するソフトウェアです。GUIベースで試験ファイルを作成することができ、設備の結線などが必要な場合、写真や注意事項をあらかじめ試験ファイルに記載しておくことにより、現場作業者は迷わず試験ができる試験ファイルを作ることができます。また、試験結果の合否判定基準を試験ファイルに埋め込むことにより、作業者の負荷を削減できます。


[ この製品をもっと詳しく ]


[主な特長]

■測定作業の効率化

MX100003Aを使用して試験ファイルを作成することにより、従来、手動で行っていた現場での開通試験を1クリックで実行できるため、簡単に試験を行うことができます。このため、試験中の操作を単純化でき、試験結果の合否判定を自動で行うなど、作業者の負荷を大幅に削減できます。

[対象市場・用途]

対象市場

通信事業者、ネットワーク工事会社、通信設備建設・保守会社

用途

通信ネットワークの建設・保守作業


[※用語解説]

[※1]イーサネット
コンピュータネットワークの規格のひとつ。1秒間に送れる信号の数(ビットレート)により、イーサネット(1秒間に1000万ビット= 10 Mビット/秒)から、100ギガビットイーサネット(1秒間に1000 億ビット = 100 Gビット/秒)までが実用化されている。400ギガビットイーサネット(1秒間に4000 億ビット = 400 Gビット/秒)についても研究されている。

[※2]OTN:Optical Transport Network
光伝送技術の国際標準規格。強力なエラー検出・訂正機能と柔軟なフレーム構造を備えており、光ネットワークに広く利用される。

[※3]SDH/SONET:Synchronous Digital Hierarchy / Synchronous Optical NETwork
SDHは、国際的に統一されたデジタル伝送規格。SONETは、米国にて規定されたデジタル伝送規格であり、SDH とSONETは、相互接続ができる。

[※4]ファイバチャネル:Fibre Channel
コンピュータと外部記憶装置間でデータ転送するための伝送規格。

[※5]CPRI:Common Public Radio Interface
       OBSAI:Open Base Station Architecture Initiative

モバイル通信の基地局とアンテナ間で、大量のデータを高速に送受信するための通信規格。

[※6]BER測定:Bit Error Rate測定
信号に含まれるビットエラーの割合を測定すること。

[※7]スループット測定:Throughput Test
単位時間当たりのネットワークのデータ転送能力を測定すること。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。