Skip to main content
MENU

最新400GテストソリューションをFOE2016に展示

2016/04/05
シグナル クオリティ アナライザMP1800A、Teledyne LeCroy社, Coherent Solutions社による

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、Teledyne LeCroy社、Coherent Solutions社との共同による56 Gbaud[※1]16QAM[※2]の信号発生と解析技術を第16回光通信技術展FOE2016(2016/4/6-4/8 東京ビッグサイト アンリツブース:東1ホール 小間番号E30-23)に展示いたします。

今回展示するのは、アンリツのシグナル クオリティ アナライザ MP1800AとCoherent Solutions社のIQTransmitter、Teledyne LeCroy社の65 GHz LabMaster 10-65Zi-A高帯域リアルタイムオシロスコープを用いて構成したテストシステムであり、次世代400G光通信に向けた最新の光コヒーレント信号[※3]発生・解析技術を紹介します。


[技術背景]

データ通信トラフィックの増大により、コアネットワークやサーバの伝送速度はさらなる高速化が検討されています。この急激な伝送容量の拡張を実現するため、光ファイバ通信では、無線分野で実用化されているデジタル信号処理技術を応用したデジタルコヒーレント技術が採用されています。また、100G Ultra Long Haul[※4]伝送では、DP-QPSK[※5]の実用化が進展しています。

こうしたなか、さらなる大容量化に向けた伝送方式として、位相[※6]振幅[※7]方向に変調を行うQAM(Quadrature Amplitude Modulation)変復調方式が注目されており、研究開発が進められています。

アンリツとTeledyne LeCroy社、Coherent Solutions社は、この分野で協業しており、FOE2016で、次世代400G光通信の信号発生・解析技術に対応したテストシステムを出展します。


[テストソリューション概要]

測定構成は、400Gの光コヒーレント信号の発生、送信、受信、分析を可能とする最高性能機器により実現しています。シグナル クオリティ アナライザ MP1800Aと64Gbaud 2-bit DAC with MUX G0361Aにより生成した高品質な56Gbaud PAM4信号(112 Gbit/s)は、Coherent Solutions社のIQTransmitterにより、光16QAM信号へ変調されます。変調された光信号は、同社の新モジュレーション・フォーマット・インディペンデント オートバイアスコントロール(ABC)技術により、自動的な最適化と安定化を実現します。さらに、Teledyne LeCroy社の65 GHz LabMaster 10-65Zi-A高帯域リアルタイムオシロスコープは、70 GHz IQS70 コヒーレント オプティカル レシーバとOptical-LinQ Integrated OMAソフトウェアを搭載しているため、変調された光信号を正確に観測することができます。


[展示機器の特長]

シグナル クオリティ アナライザ MP1800Aは、高度な信号発生と信号性能の解析をサポートし、幅広いテストに対応した市場をリードするビットエラーレートテスタです。

本デモンストレーションにおいて、MP1800Aはデュアル2:1マルチプレクサを搭載する64Gbaud 2-bit DAC with MUX G0361Aと接続し、従来の高ビットレートPAM4信号[※8]発生時の課題であった機器構成とセットアップの複雑さを取り除くと同時に、機器コストも最小限に抑えることができます。

Coherent Solutions社の新しいIQTransmitterは、他にない40 GHzのRF帯域を提供し、完全な非パターン依存バイアス コントロールを行う、新モジュレータ オートバイアス コントロール回路を組み込んでいます。これは、16QAMなどのより高次の変調方式を調査する上で重要な機能です。

40 GHz IQTransmitterは、研究、開発、安定な製造用途で、コンポーネントやシステムのキャラクタリゼーションのためにコヒーレントな光変調信号を提供します。

Teledyne LeCroy社の光変調解析は、最高帯域性能と柔軟な分析機能により、業界最高の性能を提供します。70 GHz帯域IQS70コヒーレント光レシーバは、世界をリードするLabMaster 10Zi-AオシロスコープとOpticalLinQソフトウェアをシームレスに融合し、最も完全な光変調解析パッケージを提供しています。


[FOE2016のアンリツブースについて詳しくはこちらから]

[MP1800Aについて詳しくはこちらから]

[400GbEソリューションについてはこちらから]


[※用語解説]

[※1] Gbaud
Giga baudの略。baudは変調レートの単位。単位時間あたりの変調の回数として定義。

[※2] 16QAM
16-positions Quadrature Amplitude Modulationの略。4つの位相と4つの振幅の状態を組み合わせて合計16の状態(0000,0001,…,1110,1111)を作り、それぞれに符号を割り振ったデジタル変調方式。1回の変調で16の信号状態が得られるので、同時に4ビットの情報を伝送できる。

[※3] 光コヒーレント信号
周波数や波長がわずかに異なる複数の光を1本の光ファイバで大容量伝送することができる光の性質を利用した信号。

[※4] Ultra Long Haul
都市間などを結ぶ長距離伝送。

[※5] DP-QPSK
Dual Polarization Quadrature Phase Shift Keyingの略。大容量通信のために用いられる変調方式の一つ。

[※6] 位相
波の一周期を角度に置き換え、一周期中の位置を表す。波の始点を0度としたとき、一周期終了点が360度。

[※7] 振幅
1/0のデジタル信号を伝送する場合の電圧差。

[※8] ビットレートPAM4信号
4値のPulse Amplitude Modulation信号。1シンボルあたり4つのレベルで表現する信号。


Teledyne LeCroy社について

Teledyne LeCroy社は、複雑な電気信号を測定、分析、検証するための高度なテスト機器メーカです。同社は、Chestnut Ridge, N.Y.を拠点とし、さまざまなアプリケーションや市場で電気設計技術者向けに高性能オシロスコープとプロトコル テスト ソリューションを提供しています。詳しくはwww.teledynelecroy.comをご参ください。


Coherent Solutions社について

Coherent Solutions社は、信号発生からキャラクタリゼーションまでコヒーレント通信や測定機器を専門にしています。同社は、幅広い知識・経験・判断力をもったR&Dチームによって、高度なOEMとODMソリューションを提供します。

詳しくはwww.coherent-solutions.comをご参照ください。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。