Skip to main content
MENU

LTE-Advanced端末開発用MT8821CでBluetest社と協業

2015/06/30
3CC CA LTE-Advanced端末のOTA測定ソリューションを提供開始

ラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821C

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、スウェーデンBluetest社との協業により、3CC CA[※1]に対応したLTE-Advanced端末のOTA(Over The Air)測定[※2]における、新たな統合ソリューションを提供することを発表します。

本統合ソリューションは、アンリツのLTE-Advanced端末開発用ワンボックステスタであるラジオ コミュニケーション アナライザMT8821CとBluetest社の第5世代OTAリバブレーション測定システムRTS65から構成されます。

アンリツとBluetest社は、従来からOTA測定の分野で協業していましたが、これまでは、3CC CA LTE-Advanced端末のOTA測定を実施する場合、3台のラジオ コミュニケーション アナライザMT8820Cが必要でした。今回システムに組み込まれるラジオ コミュニケーション アナライザMT8821Cは、業界で初めて1台で3CC CAでの2x2 MIMO[※3]測定が可能なテストプラットフォームであり、これにより、OTA試験環境構築における設備コストの低減や省スペース化を実現しています。

使用周波数帯の増加やMIMOの高次化に伴い、携帯端末に実装されるアンテナ数は増加傾向にあり、OTA測定の重要性が高まっています。今後もアンリツは、MT8821Cを基盤にしたOTA測定ソリューションを提供し、携帯端末の開発効率向上に貢献してまいります。


[統合ソリューションの概要]


MT8821Cは、携帯端末のRF送受信試験機能と擬似基地局機能を搭載したワンボックステスタです。測定ソフトウェアとして、LTE-Advancedに加え、LTE、W-CDMA/HSPA、GSM/GPRS/EGPRS、TD-SCDMA/HSPA、CDMA2000® 1X/1xEV-DOを用意しており、1台のMT8821Cでセルラ方式の携帯端末のRF送受信測定や最大スループット測定などが行えます。

Bluetest社の第5世代RTS65リバブレーション測定システムとFlowソフトウェアプラットフォームは2015年4月に販売開始されました。操作性の良さ、柔軟性、革新性がこれまでよりさらに向上し、研究開発の生産性を高めるソリューションです。本総合ソリューションには、測定コンピュータが内蔵されタッチスクリーン・インタフェースがついているため、測定値の制御とモニタリングが簡単に行えます。

MT8821CとRTS65を利用することにより、RF送受信試験機能、擬似基地局機能、測定結果のモニタリング機能などを有する開発環境を構築でき、3CC CA LTE Advanced端末のOTA測定が効率良く行えます。

なお、アンリツのMT8821Cは、Bluetest社の従来世代のリバブレーションテストシステム(RTS60とBluetest Measurement Suite で構成)でもサポートされています。

「アンリツ、Bluetest共通のお客様からは、アンリツとBluetestの緊密な協力関係により、計測器の新製品の発売直後から統合されたテストソリューションのメリットが得られるとして、高く評価されています」(Bluetest社プロダクトマネージャ、Klas Arvidsson氏)。
「OTA測定に必要な最新技術をスムーズに移行するため、Bluetest社にMT8821Cへのアクセスを提供する必要があるのは明らかでした。また、Bluetest社には、これを機会に弊社のUL 2CC CA機能にも対応いただけるようになりました」(アンリツ ワイヤレススペシャリスト、Francois Ortolan氏)。


Bluetest社( Bluetest AB)について

Bluetest社(Bluetest AB)はワイヤレス機器や小型アンテナのOTA試験用リバブレーションテストシステム技術のパイオニアでマーケットリーダーです。Bluetest社の革新的な技術は、世界大手の携帯電話メーカ、通信事業者、アンテナメーカー、その他のワイヤレスソリューションメーカーに採用されてきました。詳しくはhttp://www.bluetest.seをご参照ください。


[ 用語解説]

[※1] 3CC CA :3 Component Carrier, Carrier Aggregation
3つのLTE周波数帯域を束ねてLTEを高速化する技術。

[※2] OTA測定:Over The Air測定
実際に電波を飛ばして携帯端末の総合的な送受信性能を測定すること。

[※3] 2x2 MIMO : 2x2 Multiple Input Multiple Output
MIMOは、複数のアンテナを使用して同時にデータを送受信し、データ通信を高速化する技術。
2x2 MIMOは、送受信で各2本のアンテナを使用する。


以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。