Skip to main content
MENU

ネットワークマスタプロ MT1000A機能拡張

2015/05/25

通信ネットワークのモバイルフロントホール試験機能を追加

ネットワークマスタ プロ MT1000A

アンリツ株式会社(社長 橋本裕一)は、通信ネットワーク用測定器(トランスポートテスタ)であるネットワークマスタプロ MT1000Aの機能を拡張。新たに、MT1000Aのソフトウェアオプションとしてモバイルフロントホール[※1]試験機能を開発。5月25日から販売いたします。

MT1000Aは、1.5 Mbps[※2]から10 Gbps[※3]までの通信ネットワークのBER測定[※4]スループット測定[※5]、遅延測定を可能とするトランスポートテスタです。

スマートフォン、タブレット端末の普及により、モバイルネットワークの伝送容量が激増しています。その伝送容量需要に応えるために、モバイルフロントホールと呼ばれるアンテナと基地局間は、従来の同軸ケーブル接続から、大容量通信が行える光ファイバと、CPRI、OBSAI[※6]といった新しい規格を使ったネットワークへ変化してきています。その伝送速度は、CPRI Ver.6.0で10.13 Gbpsになるなど高速化が進んでいます。

MT1000Aは、現在使われている規格に対応してきましたが、今回新たにCPRI、OBSAIモバイルフロントホール試験を可能としました。

本ソフトウェアオプションを追加することにより、1台のMT1000Aで、メトロネットワーク[※7]、モバイルネットワークなどネットワークの評価を全方位で行えます。

 

[開発の背景]

通信ネットワークには、イーサネット[※8]OTN[※9]SDH/SONET[※10]PDH/DSn[※11]ファイバチャネル[※12]といった、様々なネットワーク規格が存在します。通信ネットワークの開通・保守では、これらを1台で評価できるトランスポートテスタが必要です。

アンリツは2014年7月に、これらの評価に対応したネットワークマスタプロMT1000Aの販売を開始しています。

今回、MT1000Aの機能を拡張し、モバイル通信ネットワーク容量の激増に伴って導入が開始されているCPRI、OBSAIといった新しいモバイルフロントホールの試験機能を追加し、コアネットワークからモバイルフロントホールまでを全方位でカバーすることができるようになりました。CPRIでは、 Ver.6.0で定義されている10.13Gbpsに、クラス初で対応しました。

 

[製品概要]

ネットワークマスタプロMT1000Aは、1.5 Mbpsから10 Gbpsまでの通信ネットワークのBER測定、スループット測定を1台で行えるトランスポートテスタです。

今回MT1000Aの機能拡張を図り、新たにソフトウェアオプションであるモバイルフロントホール試験を追加しました。これにより、1台のMT1000Aで、メトロネットワーク、モバイルネットワークの評価など、ネットワークの評価を全方位で行えます。


[ この製品をもっと詳しく ]

 

[主な特長]

■1台で通信ネットワークの評価が可能
MT1000Aは、OTN、イーサネット、CPRI/OBSAI、SDH/SONET、PDH/DSn、ファイバチャネルに対応しています。これにより、1台のMT1000Aで、最新の光通信規格から既存のディジタル通信規格が混在する通信ネットワークのBER測定、スループット測定、遅延測定が行えます。

■通信ネットワークの運用状況診断が可能
MT1000Aは、通信ネットワークの診断機能を搭載しています。これにより、ネットワーク上で発生するエラーや帯域占有状況の確認、ネットワーク攻撃の検知、イーサネット信号の診断など可能。通信ネットワークのトラブルシューティングが効率よく行えます。

■クライアント信号でのOTN評価が可能
OTNは、クライアント信号[※13]と呼ばれるイーサネット、CPRI、SDH/SONET、ファイバチャネルを内包して長距離伝送できる通信システムです。MT1000Aは、上記クライアント信号を内部で生成し、OTN回線上で試験が行えます。これにより、実運用とほぼ同様の環境でのOTNの評価が可能となり、通信障害の原因がOTNもしくはクライアント信号にあるかの検証が容易に行えます。

■モバイルネットワーク評価が可能
スマートフォン、タブレット端末の普及によるモバイル通信ネットワークの激増により、アンテナと基地局間のモバイルフロントホールネットワーク、基地局間をつなぐモバイルバックホールネットワークの回線開通、保守作業が重要になってきています。MT1000Aは、同期イーサネット[※14]のような従来からあるモバイルバックホールのテスト機能に加え、今回の開発で、新たにCPRI、OBSAIといった、アンテナと基地局間で使われる規格までをサポートできるようになりました。ビットレートは、614 Mbpsから、同クラスのテスタで初となる10.13 Gbpsまでに対応しています。これにより、1台でモバイルネットワークの伝送評価が可能になりました。
また、今回の開発で、RFC6349, iperfに準拠したTCPスループット試験[※15]もサポートしたことにより、よりユーザに近いパフォーマンスを評価することが可能になりました。

■優れた携行性・操作性
MT1000Aは、小型かつ軽量でバッテリ駆動を実現しており、測定場所となる通信事業者の局舎に簡単に持ち運べます。また、視認性に優れた9インチの大型カラー液晶、タッチパネル操作、遠隔地からインターネットを経由してのリモート操作、2回線の独立同時試験などを実現しており、通信ネットワークの開通・保守における検証作業が効率よく行えます。
今回の機能拡張では、リモート操作の利便性を高め、MT1000A起動、操作、ファイル転送、ファームウェア更新までを遠隔地から行えるようになりました。また、複数ユーザが1台のテスタの各ポートを個別、同時に操作して、テスタを有効利用できるようになりました。

■用途に応じた機能拡張が可能
MT1000Aは、通信システムや通信速度の種別をオプション化し、ソフトウェアで提供しています。これにより、イーサネット構成に別途、OTN構成を追加するなど、機能拡張がソフトウェアの追加のみで行えます。

 

[対象市場・用途]

対象市場

通信事業者、通信ネットワーク工事会社、通信設備建設・保守会社

用途

通信ネットワークの開通・保守・トラブルシューティング

 

[ 用語解説]

[※1] モバイルフロントホール:Mobile Fronthaul
無線基地局とアンテナ装置間のネットワークのこと。

[※2] 1.5 Mbps:1.5  Mega bit per second
Mbpsは、データ伝送速度の単位。1.5 Mbpsは、1秒間に150万ビットのデータを伝送できる。

[※3] 10 Gbps:10  Giga bit per second
Gbpsはデータ伝送速度の単位。10 Gbpsは、1秒間に100億ビットのデータを伝送できる。

[※4] BER測定:Bit Error Rate Test
信号に含まれるビットエラーの割合を測定すること。

[※5] スループット測定:Throughput Test
単位時間当たりのネットワークのデータ転送能力を測定すること。

[※6]  CPRI:Common Public Radio Interface
       OBSAI:Open Base Station Architecture Initiative
モバイル通信の基地局とアンテナ間で、大量のデータを高速に送受信するための通信規格。

[※7] メトロネットワーク:Metro network
県単位等、地域内をカバーするネットワーク。県間等の広域をカバーするネットワークはコアネットワーク。

[※8] イーサネット:Ethernet
コンピュータネットワークの規格のひとつ。1秒間に送れる信号の数(ビットレート)により、イーサネット(1秒間に1000 万ビット= 10 M ビット/秒)、ファストイーサネット(1秒間に1億ビット = 100 M ビット/秒)、ギガビットイーサネット(1秒間に10億 ビット = 1 Gビット/秒)、10 ギガビットイーサネット(1秒間に100 億ビット = 10 G ビット/秒)などがある。

[※9] OTN:Optical Transport Network
光伝送技術の国際標準規格。強力なエラー検出・訂正機能と柔軟なフレーム構造を備えており、光ネットワークに広く利用される。

[※10] SDH/SONET:Synchronous Digital Hierarchy / Synchronous Optical NETwork
SDHは、国際的に統一されたディジタル伝送規格。SONETは、米国にて規定されたディジタル伝送規格であり、SDH とSONETは、相互接続できる。

[※11]  PDH/DSn:Plesiochronous Digital Hierarchy / Digital Signal level n
SDH/SONETが勧告されるより以前に日本、北米、ヨーロッパで採用されていたディジタル伝送規格。

[※12] ファイバチャネル:FibreChannel
コンピュータと外部記憶装置間でデータ転送するための伝送規格。

[※13] クライアント信号:Client signal
OTN上では、イーサネット信号、SDH/SONET信号、ファイバチャネル信号などさまざまな信号が伝送される。これらの信号の総称がクライアント信号である。

[※14] 同期イーサネット:Synchronous Ethernet
モバイルネットワークでは、アンテナ間を端末が移動する間に中断なく通信するためにイーサネット装置間を同期させるシステムが使われている。これを同期イーサネットという。

[※15] TCPスループット試験:TCP Throughput test
イーサネット通信のエンドユーザ間では、TCPというプロトコルが使われていることが多い。実際の通信では、通信業者が直接関わるイーサネット、IPの他に、エンドユーザ間でやりとりされるTCPの影響を受ける。TCPレイヤでのスループット試験をTCPスループット試験といい、よりユーザの感覚に近いネットワークパフォーマンスを評価できる。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。