Skip to main content
MENU

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンが光通信用計測器で協業

2015/04/01

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)とテレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社(代表取締役 原 直)は、日本国内において、4月1日から光通信用計測器の販売で協業することをお知らせいたします。

今回の協業により、アンリツは、テレダイン・レクロイ・ジャパンの超広帯域オシロスコープLabMasterを販売いたします。また、テレダイン・レクロイ・ジャパンは、アンリツのシグナルクオリティアナライザMP1800Aシリーズを販売いたします。

クラウドコンピューティングサービスの普及により、データ通信量は急速に増大しています。これにともない、100 Gbps超のネットワークの開発が進展し、電気信号の誤り率を測定するBER測定器と電気信号の時間的な変化をリアルタイムに観測するオシロスコープのニーズが高まっています。

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは、MP1800AシリーズとLabMasterを組み合わせた測定ソリューションの販売を開始することにより、次世代超高速ネットワークの実用化に貢献いたします。

テレダイン・レクロイ・インコーポレイテッド
副社長 アジア・パシフィック担当 スイ・リー

 日本は超高速の光通信技術においてもっとも高い技術を有する国の一つです。
テレダイン・レクロイでは日本の光通信技術において超広帯域のリアルタイムオシロスコープLabMasterのもっとも重要な市場の一つと考えています。また、PAM4や日々進捗する新しい光通信の技術において、技術者に送受信の信号を統一的に検証・解析ツールを提供できる事が重要であると考えてきました。
これらを実現させるため テレダイン・レクロイは日本をベースとしたテスト&メジャメントカンパニーであるアンリツ株式会社との協業を開始しました。これにより弊社の超広帯域のリアルタイムオシロスコープと共にアンリツのBERT MP1800Aを組み合わせて統一のテストソリューションとして日本の技術者に供給することが可能になりました。私たちはこれらの組み合わせが日本の光通信の技術者にとってベストなソリューションになると確信しております。

アンリツ株式会社
執行役員 計測器営業本部長 橋本 康伸

 アンリツは、光通信用計測ソリューションを長年にわたり提供しています。その中で重要な役割を担うものの1つに、超高速通信の品質評価に欠かせないパルスパターン発生器とビット誤り率試験器があります。
この分野がこれからOver100 Gbpsの時代へと向かう中、当社は、この度、テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社の超広帯域のリアルタイムオシロスコープと組み合わせる計測ソリューションを実現いたしました。両社の最先端技術を組み合わせるソリューションは、光通信の高速化や大容量データの処理能力発展に貢献できるものと考えています。

 

[ 製品情報はこちら ]

 

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。