Skip to main content
MENU

LTE-Advanced 3 キャリアアグリゲーション端末とのデータ通信に成功

2014/12/15

業界初

基地局シミュレータでLTE-Advanced 3 キャリアアグリゲーション端末とのデータ通信に成功

-     米Qualcomm Technologies社と共同検証 -

シグナリングテスタ(基地局シミュレータ) MD8430A

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、Qualcomm Technologies社(米国)との共同検証により、業界で初めて、LTE-Advanced[※1]の3 キャリアアグリゲーション機能[※2]を利用したデータ通信に成功したことをお知らせします。

共同検証は、Qualcomm Technologies社のLTE-Advanced 3 キャリアアグリゲーションモデムを搭載したモバイル通信端末とアンリツの基地局シミュレータであるMD8430Aと検証用のテストケースを作成するツールである ラピッドテストデザイナ(RTD)で行いました。

キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯を組み合わせ、より大きな帯域幅(電波の周波数の範囲)を作り出す技術であり、LTEをさらに高速化するLTE-Advancedの主要機能の一つとなっています。

現在、2 つの周波数帯を組み合わせ、下り(基地局からモバイル端末方向)最大300 Mbps、上り50 Mbps(モバイル端末から基地局方向)のデータ通信を可能とする2キャリアアグリゲーションの導入が世界各国で進展し始めていますが、下り450 Mbps、上り50 Mbpsの高速データ通信を可能とする3キャリアアグリゲーションの開発も本格化しています。

アンリツは、従来からQualcomm Technologies社のパートナーとして、同社の各種モデムの開発を支援しており、今回はLTE-Advanced 3キャリアアグリゲーションモデムのデータ通信の検証を実施。下り450 Mbps、上り50 Mbpsの高速データ通信に成功しました。

アンリツは、今回の共同検証の成果を活かし、MD8430AによるLTE-Advanced 3キャリアアグリゲーション試験ソリューションの商品化に注力してまいります。

 

[製品概要]

シグナリングテスタMD8430Aは、LTE/LTE-Advancedに対応するチップセットや端末の開発で必要となる基地局シミュレーション機能を有しています。ラピッドテストデザイナ(RTD)は、グラフィカルなユーザインタフェースにより、簡単な操作で検証用のテストケース(試験項目)を作成できるツールです。

MD8430AとRTDを組み合わせて利用することで、複雑な通信環境を柔軟にシミュレーション可能。モバイル端末の品質やパフォーマンス向上に最適な開発環境を構築できます。


[製品情報:シグナリングテスタMD8430A]
[製品情報:ラピッドテストデザイナ(RTD)]

 

[ 用語解説]

[※1] LTE-Advanced
世界規模で普及しているLTE(Long Term Evolution)をさらに高速化した移動通信システム。

[※2] 3 キャリアアグリゲーション機能
キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯を組み合わせ、より大きな帯域幅を仮想的に作り出すことが可能となる技術。無線通信システムでは、帯域幅が大きいほど高速に大容量のデータを伝送できる。例えば、ある通信事業者が20 MHz幅、10 MHz幅を持っていた場合、本技術により
30 MHz幅の連続した周波数の利用時と同等のデータレートを実現でき、最大通信速度や平均通信速度が向上する。
3キャリアアグリゲーションは、3つの周波数帯を利用し、下り450 Mbps、上り50 Mbpsの高速データ通信を可能とする。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。