Skip to main content
MENU

フロスト&サリバンよりVNA Price-to-Performance Leadership Award受賞

2014/10/28

低コスト・高性能のShockLineファミリーの革新性を評価

Frost-Sullivan-vna-pricevalue-leadership.jpg

 

アンリツ(社長 橋本 裕一)は、フロスト&サリバンよりベクトルネットワークアナライザ(VNA)市場における「2014 Price-to-Performance Leadership award」を受賞したことを発表いたします。賞の対象となった製品は、低コストで高性能なShockLine VNAファミリーです。

フロスト&サリバンは、「顧客価値卓越性評価」と「価格/パフォーマンス評価」を用いてVNAメーカーを格付けしています。

この評価において、フロスト&サリバンは、アンリツのVNA市場における需要・顧客ニーズへの深い理解、ブランド力、競合との差別化においてNo.1であるとし、ShockLineファミリーがパッシブデバイス試験を正確に行える性能を備えた低コストVNAのニーズに対応していることを評価しました。

賞の発表において、フロスト&サリバンは、下記コメントを発表しています。

「アンリツは、ShockLine VNAファミリーによって、ベクトルネットワークアナライザ市場の革新を続けています。ShockLineシリーズはスループットおよびコスト効率の向上というより優れた特長によって、パッシブデバイス試験を新たなレベルに引き上げました。アンリツのShockLineシリーズは、マイクロ波とミリ波周波数において優れた測定機能、スモールフォームファクタ、GUIおよびSCPIインターフェースを有するとともに、オンチップVNAアーキテクチャにより、ユーザーに大きな価値をもたらしています。既存のVNAに比べ、ShockLine シリーズは使いやすく、製造に必要なシングルエンド、ミックスモードのSパラメータ測定が簡単に行えます」。

Ajaiey Sharma(アンリツカンパニー プロダクトマーケティング・アンド・ビジネスディベロップメントディレクター)

アンリツは、数十年前にVNA市場の定義に関わって以来、VNAのイノベーション開発に尽力してきました。当社は、先進的な特許技術を開発・搭載したShockLine VNAファミリーで、計測器業界に一層の進化をもたらしました。今回の受賞は、ShockLineシリーズが試験コストの低下と市場投入の加速化が求められている今日、先例のない価格と性能を実現したことの証です。

 

[製品概要]

ShockLine VNAファミリーは、ShockLine MS46522Aシリーズ、Economy ShockLine MS46322A 2-port VNA(~40 GHz)、MS46524A 4-port VNAで構成され、差動試験とマルチポートデバイス測定に対応しています。3機種いずれもアンリツが特許を取得したショックラインのオンチップVNA技術を搭載。コンパクトな2U筐体にパッケージ化されており、製造、エンジニアリング、教育機関での試験用途に最適な低価格の製品です。


[製品情報:MS46522Aシリーズ]
[製品情報:MS46322A]
[製品情報:MS46524A]

 

<フロスト&サリバンについて>

フロスト&サリバン(http://www.frost.com)は、市場調査に基づいたコンサルティングを通じて企業の成長を支援する、成長戦略に特化した世界的なコンサルティング会社です。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。