Skip to main content
MENU

シグナリングテスタMD8475A機能強化

2014/02/26

スマートフォン/携帯端末の機能試験を自動で実現

SmartStudio Manager MX847503Aの販売を開始

シグナリングテスタ(基地局シミュレータ) MD8475A

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、シグナリングテスタMD8475Aの機能を強化。MD8475AとMD8475A用ソフトウェアであるMX847570Aを用いたスマートフォン・携帯端末の試験を自動で行える「SmartStudio Manager MX847503A」を開発。2月26日から販売いたします。

MD8475Aは、LTE、W-CDMAなど各種移動通信方式に基地局シミュレータ(擬似基地局)として動作します。併せて提供しているMD8475A用MX847570Aは、GUI[※1]上の操作で簡単に各種試験条件を設定できるMD8475A用ソフトウェアです。

今回開発したMX847503AとMX847503Aに添付している試験シーケンス[※2]を使用することにより、MX847570Aを搭載したMD8475Aと試験対象となるスマートフォン・携帯端末の遠隔制御が可能。リグレッション試験[※3]と消費電流測定が自動で行えます。

リグレッション試験や消費電流測定は、ファームウェア[※4]の更新時に都度行う必要があり、これまで長時間の作業が必要でした。

アンリツはMX847503Aの販売を開始することにより、スマートフォン・携帯端末の開発効率向上に貢献いたします。

 

[開発の背景]

モバイルブロードバンドサービスの多様化にともない、スマートフォンなど携帯端末の高機能化・多機能化が進展し、開発工程における試験の負荷が高まっています。

特に、ファームウェア更新時のリグレッション試験や各種アプリケーション使用時の消費電流測定は、さまざまな通信環境下で長時間にわたる作業が必要であることから、負荷の軽減が課題となっていました。

そこでアンリツは、MD8475Aの機能を強化。新たに、「SmartStudio Manager MX847503A」を開発しました。

今回開発したMX847503AとMX847503Aに添付している試験シーケンスを使用することにより、MX847570Aを搭載したMD8475Aと試験対象となるスマートフォン・携帯端末を遠隔制御でき、リグレッション試験や消費電流測定が自動で行えます。

 

[製品概要]

「SmartStudio Manager MX847503A」は、シグナリングテスタMD8475AおよびSmartStudio MX847570用PCソフトウェアです。MX847503Aと添付の試験シーケンスを使用することにより、MX847570Aを搭載したMD8475Aと被試験端末の動作を遠隔で制御可能。スマートフォン・携帯端末のリグレッション試験、消費電流測定を自動で行えます。試験項目ごとにMD8475A、スマートフォン・携帯端末を操作する必要がなく、開発効率向上に貢献いたします。


[ この製品をもっと詳しく ]

 

[主な特長]

■試験項目ごとの操作が不要
リグレッション試験や消費電流測定では、ファームウェア更新時に音声やパケットの発着信、SMS[※5]の送受信、ハンドオーバ[※6]時の動作検証など、さまざまな項目でスマートフォン・携帯端末の動作検証を行う必要があります。今回開発した「SmartStudio Manager MX847503A」と試験シーケンスを用いたテストシステムは、これらの試験が自動で可能。試験項目ごとに、MD8475A、スマートフォン・携帯端末を操作する必要がなく、リグレッション試験を効率よく行えます。

■試験シーケンスのカスタマイズが容易に可能
「SmartStudio Manager MX847503A」の試験シーケンスは、グラフィカルなフローチャートと機能ブロックの組み合わせとなっています。これにより、無線知識やプログラミング知識がなくても、カスタマイズが可能。用途に応じたシーケンスが簡易に制作でき、試験が行えます。

シグナリングテスタMD8475A

MD8475Aは、本体と各種通信方式に対応したハードウェア、ソフトウェアから構成され、複数の通信システムを1台のシグナリングテスタで試験できます。用途に応じて試験環境を構築でき、設備コストを最適化できます。

SmartStudio MX847570A
MD8475AにLTE被試験端末を接続するだけで、MD8475Aと被試験端末のインタラクティブな双方向動作を実現するソフトウェアです。基本的な通信条件及び試験に必要となるネットワークパラメータをGUI上の操作で設定できるため、複雑なシーケンスプログラムの作成が不要となり、試験環境構築に関わる工数の削減に貢献します。

 

[対象市場・用途]

対象市場

スマートフォン・携帯端末メーカー、チップセットメーカー、通信事業者

用途

スマートフォン・携帯端末のリグレッション試験、消費電流測定

 

[ 用語解説]

[※1] GUI:Graphical User Interface
ユーザに対する情報の表示にグラフィックを多用し、基礎的な操作をマウスなどのポインティングデバイスによって行うことができるユーザインターフェースのこと。

[※2] 試験シーケンス
MX847503A上で動作するMX847570Aやスマートフォン・携帯端末の制御を記述したもの。

[※3] リグレッション試験
ソフトウェアをバージョンアップした際、その変更によって予想外の問題が現れてないかを確認する試験。

[※4] ファームウェア
電子機器に組み込まれたコンピュータシステム(ハードウェア)を制御するためのソフトウェア。

[※5] SMSShort Message Service
携帯端末間で短い文字メッセージを送受信できるサービス。

[※6] ハンドオーバ
セル(1つの基地局がカバーするエリア)を超えて携帯端末が移動した際、新たなセルの基地局へのつなぎ替えをスムーズに行うこと。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。