Skip to main content
MENU

GPS・FM/Audio測定対応ユニバーサルワイヤレステストセットMT8870A発売

2013/01/23

スマートフォン/タブレット端末用通信コンボモジュールの評価を実現

ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、ユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aの測定機能を拡充。新たに、スマートフォン/タブレット端末で搭載される通信コンボモジュール[※1]のGPS機能、FM/Audio機能の評価を可能とするMT8870A用オプションを開発。1月23日から販売を開始いたします。

今回開発したオプションは、GPS機能用波形生成ファイル、FM/Audio機能用測定ハードウェアおよび測定ソフトウェアです。

すでに提供している無線LAN/Bluetooth測定構成のMT8870Aに上記オプションを搭載することにより、無線LAN機能/Bluetooth機能に加え、GPS機能、FM/Audio機能の評価も可能となります。これにより、スマートフォンやタブレット端末に搭載される通信コンボモジュールの製造において、最大4つのモジュールが1台のMT8870Aで同時に評価できます。

スマートフォン・タブレット端末のグローバルな普及にともない、通信コンボモジュールの生産が急増しています。

アンリツは、MT8870Aで、すでに提供している無線LAN、Bluetooth機能に加え、今回GPS機能およびFM/Audio機能に対応したことにより、通信コンボモジュールの生産性向上に貢献いたします。

 

[開発の背景]

スマートフォン/タブレット端末は、ユーザ利便性の向上や各種アプリケーションの充実の観点から、無線LANによるデータ通信やBluetoothを利用したヘッドセットなど各種周辺機器との接続に加え、GPSとリンクした高精度な位置情報や地図情報サービス、ラジオ聴取や音楽データの再生にも対応しています。

その一方、端末の小型化が要求されていることから、通信モジュールは、上記機能をワンパッケージ化したコンボタイプが主流となっています。

そこでアンリツは、通信モジュールの製造用計測器として提供しているユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aの測定機能を拡充。新たに、GPS機能、FM/Audio機能に対応したオプションを開発しました。

本オプションを無線LAN/Bluetooth測定構成のMT8870Aに追加することにより、1台のMT8870Aで最大4つの通信コンボモジュールの評価が同時に行えます。

 

[製品概要]

ワイヤレステストセットMT8870Aは、スマートフォン・タブレット端末に搭載される通信モジュールの製造用計測器です。

今回開発したGPS機能用波形生成ファイル、FM/Audio機能用測定ハードウェアおよび測定ソフトウェアは、MT8870A用オプションです。

すでに提供している無線LAN/Bluetooth測定構成のMT8870Aに上記オプションを搭載することにより、無線LAN機能/Bluetooth機能に加え、GPS機能、FM/Audio機能の評価も可能となります。

これにより、スマートフォンやタブレット端末に搭載される通信コンボモジュールの製造において、最大4つの通信コンボモジュールが1台のMT8870Aで同時に評価できます。


[ この製品をもっと詳しく ]

 

[主な特長]

■最大4つの通信コンボモジュールが柔軟に評価可能
MT8870Aは、測定モジュールを4セット搭載できます。これにより、最大4つの通信コンボモジュールが1台のMT8870Aで同時に評価できます。また、各測定モジュールは独立して制御可能であり、柔軟に試験が行えます。

■通信コンボモジュールのオーディオ信号評価が1台のMT8870Aで可能
MT8870AのFM/Audio測定機能は、通信コンボモジュールの製造ラインで汎用的に使用されているオーディオアナライザ(音声信号解析器)/オーディオジェネレータ(音声信号出力器)として動作します。アナログオーディオ信号に加え、デジタルオーディオ信号の標準的な伝送フォーマットであるI2S(Inter-IC Sound)方式[※2]に対応しており、1台のMT8870Aで通信コンボモジュールのアナログおよびデジタルオーディオ信号の評価が行えます。

■GPSの受信機試験に対応可能
通信コンボモジュールのGPS機能の受信評価では、試験信号が必要です。MT8870Aはベクトル信号発生器を内蔵しており、今回開発したGPS機能用波形生成ファイルを利用することにより、任意の波形パターンの信号を出力できます。これにより、GPS機能の受信感度やBER[※3]測定が行えます。

 

[対象市場・用途]

対象市場

通信モジュールメーカー

用途

通信コンボモジュールの製造

 

[ ※用語解説]

[※1] 通信コンボモジュール
複数の機能をワンパッケージ化した通信モジュール。スマートフォン・タブレット端末向け通信コンボモジュールは、無線LAN・Bluetooth機能、GPS機能、FM/Audio機能の搭載が主流となっている。

[※2]  I2S(Inter-IC Sound)方式
デジタル音声データを伝送するための方式。

[※3]  BER:Bit Error Rate
ビット誤り率。受信されたデータのビット列中に含まれる誤ったビットの比率。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。