Skip to main content
MENU

アンダーライターズ・ラボラトリーズがアンリツのLTEテストシステムを導入

2012/10/23

業界最多のテストケース認証取得を評価

 

アンリツ株式会社は、携帯端末をはじめとする各種通信機器の世界的な認証機関であるアンダーライターズ・ラボラトリーズ(以下UL社、イギリス)が、当社のLTEテストシステムを採用したことをお知らせいたします。

今回、同社が導入したアンリツのテストシステムは、RFコンフォーマンステストシステムME7873Lとモバイル端末テストプラットフォームME7834です。

ME7873LおよびME7834は、業界最多のLTEバンド[※1]をカバーし、GCF[※2]から業界最多のテストケース認証を取得しています。またPTCRB[※3]認証も取得していることに加え、フローティングライセンス[※4]やパラレル試験など独自の特長で試験機器の効率を最大化し、トータルの試験時間を短縮できることが評価され、UL社の試験設備として採用されました。

UL社はイギリスで最も充実したLTE試験設備を建設しており、アンリツのLTEテストシステムを用いて、世界各国のネットワーク事業者、メーカーに、LTE対応のスマートフォン・携帯端末やタブレットPC、チップセットなどのGCF/PTCRB認証試験サービスを提供します。

アンリツのLTEコンフォーマンステストシステムの採用について、UL社は次のコメントを発表しています。

・Head of Cellular Approvals, UL Verification Services Robert Graham

「LTEは最も進んだ第4世代のワイヤレス技術であり、今回の投資はイギリスおよび世界におけるLTEの普及に対応したものです。アンリツはLTEセルラー端末のコンフォーマンステストシステムで明らかに先行しており、テストケースのカバー範囲が最も広く、また顧客への責任ある対応に定評があり、採用を即決しました。」

Anritsu Director Marketing, Wireless Protocol Test Bob Kersey

アンリツは、最先端の計測技術とコスト削減を可能にするソリューションを提供することで、コンフォーマンス試験のマーケット・リーダーの地位を確立しています。さらに、LTEの次世代規格であるLTE-Advanced[※5]への対応など、新たな機能拡張に取り組んでいます。通信業界のお客さまに最先端の試験ソリューションを提供するという当社の使命を同じくするUL社と協業することができ、大変嬉しく思っています。

 

[製品概要]

■LTE RFコンフォーマンステストシステムME7873L
LTE端末のRF送信特性や受信特性、パフォーマンスなどが、3GPP規格に適合していることを確認するためのテストプラットフォーム。


[ 詳細はこちら]

■モバイル端末テストプラットフォーム ME7834
LTE端末の信号プロトコルが3GPP規格に適合していることを確認するためのテストプラットフォーム。


[ 詳細はこちら]

 

<アンダーライターズ・ラボラトリーについて>

アンダーライターズ・ラボラトリーは、100年以上の歴史を持つ世界的な安全認証機関です。46カ国に展開し、約9000人が働いています。製品の安全性、環境、健康、認証サービスおよびナレッジサービスの5つの事業分野で顧客と一般社会のニーズに対応し、安全の推進に貢献しています。同社のグループ企業および95の研究所ネットワーク・試験認証施設についての詳しい情報は下記をご参照ください。

http://japan.ul.com/

 

[ ※用語解説]

[※1] LTEバンド
LTEが運用される周波数帯域。このバンドは通信事業者により異なる。

[※2] GCF:Global Certification Forum
携帯端末のグローバルな相互接続性(Interoperability)を保証するため、ネットワークでの運用基準や携帯端末の認証試験基準を定めている団体。GCFにより承認された測定システム、測定項目は、そのテスト性能(測定手順、測定確度)が、携帯端末用認証試験で要求される条件に適合するものとして保証される。

[※3] PTCRB:PCS Type Certification Review Board
GCFと同様に、携帯端末のグローバルな相互接続性を保証するため、ネットワークでの運用基準や携帯端末の認証試験基準を定めている団体。北米で使用されている周波数帯を対象としている点でGCFと異なる。

[※4] フローティングライセンス
ソフトウェアのライセンス形式の一つ。フローティングライセンスでは、購入ライセンス数を超える装置にソフトウェアをインストール可能であり、同時に利用する装置の数がライセンス数を超えない限り、自由に利用することができる。

[※5] LTE-Advanced
LTEをさらに高速化し、静止/低速移動時で最大1 Gbps、高速移動時で最大100 Mbpsを目指している次世代無線通信規格。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。