Skip to main content
MENU

マルチシステム対応無線通信モジュールの送受信性能評価を1台で実現

2012/09/19

ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A

送受信テストモジュール MU887000A
測定ソフトウェアMX8870xxA/波形ファイルMV8870xxA

ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870A

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、無線LANや移動通信規格などマルチシステムに対応した無線通信モジュールの送受信性能評価を1台で可能とするユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aおよび送受信テストモジュールMU887000A、測定ソフトウェアMX8870xxA、波形ファイルMV8870xxAを開発。9月19日から販売いたします。

MT8870AにMU887000A、MX8870xxA、MV8870xxAを搭載することで、最新の無線LAN規格であるWLAN IEEE802.11ac[※1]Bluetooth[※2]などの近距離無線通信規格、LTE-FDD[※3]W-CDMA/HSPA[※4]CDMA2000[※5]などの移動通信規格に対応したマルチシステムの無線通信モジュールの送受信性能評価が1台の計測器で行えます。

 スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末は、LTE-FDD、W-CDMA/HSPA、CDMA2000など各種移動通信規格に加え、無線LANやBluetoothなどの近距離無線通信規格にも準拠したマルチシステムが主流となっており、通信モジュールの製造現場ではこれら複数の無線通信規格に対応した計測器が必要とされています。

アンリツは、1台の計測器でマルチシステム対応無線通信モジュールの送受信性能評価を可能としたことにより、生産性向上、製造ラインの省スペース化、設備コスト削減に貢献いたします。

 

[開発の背景]

モバイルデータトラフィックの急増やユーザーの利便性向上の観点から、スマートフォンやタブレット端末では、無線LANを経由したインターネットアクセスやBluetoothを用いたハンズフリー通話など、近距離無線通信システムの活用が進展しており、端末に搭載される無線通信モジュールもマルチシステムとして開発されています。

このため、上記モジュールの製造では、複数の移動通信/無線通信規格に対応した計測器が必要ですが、従来は個々の専用計測器を用いる必要があったことから、生産設備が大規模になるとともに、測定効率の低下が課題となっていました。

そこでアンリツは、マルチシステム対応無線通信モジュールの製造用計測器として、新たにユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aおよび送受信テストモジュールMU887000A、測定ソフトウェアMX8870xxA、波形ファイルMV8870xxAを開発いたしました。

MT8870AにMU887000A、MX8870xxA、MV8870xxAを搭載することにより、最新の無線LAN規格であるWLAN IEEE802.11acやBluetoothなどの近距離無線通信規格、LTE/W-CDMA、CDMA2000などの移動通信規格に対応したマルチシステムの無線通信モジュールの送受信性能評価が1台の計測器で行えます。

 

[製品概要]

今回開発したテストシステムは、ユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aおよび送受信テストモジュールMU887000A、測定ソフトウェアMX8870xxA、波形ファイルMV8870xxA から構成されます。

MU887000A、MX8870xxA、MV8870xxAを搭載したMT8870Aに試験対象となる無線通信モジュールを接続することにより、送受信性能評価で必要となる送信パワーや変調[※6]精度測定、受信感度測定が行えます。


[ この製品をもっと詳しく ]

 

[主な特長]

■マルチシステム対応無線通信モジュールを1台で評価可能
MU887000A、MX8870xxA、MV8870xxAをインストールしたMT8870Aは、近距離無線通信規格であるWLAN IEEE802.11ac/WLAN IEEE 802.11abgn[※7]、Bluetooth、移動通信規格であるLTE-FDD、W-CDMA/HSPA、CDMA2000、GSM/EDGE[※8]に対応しており、マルチシステムの通信モジュールが評価できます。

■計測器導入コスト削減が可能
MU887000Aは、無線通信規格に対してフレキシブルに対応可能なテストポートを4つ備えていることから、1台の計測器でマルチシステム対応無線通信モジュールの評価が行えます。また、MT8870Aには4セットのMU887000Aの搭載が可能であり、最大16種類の通信モジュールの評価が行え、計測器の導入コストを削減できます。

■最新無線LAN規格で要求されている160 MHz の帯域幅を実現
モバイル回線のデータオフロード[※9]として期待されている無線LANは、帯域幅の広帯域化が進展しており、最新規格であるWLAN IEEE802.11ac では160 MHzの帯域幅で運用されます。MU887000Aは160 MHzの帯域幅で測定が可能であり、WLAN IEEE802.11acの送受信性能を評価できます。

 

[対象市場・用途]

対象市場

各種無線通信モジュールメーカー、EMS企業

用途

無線通信モジュールの送受信性能評価

 

[ ※用語解説]

[1]  WLAN IEEE802.11ac
1Gbps超の高速データ通信を可能とする最新の無線LAN規格。

[2] Bluetooth
近距離無線通信規格の一つ。数m程度の範囲で、音声やデータ通信を行う。

[3] LTE-FDD
LTE(Long Term Evolution)は、下り(基地局から端末方向)100 Mbps以上/上り(端末から基地局方向)50 Mbps以上の通信を可能とする高速移動通信システム。LTE規格には、FDD方式とTDD方式の2つがある。LTE FDDは使用する周波数帯域を送信用と受信用に分割し、同時に送受信する方式である。なお、TDD方式は、送信信号と受信信号を同じ周波数で短い時間間隔で分割し、交互に伝送する。

[4] W-CDMA/HSPA
W-CDMA(Wide Band Code Division Multiple Access)は、第3世代携帯電話規格の一つ。高速移動時144 kbps、歩行時384 kbps、静止時2 Mbpsのデータ伝送を可能とする。HSPA(High Speed Packet Access)は、W-CDMAを高速化した規格。下り最大14.4 Mbps、上り最大5.76 Mbsでのデータ通信を可能とする。

[5] CDMA2000
CDMA2000(Code Division Multiple Access 2000)は、第3世代携帯電話規格の一つ。主にアメリカ、アジアで普及している。

[6] 変調
無線通信システムでは、情報を電気信号に変換して伝送する。この電気信号を電波に乗せるための処理を変調と呼ぶ。

[7] WLAN IEEE 802.11abgn
無線LAN規格。WLAN IEEE 802.11aは5 GHz帯で運用されており約54 Mbpsの伝送速度を有する。WLAN IEEE 802.11bは2.4 GHz帯で運用され最大11 Mbsの伝送速度を有する。IEEE 802.11gは11b同様2.4 GHz帯であるが、約54 Mbpsの伝送速度である。WLAN IEEE 802.11nは100 Mbps以上の高速通信を可能とする。

[8] GSM/EDGE
GSM(Global System for Mobile Communications)は、 欧州で規格が統一された第2世代の携帯電話機規格。世界的に最も普及している。EDGE(Enhanced Data Rates for GSM Evolution)は、GSMを用いたデータ通信規格。

[9] データオフロード
無線LANや携帯端末向けのマルチメディア放送などのネットワークを用いて、携帯端末でインターネットアクセスを行い、モバイル回線の負荷を低減する手法。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。