Skip to main content
MENU

業界初 LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション機能の検証を実現

2012/09/03

シグナリングテスタMD8430A機能強化

「キャリアアグリゲーションオプション MD8430A-085」の販売を開始

シグナリングテスタ(基地局シミュレータ) MD8430A

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、シグナリングテスタMD8430Aの機能を強化。業界で初めて、LTE-Advanced(注)キャリアアグリゲーション機能[※1]の検証を可能とする「キャリアアグリゲーションオプションMD8430A-085」を開発。9月3日から販売いたします。

LTE-Advancedは、キャリアアグリゲーション機能により、LTEをさらに高速化した次世代移動通信システムです。

MD8430Aに今回開発したMD8430A-085を搭載することにより、MD8430AがLTE-Advancedの擬似基地局として動作し、キャリアアグリゲーション機能の検証で必要とされている符号・復号[※2]試験やプロトコル[※3]試験、スループット[※4]性能評価が行えます。 

LTE-Advancedは、早期商用サービス開始に向け、研究開発が活発化しています。

アンリツは、業界で初めて基地局シミュレータでキャリアアグリゲーション機能に対応したことにより、LTE-Advanced端末、チップセットの開発促進に貢献いたします。

注:LTE-Advanced

世界規模で普及しているLTE(Long Term Evolution)をさらに高速化した次世代移動通信システム。現在3GPP[※5]で国際標準規格の策定が進められている。

 

[開発の背景]

定額制のデータ通信サービスやクラウドコンピューティング[※6]の普及にともない、スマートフォンやネットブック、USBタイプのデータ通信端末など、各種モバイル端末のLTE対応が進んでいます。

その一方、映像や動画などリッチコンテンツの利用拡大により、モバイル回線のさらなる高速大容量化が必須となっています。

この対応策として研究開発が本格化しているのが、LTE-Advancedです。LTE-Advancedは、キャリアアグリゲーション機能により高速データ通信を実現することから、本機能の検証を可能とする基地局シミュレータが強く求められています。

そこでアンリツは、シグナリングテスタMD8430Aの機能を強化し、「キャリアアグリゲーションオプションMD8430A-085」を開発しました。

本オプションを搭載したMD8430Aを使用することにより、業界で初めて、LTE-Advancedのキャリアアグリゲーション機能の検証が可能となります。

 

[製品概要]

「キャリアアグリゲーションオプション MD8430A-085」は、シグナリングテスタMD8430A用オプションです。MD8430A本体にインストールすることにより、LTE-Advancedの擬似基地局として動作し、キャリアアグリゲーション機能の符号・復号試験やプロトコル試験、スループット性能評価などが行えます。

本MD8430Aを使用することにより、エンジニアの机上にLTE-Advanced対応の擬似ネットワークを構築できます。実基地局では困難な通信環境も構築できることから、さまざまな条件下でLTE-Advancedのキャリアアグリゲーション機能の検証が行えます。


[ この製品をもっと詳しく ]

 

[対象市場・用途]

対象市場

通信端末メーカー、チップセットメーカー、通信事業者など

用途

LTE-Advanced携帯端末・チップセットのキャリアアグリゲーション機能の検証

 

[ ※用語解説]

[1] キャリアアグリゲーション機能
キャリアアグリゲーションは、複数の割当周波数を組み合わせ、より大きな帯域幅(電波の周波数の範囲)を仮想的に作り出すことが可能となる技術。無線通信システムでは、帯域幅が大きければ大きいほど、高速に大容量のデータを伝送できる。例えば、ある通信事業者が20MHz幅、10MHz幅を持っていた場合、本技術により30MHz幅の連続した周波数の利用時と同等のデータレートを実現でき、加入者が通信するピーク速度や平均速度が向上する。

[2] 符号・復号
音声や文字などを、通信で用いるデジタル信号へと変換する処理を符号化という。符号化した情報を音声や文字に戻す処理を復号化という。

[3] プロトコル
規格で定められた端末とネットワーク間の通信手順。

[4] スループット
単位時間あたりのデータ転送量のこと。移動通信分野では、基地局と携帯電話端末間でのデータ通信における実質的なデータ転送速度を示す。

[5] 3GPP3rd Generation Partner Project
第3世代移動通信方式の標準を策定するためのパートナーシップ・プロジェクト。LTE-Advancedの国際標準規格を策定している。

[6] クラウドコンピューティング
ネットワーク経由で様々な通信サービスを提供するコンピューティング形態。モバイル端末の利用者は、高速無線通信回線を用いたインターネット経由で、ネットワーク側で実行される多様かつハイ・パフォーマンスなサービスを享受することができる。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。