Skip to main content
MENU

LTE RFCTシステムME7873Lが業界で初めてR&TTE承認を取得

2010/02/04
LTE用RFコンフォーマンステストシステム ME7873L

LTE RF コンフォーマンステストシステム ME7873L

 

アンリツ株式会社は、LTE用RFコンフォーマンステストシステムであるME7873Lが、次世代移動通信規格であるLTEの試験機能について、R&TTE(Radio equipment and Telecommunications Terminal Equipment)認証を業界で初めて取得したことを発表いたします。

概要

R&TTE指令とは、ETSI(欧州電気通信標準化協会)によって制定され、通信端末機器(Telecommunications Terminal Equipment :TTE)や無線機器の送受信特性が、欧州の無線法規制を満足していることを確認するための規格です。
このR&TTE指令の要求する条件に適合したLTE端末は、欧州のあらゆる地域での使用が可能になります。


今回アンリツのME7873Lの性能(測定手順、測定確度)が、LTE端末用測定システムとして要求される条件に適合していることが、欧州の認定機関によって認証されたことにより、ME7873Lで測定し合格したLTE端末は、R&TTE指令の要求条件に適合していることが保証されることとなります。


ME7873Lは、お客様のニーズに合わせ、TRx、Performance、RRMの構成を自由に組み合わせることが可能で、W-CDMA RFCTシステム ME7873Fからのアップグレードも可能です。


ME7873Lは、R&TTEの試験項目に加え、LTE RF/RRM コンフォーマンステスト規格である3GPP TS36.521-1/3のテスト項目の一部に既に対応しており、今後、GCF/PTCRBで要求されるWI(Work Item)の認証を速やかに取得し、GCF/PTCRB におけるLTE端末認証の早期開始および促進に貢献していきます。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。