Skip to main content
MENU

マイクロウェーブ展2014

2014/12/10 - 2014/12/12 , パシフィコ横浜 展示ホールD 小間番号C-31

アンリツは、マイクロウェーブ展2014に出展します。

 


出展企業セミナー、ブース内プレゼンテーションも行います。

公式サイトはこちら


===出展製品===

  ミリ波測定ソリューション

  2ポート、または4ポートのオンウェハデバイスの特性評価に効果を発揮する小型・軽量のミリ波モジュール、高い安定性を備えた広帯
  域ベクトルネットワークアナライザ ME7838Dをご紹介します。



MS4640B
ベクトルネットワークアナライザ
MS4640Bシリーズ
onwafermodule
オンウェハモジュール
    ● 70 kHz~110 /125 /145 GHzの広帯域周波数スパン
  ● 145 GHzで94 dBのダイナミックレンジ性能
  ● 校正頻度を減らすことにより、試験時間を短縮
  ● リアルタイムパワーレべリングを実現した唯一の広帯域VNAシス
     テム
  ● 0.8 mmのテストポートコネクタを採用
 

140 GHzスペクトラムアナライザ
(ニュースリリースへリンク)
 
   ※世界初のプリセレクタ搭載140 GHzスペクトラムアナライザも参考展示します。

 

  パッシブコンポーネントテストソリューション

  RFおよびマイクロ波のパッシブコンポーネント開発・製造におけるコスト削減、省スペース化を実現するシンプルで経済的なベクトルネット
  ワークアナライザShockLine VNA(MS46322A、MS46522A、MS46524A)をご紹介します。


MS46524A
ベクトルネットワークアナライザ
MS46524A


    ● パッシブ1ポート /2ポート /3ポート /4ポートデバイスのSパラメータ、
     タイムドメイン特性、差動Sパラメータを測定可能
  ● ディスプレイとキーボードをオプションとし、従来に比べ大幅な低コ
     スト化を実現
  ● 設置場所を選ばない2Uのボディで、生産ラインや研究施設への導
     入が容易
  ● リモート制御が行える、LANインタフェースを装備

  パルス圧縮(チャープ)レーダ測定ソリューション     マイクロ波のデバイス・コンバーターのNF測定ソリューション

  チャープ信号の発生および解析の測定器をご紹介します。


   スペクトラムアナライザによるNF測定をご紹介します。

MS2830A
スペクトラムアナライザ/ シグナルアナライザ
MS2830A
MG3690C
RF/ マイクロ波信号発生器
MG3690C
ML2496A
ピークパワーメータ
ML2496A


  ● チャープ信号発生機能を持つ信号発生器
  ● チャープ信号の時間-周波数変化をモニターする機能を持つ
     シグナルアナライザ
  ● バースト信号のパワーを測定する機能を持つピークパワーメータ

  ● Yファクタ法によるNF測定機能を持つスペクトラムアナライザ
  ● AMPモードおよびConverterモードに対応
  ワイヤレステストソリューション

  M2M無線ネットワーク試験に対応
 
  920 MHz帯の無線モジュール評価が自動で行えます。
  
  プロトコル試験と報告書作成を自動実行します。
  Wi-SUN対応デバイス・モジュールのプロトコル試験をサポート
  します。

Wi-SUN認定取得


CE7051A
Wi-SUNプロトコルテストセット
CE7051A
ME7050A
Wi-SUN PHYテストシステム
ME7050A


  1台でアナログ/デジタル両方の無線機テストに対応

 
  アナログ無線機の送受信試験を初め、新スプリアス測定や
  デジタル無線機の送受信試験にも対応可能です。

  詳しくは…
  アナログ業務用無線機テストソリューション

MS2830A
スペクトラムアナライザ/ シグナルアナライザ
MS2830A


 
  マイクロ波回線保守から妨害波探索まで  フィールド測定ソリューション

  9 kHz~43 GHzをカバーするスペクトラムアナライザ、新型マイクロ波サイトマスタによるマイクロ波回線保守ソリューション、妨害波探索、
  ハンドヘルドVNAなどハンドヘルド測定器によるソリューションをご紹介します。


MS2720T
スペクトラムマスタ
MS2720T
MS2712E
スペクトラムマスタ
MS2712E
S820E
マイクロ波サイトマスタ
S820E
MS2038C
VNAマスタ
MS2038C

 



  ===出展企業セミナーのご案内===

  タイトル: 「小型・超広帯域(70 kHz~145 GHz)モジュールによるデバイス特性化技術」  

  日時:   12月10日(水)12:30~13:15
  場所:   展示ホールD Room6 出展企業セミナー会場
  
  ★  事前登録不要・聴講無料

    詳細はこちら
    (マイクロウェーブ展公式サイトへリンク)
 

 

  ===ブース内プレゼンテーションのご案内===

  タイトル: 「70 kHz~145 GHzの測定を実現した最新のコネクタ及びVNAテクノロジーの紹介」

  アンリツのブース内で、10分程度のプレゼンテーションを行います。
  
  日時 :   会期中毎日   11:00、12:00、14:00、15:00、16:00 


以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。