Skip to main content
MENU

Inter BEE 2013

2013/11/13 - 2013/11/15 , 幕張メッセ ホール6 小間番号6201

===出展製品=== 公式サイト誘導画像
公式サイトはこちら

  ISDB-T関連の変調解析試験に最適  
  トップクラスの測定スピードを持つスペクトラムアナライザ

MS2830A画像
スペクトラムアナライザ/
シグナルアナライザ
MS2830A

  ●  周波数: 9 kHz~3.6/6/13.5/26.5/43 GHzをカバー
●  ミドルロークラスの価格で、ワンランク上のダイナミックレンジ
●  ISDB-T、Tmmの変調解析の新デファクトスタンダード
●   面倒なスプリアス追い込み試験も標準装備

  ISDB-T~携帯マルチメディアまで  
  160MHz帯域幅まで対応可能な最新ベクトル信号発生器

MG3710A画像
ベクトル信号発生器
MG3710A
  ●  周波数: 100 kHz~2.7/4/6 GHzをカバー
●  広帯域 160 MHzのベクトル変調回路を標準装備
●  Dual-RFにより 1台で 2つの独立したRF出力を内蔵可能
●  アンリツオリジナルの「ベースバンド加算機能」により
     1つのRFから2つの変調信号を合成/出力

  TTLやSTL回線保守に最適  
  バッテリ駆動の高性能ハンドヘルドスペクトラムアナライザ

MS2720T画像
スペクトラムマスタ
MS2720T
  ●  周波数: 9 kHz~9/13/20/32/43 GHzをカバー
●  小型・バッテリー動作で山間部やビル上の鉄塔などへも持ち運びが容易
●  USBパワーセンサを接続すれば電力測定も1台で可能

  地デジの変調解析からBER測定まで   
  バッテリ駆動のハンドヘルドスペクトラムアナライザ

MS2712E画像
スペクトラムマスタ
MS2712E/13E
  ●  周波数: 9 kHz~4/6 GHzをカバー
●  MS8911A/BのISDB-T測定機能を、より小型で安価な
     MS271xEに組み込み、さらにBER測定機能にも対応
●  地デジ測定のフィールド用測定器の新デファクトスタンダード

  光ファイバ敷設、保守のオール・イン・ワン・テスタ  

MT9082画像
アクセスマスタ
MT9082シリーズ
  ●  小型筐体にOTDR、光源、光パワーメータ、可視光源、
     ファイバ端面検査機能を搭載可能
●  最大 1×128分岐の PON システムにおいてスプリッタ越え測定が可能
●  ダイナミックレンジ 45 dB で 200 km を超える光ファイバの測定が可能
●  0.8 m以下の短デッドゾーンで短距離の光ファイバの解析性能を向上
●  優れたリアルタイム測定性能、マーカ配置方式による波形解析を実現

  光ファイバの故障位置が一目で分かる簡単テスタ  

MU909014x
ネットワークマスタ/ファイバメンテナンスモジュール
MT9090A[MU909014A1/B1/C/C6/15B1]
  ●  ハンディタイプで長距離測定、短デッドゾーンを実現
●  初心者でも簡単に操作でき、故障位置もビジュアル的に見やすく表示
●  小型・軽量 (約700g)、 単3アルカリ乾電池でも動作可能
●  光パワーメータおよび可視光源を標準搭載、
     光ファイバスコープを接続し端面検査も可能
●  Bluetooth®/Wi-Fi/Ethernet接続機能を搭載
     Bluetooth®ワードマークとロゴはBluetooth SIG、Incの所有であり、
      アンリツはライセンスに基づきこのマークを使用しています。

  光でつなぐならこの一台。 4K、8Kなどの高精細映像伝送評価を1台で  

MP2100A
BERTWave (BERT、サンプリング・オシロスコープ)
MP2100A
  ●  BER測定、Eyeパターン、ジッタ解析が1台で実現。片手で持ち運べ、コンパクト
●  BER測定: ビットレート 125 M~12.5 Gbit/s
●  サンプリングオシロスコープ測定: 100 M ~12.5 Gbit/s
●  電気/光インタフェースの伝送特性評価(BER測定、Eyeパターン測定、ジッタ解析)に最適


以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。