Skip to main content
MENU
O/E Calibration Module MN4765A

O/E 校正モジュール

MN4765A
この製品は製造中止となっております。 代替品の形名: MN4765B
概要
  • 高速かつ高確度な光電子測定: MS4640B VectorStar シリーズ VNA で、MN4765A モジュールを使用して校正すると、E/O と O/E のコンポーネントおよびサブシステムの誤差が補正された伝達関数、群遅延、リターンロスの測定が可能です。
  • 米国立標準技術研究所(NIST)が引き出した 65GHz までの特性化: 振幅と位相の特性化は、NIST が特性化した一次標準を使用してアンリツ校正ラボで取得しました。その振幅と位相のデータは、フロッピーディスクに入ってこのモジュールに同梱されます。
  • 温度安定性: MN4765A は熱的に安定化され、温度によるフォトダイオードの性能に影響を与えるドリフトを除去します。
  • 内部バイアス: フォトダイオードへの正確なバイアス電圧が内部的に維持されます。操作を容易にするため、多国対応の外部 AC アダプタが含まれています。
  • 高い直線性: 50GHz で<0.5dB、65GHz で<1dB の伝達関数測定の不確かさのために、線形動作範囲は、+6dBm までです。
  • 高い応答性: 0.7A / W (代表値)
MN4765A は特性化され、増幅されていないフォトダイオードのモジュールです。これは 65GHz までの変調器 (E/O)、受光器 (O/E) 両方の高確度で安定した光電子測定を実行するため、光受信機としてアンリツ MS4640B VectorStar シリーズ VNA に使用されます。MN4765A は InGaAs フォトダイオードでできており、変調した光信号を電気信号に変換します。また、温度とバイアスの安定用に追加の電気回路が含まれています。このフォトダイオードは、65GHz までの優れた帯域幅応答と 0.7A / W の代表的な応答性を持っています。このMN4765A は、NIST が引き出した校正標準を使用して、振幅と位相の両方とも 1550nm の波長で特性化されています。
ライブラリ
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。