Skip to main content
MENU

Precision SmartCal™

MN25208A
この製品は製造中止となっております。
概要
  • 校正キットの係数を自動でロード ― セットアップの時間短縮と校正エラーの低減
  • VNAのポート接続を自動検出 ― 接続ミスまたは接続不良による校正不良を防止
  • SmartCalポートとVNAポートの接続性 ― 柔軟性に優れ、多ポート校正の手順を簡素化
  • ShockLineソフトウェアはSmartCalを自動認識 ― シンプルで簡単に使える校正ソフトウェア
  • 内部ヒーターなし ― ウォームアップ時間不要
  • USBから電源供給と制御 ― 便利な1つのプラグ・インターフェース
  • 1度の接続で校正 ― コネクタやケーブルの摩耗を低減
  • すべてのShockLine VNAをサポート ― 1、2、4ポート校正が可能
  • SCPIコマンドセット ― 自動化されたテストシステムへの統合が容易
  • 低コスト ― 低価格で高速な自動校正
  • 小型サイズ ― 複数VNAでの使用で小型サイズは移動が容易

SmartCal MN25208Aは300 kHz~8.5 GHzの周波数範囲をカバーする2ポート自動校正ユニットのシリーズです。
SmartCalは、N(メス)、K(メス)、3.5 mm(メス)およびSMA(メス)タイプの4つのコネクタオプションがあります。
MN25208AはすべてのShockLine VNAで自動、高速でエラー(接続ミス)のない校正を提供します。SmartCalはUSB接続により自動で電源がオンし、内部メモリから校正係数をShockLineソフトウェアに読み込みます。SmartCalはウォームアップ時間を必要としないため、VNAによって検出された後すぐに使用できます。

SmartCalは素早く簡単な接続で校正ができ、生産性を向上させます。ポートの自動検出とマッピングはエラーを低減し、より簡単に多ポート校正ができます。さらに、複雑な校正手順を簡単にするグラフィカルなeasyTest(自動実行ファイルの作成)も使用できます。


主な構成

シリーズ 品名
MN25208A 2ポート SmartCal 300 kHz~8.5 GHz

コネクタオプション(1つのコネクタオプションを選択)

オプション 品名
MN25208A-001 N(f)– N(f)コネクタ
MN25208A-002 K(f)– K(f)コネクタ
MN25208A-003 3.5 mm(f)– 3.5 mm(f)コネクタ
MN25208A-004 SMA(f)– SMA(f)コネクタ
ライブラリ
画像
以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。