Skip to main content
MENU

遠隔監視制御装置NH3000シリーズの販売を開始

2012/09/27

拡張性と柔軟性のある遠隔監視システムの構築を実現

 

アンリツ株式会社

 

アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、遠隔監視システムのラインアップを拡充し、新たに遠隔監視制御装置NH3000シリーズの販売を9月26日から開始いたします。

NH3000シリーズは、すでに提供している基本部NH3001Aと新たに開発した拡張部NH3002Aから構成されます。

NH3000シリーズは、自治体、官公庁が運営する水道システム、環境監視システム、企業の設備監視システムなどに組み込む装置(テレメータ装置)であり、各地に点在するダムや上下水道施設、各種プラント・工場設備などの遠隔監視に使用できます。

基本部であるNH3001Aは最大7台のNH3002Aをカスケード接続[※1]でき、中規模から大規模の遠隔監視システムに対応できます。また、NH3002Aは、システム構成にあわせて、アナログ入力ユニット/アナログ出力ユニット、デジタル入力ユニット/デジタル出力ユニット、モデム[※2]通信ユニットを選択し、自由に組み合わせることが可能。既存設備の通信回線、用途に応じて柔軟に遠隔監視システムを構築できます。

アンリツは、拡張性、柔軟性に優れたNH3000シリーズの販売を開始することにより、水道システムをはじめ各種遠隔監視システムの円滑な導入、既存設備の更新に貢献いたします。
なお、NH3000シリーズは幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2012(ICT Suiteゾーン、10月2日-10月5日)に出展いたします。

 

[開発の背景]

遠隔監視システムは、自治体、官公庁の水道設備や道路設備で利用されていますが、近年、監視エリアの広域化に伴い、新規導入に加え、既存設備で使用されている各種通信回線の統合、安定運用を可能とする遠隔監視制御装置のニーズが拡大しています。また、鉄道会社、電力会社、ガス会社などにおいても、安全・安心の観点から設備監視の重要性が高まっていることから、この分野でも遠隔監視システムの導入が進展しています。

アンリツは30年以上にわたり、遠隔監視装置ビジネスを展開しており、多数の自治体の水道システムで利用されています。

さらに今回、遠隔監視制御装置のラインアップを拡充し、NH3000シリーズの販売を開始しました。

NH3000シリーズは、基本部であるNH3001Aに最大7台のNH3002Aをカスケード接続できるとともに、アナログ入力ユニット/アナログ出力ユニット、デジタル入力ユニット/デジタル出力ユニット、モデム通信ユニットを用途に応じて組み合わせることができ、中規模から大規模の遠隔監視システムを柔軟に構築できます。

 

[製品概要]

遠隔監視制御装置NH3000シリーズは、自治体、官公庁が運営する水道システム、環境監視システム、企業の設備監視システムなどに組み込む装置であり、各地に点在するダムや上下水道施設、各種プラント・工場設備などの遠隔監視が行えます。

NH3000シリーズは、基本部であるNH3001Aと拡張部であるNH3002Aから構成されます。

NH3001Aは、遠隔監視システムで必要とされている主要なアナログ専用回線、デジタル回線、FL-net[※3]基本入出力インターフェース[※4]を1台の装置に収容しています。

NH3002Aは、アナログ入力ユニット/アナログ出力ユニット、デジタル入力ユニット/デジタル出力ユニット、モデム通信ユニットから構成されます。各ユニットはオプションで選択でき、NH3001Aに接続することで遠隔監視システムを構築できます。

また、NH3000シリーズは、収容する入出力信号や通信回線の種別、通信速度などを設定できるソフトウェアを内蔵しています。これにより、各種システム設定が簡単に行えます。

 

[ この製品をもっと詳しく ]

 

[主な特長]

■中規模から大規模までの遠隔監視システムを構築可能
NH3001Aには最大7台のNH3002Aをカスケード接続でき、中規模から大規模の遠隔監視システムを構築できます。

■柔軟なシステム構築が可能
NH3002Aは、アナログ入力ユニット、アナログ出力ユニット、デジタル入力ユニット、デジタル出力ユニット、モデム通信ユニットを自由に組み合わせることができ、既存設備、用途に応じて柔軟に遠隔監視システムを構築できます。

■主要なモデム通信に対応
NH3002Aのモデム通信ユニットは、モデム通信の主流である3.4kHz専用線、50b/s専用線、一般公衆回線をカバーしており、購入時にユニット選択の必要がありません。

■電源冗長による安定運用(オプション)
NH3000シリーズは、電源を2系統搭載することができます。これにより、電源冗長[※5]が可能となり、遠隔監視システムを安定して運用できます。

■従来機種との互換性
NH3000シリーズは、従来製品H-2100シリーズとの通信互換が可能であり、既設の遠隔監視システムの更新・増設が容易に行えます。

 

[対象市場・用途]

■対象市場:自治体・官公庁、水道システム関連企業、鉄道会社、電力会社、ガス会社などの企業
■用途:各種水道設備、環境監視、設備監視等の遠隔監視制御

 

[ ※用語説明]

[※1] カスケード接続
一台の装置を介して多数の機器を数珠つなぎに接続すること。
[※2] モデム
伝送路からのアナログ信号をデジタル信号に変換して受信・送信する装置。
[※3] FL-net
FL-netはFA(ファクトリーオートメーション)の分野で生まれた、異機種接続を可能とするコントローラレベルのオープンネットワーク。
[※4] 基本入出力インターフェース
アナログ信号、デジタル信号の入出力を備えたインターフェース。
[※5] 電源冗長
複数の電源を装備し、1台が故障しても他の電源で機器の動作継続を可能とすること。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。