Skip to main content
MENU

先輩社員紹介

自己紹介

   氏名:Hitoshi.T
入社年:2011年
海外マーケティング


海外マーケティングの米州チームに所属しています。

主な担当製品は、国際規格に準じたLTEやLTE-Advanced端末の性能を試験するためのテストシステム、基地局シュミレータなどです。

担当地域の販促プランの実行から見積書作成、販促用のデモ機の手配等、製品が売れるまでをトータルでサポートする仕事です。製品を既存市場だけでなく新規市場へどのように浸透させていくか、現地法人※1の営業担当者と協力して販促プランを考えています。

【※1】 現地法人: 米州、欧州、アジアなど現地に設立された法人組織。海外マーケティング部では、各国の現地法人の営業担当者と共に市場調査、販売戦略立案、販促活動などを行っている。

営業マンとして大切な意識

2年間、国内営業として公共無線関連市場を担当していました。お客様の所へ直接計測器を持って行き、製品を提案した経験は現在の業務に活かされていますね。お客様と接する現場で場数を踏んだからこそ、「お客様のことを考えて行動する基礎」が築けたと思います。

また、開発部門や現地法人の営業担当者とやり取りする機会が多いため、海外マーケティングに配属直後はお客様を第一に考えて仕事をするという意識が薄れがちだったのですが、「お客様や市場が何を要求しているのか、全体を理解して仕事を進める」という国内営業時代に培ったマインドが役に立っています。

アンリツならではのお客様サポート力


【 海外からの問い合わせに対応 】
   直接お客様を訪問することもありますが、現地法人の営業と業務を行うことのほうが多いです。

現地法人を介してお客様からの要望に応える、現地からの技術的な問い合わせや見積依頼に対応する、といった仕事を主に国内で行なっています。開発部門にお客様の技術的な要求事項を伝えることもありますので、様々な部門・人と関わっていますね。

製品の性能はもちろんのこと、営業サポートの手厚さや、対応力の高さはアンリツが世界に誇れる特長の1つだと思います。実際に私が担当しているアメリカのお客様から「アンリツは要求にしっかりと答えてくれる」と嬉しい言葉をかけていただいたこともあります。

そういったお客様からのお言葉は、励みになりますし、自信につながりますね。

“継続は力なり”を信じて日々努力中

英語を使っての現地法人とのコミュニケーションは私にとって課題の1つとなっています。

言葉だけでなく、海外と日本の異なる文化を理解した上で円滑なビジネスを進めていけるようにすることを目標とし、英語学習を続けています。

実際の業務では、現地との電話会議に参加して英語が必要となる場面を多く持つようにしています。
  
【 現地法人とのコミュニケーション 】

学生へのメッセージ

アンリツは自ら考えて行動することを尊重してくれる会社です。

グローバル市場で新たなことに挑戦したい方にはやりがいのある仕事を任せてもらえると思います。

テクノロジーで新しいことに挑戦したい人が集まっているアンリツで、皆さんが楽しくなる仕事を見つけてください。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。