Skip to main content
MENU

教育・研修制度

アンリツの人材育成は、OJT(On the Job Training)を柱に、社員一人一人が自分のやりたい仕事、活躍したい分野を考え、その実現を目指した能力開発への取り組みをサポートする仕組みとして運営しています。
基幹人材育成

入社直後からの新入社員教育に始まり、求められる役割の拡大に応じて必要な知識や考え方を学ぶことでステップアップを支援し、将来のアンリツを担う人材を体系的に育成します。Global Leader Development Programには、全世界のアンリツグループから選抜された人材が参加し、将来の経営幹部候補を育成しています。

職種別専門教育

各分野でレベルに応じて細分化された講座を用意し、各自の経験や技術レベルに応じて、業務遂行に必要な専門知識やスキルを身につけることが出来るカリキュラムを整備しています。

GEEP研修

GEEP: Global Employee Exchange Programの略称。

海外現地法人との間で短期に人材を派遣し合い、派遣先の職場で実際に業務を行なう人材交流プログラムです。文化・価値観の共有を通じて、グローバルな視野を持った人材の育成を推進しています。

新入社員教育

アンリツの新入社員教育は「社会人としての意識・考え方を身につける」「チームで仕事をする楽しさ・難しさを体感する」「実務を行う上での基礎を固める」の3つをコンセプトに、職種により1~3ヶ月間実施します。

 

ビジネスプラン創造プログラム

 

数名のグループ単位で、アンリツグループのコア技術やビジネス上の強みを研究し、それを活かした新たなビジネスを企画・提案するプログラムです。マーケティングや利益の考え方などを学びながら、全て自分たちで行動計画を立てて作業を進め、ビジネスの視点で企画をすることの難しさと仕事を進める上でのチームワークの重要性を体感します。

 

営業研修・製造研修

 

「現場を知る」という目的の下、営業研修ではお客様からの電話応対や、営業担当者に同行して商談に同席し、実際のビジネスの現場を体験します。製造研修では合宿形式で工場実習を行い、はんだ付けや組立配線作業を体験すると共に生産計画や物流などの考え方を学びます。

 

基礎技術教育

 

技術系社員に対しては、学生時代の専攻に関わらず、職場に配属されるまでに一定のレベルに底上げすることを目的として、通信システムの基礎や電子回路、ソフトウェア教育など、実際の開発業務を行なっていく上での基礎固めを集中的に行ないます。

 

配属後のフォロー

 

入社時の教育が終了して職場に配属された後は、各職場でOJTによる育成が始まります。
配属先では各自に対して1名ずつ指導担当者が任命され、仕事の進め方の指導はもちろん、会社生活における相談役も担います。
また、人事部門でも定期的に配属後のインタビューを実施して各人の状況を把握すると共に、部門と連携してサポートを行なうなど、手厚いフォロー体制を敷いています。

TrainingProgram

関連リンク

採用お問い合わせ

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。